logo

パイプドビッツ、「改正特定電子メール法施行 オプトイン診断キャンペーン」を開始~貴社のメルマガ、オプトイン記録してますか?~

情報資産管理ASP/SaaS「スパイラル・メッセージングプレース」を提供する株式会社パイプドビッツは、本日2008年12月1日の改正特定電子メール法および改正特定商取引法施行にあたり、メール送信事業者の皆様に施行後も適正なメール送信を安心して行っていただけるよう「オプトイン診断キャンペーン」を開始いたします。
情報資産管理ASP/SaaS「スパイラル・メッセージングプレース」(以下「スパイラル」)を提供する株式会社パイプドビッツ(代表取締役社長:佐谷宣昭 本社:東京都港区元赤坂)(リンク)は、本日2008年12月1日の改正特定電子メール法および改正特定商取引法施行にあたり、メール送信事業者の皆様に施行後も適正なメール送信を安心して行っていただけるよう「オプトイン診断キャンペーン」を開始いたします。

■背景2008年12月1日に、迷惑メールに対する規制強化を目的として「特定電子メールの適正化等に関する法律(特定電子メール法)」および「特定商取引に関する法律(特定商取引法)」の改正法が施行されました。今回の改正法は、メール送信事業者に対して広告・宣伝メールを送信する際に、あらかじめ受信者から同意を得ることを義務付け(「オプトイン方式」)るとともに、さらにそのオプトイン記録を保存することを義務付けています。しかしながら、メール送信事業者の方々からは「電子メール送信の同意記録はどのような方法で取得するのか」「同意記録はどのような情報を保存したら良いのか」など、オプトイン方式導入の実運用に対する不安の声が多数寄せられています。
このような背景の下、メール送信事業者の皆様が改正法の施行後も安心して適正なメール送信を行っていただけるよう「オプトイン診断キャンペーン」を開始いたします。

■キャンペーン内容改正法のポイントや注意点等を交えながら、各事業者様の実運用に沿った適切なメール配信の方法をご提案いたします。
(1)対象・既にメールマガジンを配信されている企業様・これからメールマガジンを始めようとお考えの企業様
(2)診断内容・メールマガジンを始めようと考えており、改正法について知りたい。・既にオプトイン方式でメールマガジンを配信しているが、現状の運用で問題ないか不安。・手元にある名刺情報に対してメールを送りたいが、問題ないか。・取引先の企業に対して広告メールを送って良いか。
等の疑問にお応えいたします。
(3)料金無料診断を実施
(4)キャンペーン期間 2008年12月1日~2009年1月30日まで
(5)申し込み方法「改正特定電子メール法施行 オプトイン診断キャンペーン」ページよりお申込ください。リンク

■「スパイラル・メッセージングプレース」とはスパイラルは、企業が会員管理やアンケートなど、Webサイト上の様々なシーンで取得する重要な情報資産を、データベース化して安全に管理するためのプラットフォームをASP/SaaS形式で提供しております。さらに、Webフォーム作成やメール配信など顧客情報資産を有効活用するソフトウェアをサービスとして提供しております。官公庁、金融、サービス、教育機関など、業種・業態を問わず1,245のお客様にご利用いただいております(2008年8月末現在)。

当社は、今後も電子メール環境適正化の実現に積極的に取り組んで参ります。

【企業情報】
株式会社パイプドビッツ(マザーズ3831)
リンク   2000年4月3日
資本金  1億8千万円
本社   東京都港区元赤坂1丁目1番7号
代表者  代表取締役兼CEO 佐谷 宣昭(さたに のぶあき)
事業内容 アプリケーション・サービス事業
業績   8億5千万円

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事