logo

「2008年「LTE」「WiMAX」がもたらす変革(イノベーション)/将来予測に関する調査」を販売開始

主要プレイヤーor知見者(7社・団体)の個別ケーススタディより

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都渋谷区)は、株式会社ESP総研(代表取締役 村岡 正悦 神奈川県川崎市)がまとめた調査資料、「2008年「LTE」「WiMAX」がもたらす変革(イノベーション)/将来予測に関する調査」の販売を開始しました。

報道関係者各位

平成20年11月20日
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー、
       
「2008年「LTE」「WiMAX」がもたらす変革(イノベーション)/
                 将来予測に関する調査」を販売開始

   ~主要プレイヤーor知見者(7社・団体)の個別ケーススタディより~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 資料概要 ■■


いよいよ2009年から「LTE」「WiMAX」等によって新たなワイヤレス・ブロードバンド時代に突入します。最新の「ケータイ」「キャリア」「モバイル」ビジネスは刻一刻と変化し続けており、業界全体の流れも加速度を増して進展し続けています。こうした中で新潮流である「LTE」「WiMAX」がもたらす業界へのインパクト、そして時間軸別に未来変化やシナリオがどのように起こるのか?を多面的に可視化したい!といった声(ニーズ)がワイヤレス・ブロードバンド市場で急速に高まっています。
従ってESP総研では、「LTE」「WiMAX」がもたらす変革(イノベーション)シナリオを仮説、予測、可視化するべく、当該主要企業・団体または知見者(7社・団体)へのインタビューを多面的に実施しました。

特に重点を置いたのは「LTE」「WiMAX」がもたらす近未来市場(社会)創造、「LTE」「WiMAX」が市場(社会)に与えるインパクトの抽出・マージ&融合・イラスト化で、

(1)「LTE」や「WiMAX」によって今後(将来)、何がどのように変わるのか?
(3年以内/3年後以降)※時間軸に沿った「変化シナリオ」(仮説)
(2)「LTE」や「WiMAX」によって生まれる新たな新市場/新ビジネスは?
そしてそれらのビジネスモデル/想定市場規模は?
(3)「LTE」や「WiMAX」によって近未来にどういったシーンが起こるのか?
創造できるのか?(ヒト、モノ、場所 を掲げながら)
(4)「LTE」「WiMAX」関連の最新の取り組み、今後の方針(計画)について
(時間軸に沿って)
(5)「LTE」「WiMAX」の有望APについて
(6)「LTE」「WiMAX」でモバイル(業界)はどのように変わるのか?
(2010年まで/2010年以降)
(7)「LTE」「WiMAX」によるモバイル・サービス(形態)の変化について
(8)「LTE」「WiMAX」による課題解決内容について
(9)「LTE」「WiMAX」による(端末/サービス/ソフト 等の)ユーザーメリットについて
(10)「LTE」「WiMAX」による各種(サービス/機器 等の)提供事業者/ユーザーへのインパクト
(与える影響とそれによる変化)
(11)「LTE」「WiMAX」関連の今後の計画について
(サービス開始までの計画/(サービス/機器)開発関連のロードマップ/マイルストーン 等)
(12)ワイヤレス・ブローバンド戦略(売上/販売)
<サービス/機器/設備投資 関連>について

等といった切り口を重視しました。
この調査報告書が「LTE」「WiMAX」等の「ケータイ」「キャリア」「モバイル」関連ビジネスを推進・俯瞰する事業者の方々ならびにワイヤレス・ブロードバンド関連ビジネスに着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望んでおります。


■■ 調査概要 ■■

【調査対象】
主要「LTE」「WiMAX」事業者or知見者(主要7社・団体)を中心に調査・分析を行いました。

【調査方法】
弊社専門調査員による直接面接取材をベースに一部電話によるフォロー取材、並びに弊社内データベースの活用により調査・分析を行いました。

【調査・分析・監修・編集 期間】
2008年7月15日(取材アプローチ開始)~2008年11月4日(多面的分析終了)


■■ 目次 ■■

1.「LTE」「WiMAX」がもたらす近未来×全体絵(主要ベンダ7社・団体等へのインタビューから抽出された(極めて)斬新なシーン、観点・インパクトをマージ・融合した近未来×総括絵) P1

1)【屋外全般】 12枚を融合 合計(69枚)の <17.4%> P2
2)【屋外×乗り物内×移動中】 17枚を融合 合計(69枚)の <24.6%> P3
3)【屋内×家(HOME)】 20枚を融合 合計(69枚)の <29.0%> P4
4)【屋内×店舗(SHOP)内】 10枚を融合 合計(69枚)の <14.5%> P5
5)【屋内×オフィス、工場、学校、ホテル、病院】 10枚を融合 合計(69枚)の <14.5%> P6

