logo

スカイアーチ、マネージドファイアウォール機器をJuniper「SSG140」に変更

実績ある信頼性の高さ、処理性能向上で、ビジネスに更なる可用性を

ITアウトソーシングを提供する株式会社スカイアーチネットワークス(本社:東京都港区三田、 代表取締役社長:江戸 達博、以下「スカイアーチ」)は、「専用ファイアウォール」サービスで提供する機器のラインナップとしてJuniperNetworks社の最新のUTM(Unified Threat Management:統合型脅威管理)アプライアンス「SSG」シリーズの取扱を開始しました。本日より、中規模ネットワーク向けのラインナップ「Netscreen-25」を「SSG140」に変更します。以降、順次「Netscreen」から「SSG」への切り替えを行い、より一層のセキュリティ向上を図ってまいります。

■料金
サービス名:専用ファイアウォール
機種名:SSG 140
初期費用:\157,500(税抜\150,000)
月額費用:\42,000(税抜\40,000)

サービス名:専用ファイアウォール
機種名:SSG 140(冗長化構成)
初期費用:\262,500(税抜\250,000)
月額費用:\126,000(税抜\120,000)

■「専用ファイアウォール」サービス概要
専用ファイアウォールはファイアウォール(Juniper SSG)を1社占有でご利用いただくサービスです。メンテナンス日程やファイアウォールポリシー、ネットワーク設計をお客様のご要望に合わせて運用可能です。またファイアウォールのパフォーマンスが保証されるため、高アクセスのサイトや複数台構成のシステムにも最適です。

■このニュースリリースに関するお問い合わせは下記まで
株式会社スカイアーチネットワークス
マーケティング担当:松倉
TEL 03-5444-7300
FAX 03-5444-7355
info@skyarch.net
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事