logo

ワイヤレスセンサーネットワーク市場見通し:2009-2019年

株式会社グローバル インフォメーション 2008年12月03日 14時00分
From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、英国調査会社のIDTechEx Ltd.発行の最新英文調査報告書「Wireless Sensor Networks 2009-2019」の販売を開始いたしました。
RFID、スマートパッケージといったトピックを専門に取り扱う調査会社IDTechEx社はこの度、ユビキタスセンサーネットワーク(USN)としても知られるワイヤレスセンサーネットワーク(WSN)に関する調査報告書「Wireless Sensor Networks 2009-2019」を発行いたしました。同報告書には、以下の内容が含まれています。

主要規格ほとんどのワイヤレスセンサーネットワークはIEEE 802.15.4に基づいたワイヤレスメッシュ技術を利用しています。これはZigBee とも呼ばれ、250社を超えるメンバーで構成され、広範な基盤を持つ産業グループのZigBee Allianceは、Wi-Fi Allianceが802.11に関して持つ機能性と同じ役割をWSNの世界で果たしています。しかしZigBeeはWSNを超えて利用されており、現在多くのディベロッパーが広範なWSNのニーズにより直接的に狙いを定めた独自のプロトコルを持っています。WSNノードの構成WSNはメッシュネットワーク内のセンサーノード(タグ、モートとも呼ばれる)のグループで構成されており、範囲内であれば、どのノード間でも送受信を行えます。各センサーノードはその環境の特定の状況をモニターすることができ、ネットワークからのデータが収集・処理されるデスティネーションへ、そのモニター内容を他のノード経由で伝達することができます。小型化・低コスト化・大量生産・早期回収最近のワイヤレス技術の進化とミニチュアセンサーおよび電子回路の半導体ファブリケーションの進化により、WSNはより小型化され、その利用数が増加したことでコスト効率が高まりました。しかし、大型導入の多くに必要とされる超低コスト、超小型、長寿命のノードは依然として見通しが立っておらず、ベーシックなZigBeeだけが唯一、1システムで最大65,000のノードに対応することができます。
【 英文市場調査報告書 】Wireless Sensor Networks 2009-2019ワイヤレスセンサーネットワーク:2009-2019年リンク Ltd.出版日2008/11【 本件に関するお問合せ先 】株式会社グローバル インフォメーション〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3アーシスビル 7階担当: 営業1課E-mail:sl1@gii.co.jp電話: 044-952-0102FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事