2.「インタビュー」から見えてきた「未来シーン」 ~「LTE」「WiMAX」(のインパクト)によって未来はどのように変わるのか?~ P7

1)いつでもどこでも利用可能(XRONet Corporation) P8
2)IP化製品の拡大(XRONet Corporation) P9
3)通信の高速化によるアプリケーション利用((株)野村総合研究所) P10
4)身近な家電製品への付着((株)野村総合研究所) P11
5)ミドルレンジ端末((株)野村総合研究所) P12
6)まずはチップとして利用・活用((株)野村総合研究所) P13
7)ポータビリティの実現((株)野村総合研究所) P14
8)アクティベ-ションプロセスの簡易化((株)野村総合研究所) P15
9)リアルタイム×データ閲覧&アップロード(日本エリクソン(株)) P16
10)プロジェクター型ディスプレイ(日本エリクソン(株)) P17
11)場所連動×オンデマンド×コンテンツ配信((株)モバイル・ブレークスルー) P18
12)端末の購入窓口拡大((株)モバイル・ブレークスルー) P19
13)観戦向け無線サービス×携帯型モニター×自由自在視聴((株)モバイル・ブレークスルー)P20
14)画面転送型のシン・クライアント×ホームネットワーク×家電製品((株)モバイル・ブレークスルー)P21
15)無線アプリケーションの有効活用((株)モバイル・ブレークスルー) P22
16)サービス戦略×無償サービスモデル(アクセンチュア(株)) P23
17)アンドロイドモデルの誕生(アクセンチュア(株)) P24
18)ブランド携帯(アクセンチュア(株)) P25
19)コミュニケーションサービスの創造(アクセンチュア(株)) P26
20)支払料金構造の変化((株)アイ・エス・ビー) P27
21)ハンズフリーでの利用にシフト((株)アイ・エス・ビー) P28
22)自宅での映像コンテンツ利用が拡大((株)アイ・エス・ビー) P29
23)アップ画像取得×チャンネル閲覧の拡大((株)アイ・エス・ビー) P30
24)映画同時配信サービスの実現((株)アイ・エス・ビー) P31
25)カード差し込み型端末の普及((株)アイ・エス・ビー) P32
26)遠隔医療×コンテンツ配信型の医療ビジネス(日本電気(株)) P33

3.携帯(端末)周りの進化⇒未来 ~「LTE」「WiMAX」(のインパクト)によって「携帯」「端末」の未来はどうなるのか?~ P34

1)端末×未来 ~「LTE」「WiMAX」(のインパクト)によって「端末」の未来はどうなるのか?~ P35

(1)携帯の(活用)形態変化 P36
(2)空気中の有害物質を検出 P37
(3)電子タグを活用した未来型の店舗サービス<アクティブタグ(自己発振型電子タグ)と携帯電話とを組み合わせたコンシェルジュサービス(次世代型顧客管理システム)P38
(4)RFIDタグリーダー付き携帯電話型無線端末の可能性 P39
(5)五感通信の進化 P40
(6)車車間通信の実現 P41
(7)遠隔で録画・視聴が可能な携帯電話 P42
(8)立体(3D)画像連動×歩行者ナビゲーション P43

2)携帯×未来 ~「LTE」「WiMAX」(のインパクト)によって「携帯」の未来はどうなるのか?~ P44

(1)ボタン不要型携帯電話 等形態が進化・多様化した携帯電話 P45
(2)ペン型携帯の可能性 P46
(3)ナノテクノロジーによる携帯電話の究極な機能実現 P47
(4)携帯型翻訳機の可能性 P48
(5)通信速度の高速(データ通信)化による遠隔×ダウンロード加速 P49
(6)情報機器と無線技術の連携(進化)によって携帯の役割の重要度UP P50
(7)ディスプレイ付き携帯の可能性 P51
(8)主流は(PCから)モバイル携帯へ P52
(9)医療現場での本格利用 P53
(10)携帯形態の多様化&活用上の進化 P54
(11)モード切り替え型携帯電話&モード選択通信サービス P55
(12)声紋認識型携帯電話 P56
(13)人にやさしい携帯電話 P57
(14)携帯の高機能化 P58
(15)自分でデザイン・プロデュースできる携帯 P59
(16)クレジットカード型携帯電話 P60
(17)生体認証システム P61
(18)エージェント機能付き携帯電話 P62
(19) 全面タッチスクリーン P63
(20)行動支援型レコメンドシステム P64
(21)テレビ録画が可能な携帯電話 P65
(22)変幻自在な携帯電話 P66

