logo

アライドアーキテクツ、 2記事で1食!ブログ投稿がアフリカの子どもの給食になるTASTY BLOGキャンペhttp://mp.edita.jp/table_for_2/

アライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村壮秀、以下アライドアーキテクツ)はNPO法人TABLE FOR TWO International の協力のもと、同社が展開する企業とブロガーが繋がる日本初のクチコミマーケティングモール『モニタープラザ』(http://mp.edita.jp/)において、企業主催のブロガー企画へのブログ投稿2件につき1食の給食をアフリカの子どもにプレゼントするキャンペーンを、2008年12月 1日(月)より31日(水)の期間内で実施いたします。

世界の67億人の人口のうち、10億人が飢えに喘ぐ一方で、10億人が肥満など食に起因する生活習慣病で苦しんでいます*1。この食の不均衡を解消するために創設された日本発の社会貢献運動が、TABLE FOR TWOです。TABLE FOR TWOでは、先進国で提供されるメタボリック予防のためのヘルシーメニューやヘルシー食品の売上の一部を栄養豊富な給食に代え、開発途上国の子供たちに届けています。現在、民間企業や省庁、学校など70以上の組織の食堂がTABLE FOR TWOに参加し、アフリカのウガンダ・ルワンダ・マラウィに給食を届けています。

このたびアライドアーキテクツでは、ブログから世界の食糧問題を解決する日本初の試みとして、投稿2記事に対して1食の給食を寄付するTASTY BLOGキャンペーンを実施いたします。
現在、『モニタープラザ』には約80社の企業が出展中であり、これらの出展企業への1ヶ月間のブログ記事の投稿総数は約6,000件と、非常に多くのブロガーからの反響が寄せられております。キャンペーン月間である12月にも同様に投稿が行われた場合には、ブログ投稿2記事に対して1食が施されるため、1ヶ月間で約3,000食もの給食をアフリカの子ども達へ届ける事ができます。
キャンペーン期間中は『モニタープラザ』トップページにて、アフリカの子ども達へ贈られる給食の食数がリアルタイムでカウントアップされます。ブロガーは、このカウンターを自分のブログに掲載することにより、TASTY BLOGキャンペーンの臨場感を体感することが可能となり、またTASTY BLOGキャンペーンを周囲に広く告知することも可能となります。

クチコミマーケティングの実施を希望する企業は、モニタープラザ出展料をアライドアーキテクツに支払うことでモニタープラザに出展が可能となります。今回のキャンペーンでは出展料の一部をアライドアーキテクツより給食費用に充当することで実現しており、記事の書き手であるブロガー、出展者である参加企業、サービス運営者であるアライドアーキテクツの三位一体での社会貢献運動となります。

*1:TABLE FOR TWOのホームページ(リンク)より抜粋



■本件に関するお問合せ先
アライドアーキテクツ株式会社 担当:斉藤  TEL.03-5469-6222


■『モニタープラザ』について 【URL】リンク
2008年2月に開始されたサービスで、アライドアーキテクツに登録する情報発信に敏感なブロガーと、クチコミマーケティングを利用したい企業のマッチングサイト。企業は、モニタープラザに出展することで、企業は簡単に新商品や各種キャンペーンを利用出来、初期投資が無料でブロガーを対象としたクチコミマーケティングが可能になります。


■アライドアーキテクツ株式会社(Allied Architects, Inc) 会社概要
・本社所在地:〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-5-13  TEL.03-5469-6222
・設立/資本金:2005年8月30日/1億1305万円  ・社員数:  26名
・代表者:中村 壮秀 (ナカムラ マサヒデ)
・株主:当社役員/住友商事株式会社/株式会社ジャフコ/日本アジア投資株式会社/デジタルハリウッド株式会社
・事業内容:インターネットビジネスの企画・開発・運営
インターネットを活用したマーケティングの企画・開発
・関連会社:株式会社バズマーケティング


■『TABLE FOR TWO』について
TABLE FOR TWOは、開発途上国の飢餓と先進国の肥満や生活習慣病の解消に同時に取り組む、
日本発の社会貢献運動です。世界の67億人の人口のうち、10億人が飢えに喘ぐ一方で、
10億人が肥満など食に起因する生活習慣病で苦しんでいます。開発途上国では食が不足し、
日本を含む先進国では食が過多で命が失われる対照的な世界の実態。
この皮肉な食の不均衡を解消するため、2007年、日本でTABLE FOR TWOが創設されました。
TABLE FOR TWOでは、先進国で提供されるメタボリック予防のためのヘルシーメニューや
ヘルシー食品の売上の一部を栄養豊富な給食に代え、開発途上国の子供たちに届けています。
先進国の参加者と、地球の裏側にいる開発途上国の子どもが、時空を越えて食卓を囲み
食事を分かち合うイメージから「二人の食卓」を意味する「TABLE FOR TWO」の名をつけました。
現在、民間企業や省庁、学校など70以上の組織がTABLE FOR TWOに参加し、アフリカのウガンダ・ルワンダ・マラウィに給食を届けています。

公式サイト:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。