3)WiMAX×未来 ~「WiMAX」(のインパクト)によって未来はどうなるのか?~ P67

(1) どこでも高速通信 P68
(2)いつでもどこでも(高速通信で)利用可能 P69
(3)モバイルWiMAXの可能性 P70
(4)無線技術の切り分け(使い分け)&複合的に活用 P71
(5)WiMAX経由での動画・映像配信 P72
(6) 高速通信化によるダウンロード・ストレスの解消 P73

4)LTE×未来 ~「LTE」(のインパクト)によって未来はどうなるのか?~ P74

(1)ウォークスルー自由視点映像×視聴 P75
(2)レコメンド技術の進化 P76
(3)高速赤外線通信インターネット技術への期待 P77
(4)「MediaFLO」への期待 P78
(5)LTE対応通信機器の拡大 P79
(6)携帯インフラ×大容量データ(リッチコンテンツ)の送受信可能に P80
(7)LTEのメリット&リアルタイム性を活用したアプリケーションへの期待 P81

4.総括&個票分析 編

0.「LTE」「WiMAX」関連年表(2006年~2008年8月時点までの変遷)
<重要ポイントに絞った> P82
1.「LTE」や「WiMAX」によって今後(将来)、何がどのように変わるのか?
 (3年以内/3年後以降)※時間軸に沿った「変化シナリオ」(仮説)  
 (1)<時間軸が明確なコメントのみマッピング> P83
1.「LTE」や「WiMAX」によって今後(将来)、何がどのように変わるのか?
 (3年以内/3年後以降)※時間軸に沿った「変化シナリオ」(仮説)  
 (2)<変化ポイントのみ抽出No.1> P84
1.「LTE」や「WiMAX」によって今後(将来)、何がどのように変わるのか?
 (3年以内/3年後以降)※時間軸に沿った「変化シナリオ」(仮説)  
 (2)<変化ポイントのみ抽出No.2> P85
1.「LTE」や「WiMAX」によって今後(将来)、何がどのように変わるのか?
 (3年以内/3年後以降)※時間軸に沿った「変化シナリオ」(仮説)  
 (2)<変化ポイントのみ抽出No.3> P86 
1.「LTE」や「WiMAX」によって今後(将来)、何がどのように変わるのか?
 (3年以内/3年後以降)※時間軸に沿った「変化シナリオ」(仮説)  
 (2)<変化ポイントのみ抽出No.4> P87
1.「LTE」や「WiMAX」によって今後(将来)、何がどのように変わるのか?
 (3年以内/3年後以降)※時間軸に沿った「変化シナリオ」(仮説) 
  個票から抽出(1) P88
1.「LTE」や「WiMAX」によって今後(将来)、何がどのように変わるのか?
 (3年以内/3年後以降)※時間軸に沿った「変化シナリオ」(仮説) 
  個票から抽出(2) P89
1.「LTE」や「WiMAX」によって今後(将来)、何がどのように変わるのか?
 (3年以内/3年後以降)※時間軸に沿った「変化シナリオ」(仮説) 
  個票から抽出(3) P90
1.「LTE」や「WiMAX」によって今後(将来)、何がどのように変わるのか?
 (3年以内/3年後以降)※時間軸に沿った「変化シナリオ」(仮説) 
  個票から抽出(4) P91
2.「LTE」や「WiMAX」によって生まれる新たな新市場/新ビジネスは?
そしてそれらのビジネスモデル/想定市場規模は? 
分析(1)新市場/新ビジネス P92
2.「LTE」や「WiMAX」によって生まれる新たな新市場/新ビジネスは?
そしてそれらのビジネスモデル/想定市場規模は? 
分析(2)ビジネスモデル/想定市場規模 P93
2.「LTE」や「WiMAX」によって生まれる新たな新市場/新ビジネスは?
そしてそれらのビジネスモデル/想定市場規模は? 
個票から抽出(1) P94
2.「LTE」や「WiMAX」によって生まれる新たな新市場/新ビジネスは?
そしてそれらのビジネスモデル/想定市場規模は? 
個票から抽出(2) P95
2.「LTE」や「WiMAX」によって生まれる新たな新市場/新ビジネスは?
そしてそれらのビジネスモデル/想定市場規模は? 
個票から抽出(3) P96
3.「LTE」や「WiMAX」によって近未来にどういったシーンが起こるのか?
創造できるのか?(ヒト、モノ、場所 を掲げながら) 
分析(1) P97
3.「LTE」や「WiMAX」によって近未来にどういったシーンが起こるのか?
創造できるのか?(ヒト、モノ、場所 を掲げながら) 
分析(2) P98
4.「LTE」「WiMAX」関連の最新の取り組み、今後の方針(計画)について 分析 P99
5.「LTE」「WiMAX」の有望APについて 分析 P100
6.「LTE」「WiMAX」でモバイル(業界)はどのように変わるのか?
(2010年まで/2010年以降) 分析(1) P101
6.「LTE」「WiMAX」でモバイル(業界)はどのように変わるのか?
(2010年まで/2010年以降) 分析(2) P102
7.「LTE」「WiMAX」によるモバイル・サービス(形態)の変化について 
分析(1) P103
7.「LTE」「WiMAX」によるモバイル・サービス(形態)の変化について 
分析(2) P104
8.「LTE」「WiMAX」による課題解決内容について 分析 P105
9.「LTE」「WiMAX」による(端末/サービス/ソフト 等の)ユーザーメリットについて分析 P106
10.「LTE」「WiMAX」による各種(サービス/機器 等の)提供事業者/ユーザーへのインパクト(与える影響とそれによる変化) 分析 P107
11.「LTE」「WiMAX」関連の今後の計画について(サービス開始までの計画/(サービス/機器)開発関連のロードマップ/マイルストーン 等)分析 P108
12.ワイヤレス・ブローバンド戦略(売上/販売)<サービス/機器/設備投資 関連>について 分析 P109

5.個票編(主要7社・団体)

1) XRONet Corporation P110
2) (株)アイ・エス・ビー P112
3) アクセンチュア(株) P118
4) 日本エリクソン(株) P122
5) 日本電気(株) P126
6) (株)野村総合研究所 P129
7) (株)モバイル・ブレークスルー P134


■■ 「LTE」「WiMAX」主要ベンダ各社or知見者(7社・団体)共通項目 ■■


1.「LTE」や「WiMAX」によって今後(将来)、何がどのように変わるのか?
(3年以内/3年後以降)※時間軸に沿った「変化シナリオ」(仮説)
2.「LTE」や「WiMAX」によって生まれる新たな新市場/新ビジネスは?
そしてそれらのビジネスモデル/想定市場規模は?
3.「LTE」や「WiMAX」によって近未来にどういったシーンが起こるのか?
創造できるのか?(ヒト、モノ、場所 を掲げながら)
4.「LTE」「WiMAX」関連の最新の取り組み、今後の方針(計画)について
(時間軸に沿って)教えてください。
5.「LTE」「WiMAX」の有望APについて
(LTE:格闘ゲームのような対戦ゲーム:
LTEのネットワークを介して対戦型のオンライン・ゲームを違和感無く操作する、機器を購入してすぐにIPTVサービス利用可能、モバイル向けの高精細映像の配信サービスや大容量データの送受信サービスなどが実現できる、画面転送型のシン・クライアント、Ajaxを使い操作性を重視したWebアプリケーション、待機中でも端末とネットワーク・サービスがつながっているかのような状態を作り出せる、携帯電話、カメラ、STB、テレビ 等)
6.「LTE」「WiMAX」でモバイル(業界)はどのように変わるのか?(2010年まで/2010年以降)
7.「LTE」「WiMAX」によるモバイル・サービス(形態)の変化について
8.「LTE」「WiMAX」による課題解決内容について(LTEが真の世界標準になればこれまでW-CDMAとCDMA2000という技術に分かれていたため難しかった端末のポータビリティーが実現する、次世代規格で統一が実現すればユーザーが端末を買い替えずに携帯会社を選べるようになる可能性、 ADSLからFTTHへ切り替えた多くの人が体験するように体感速度の大幅な向上等)
9.「LTE」「WiMAX」による(端末/サービス/ソフト 等の)ユーザーメリットについて
10.「LTE」「WiMAX」による各種(サービス/機器 等の)提供事業者/ユーザーへのインパクト(与える影響とそれによる変化)
11.「LTE」「WiMAX」関連の今後の計画について(サービス開始までの計画/(サービス/機器)開発関連のロードマップ/マイルストーン 等)
12.ワイヤレス・ブローバンド戦略(売上/販売)<サービス/機器/設備投資 関連>について

■■ 概要 ■■

資 料 名:2008年「LTE」「WiMAX」がもたらす変革(イノベーション)/将来予測に関する調査
発 刊 日:2008年11月5日
調査・発行:株式会社ESP総研
販   売:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
判   型:A4版・138頁
頒   価:
    ■印刷タイプ
     105,000円(税抜 100,000円+消費税 5,000円)別途送料500円
    ■CD-ROM(PDF)タイプ
     105,000円(税抜 100,000円+消費税 5,000円)別途送料500円
    ■印刷+CD-ROM(PDFタイプ
     157,500円(税抜 150,000円+消費税 7,500円)別途送料500円

詳細ページ: リンク

【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■

・設 立 :1995年10月
・資 本 金:257,916,250円
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: リンク
・連 絡 先:〒150-0021
      東京都渋谷区恵比寿西1-3-10 ファイブアネックス8F
      Tel. 03-5457-3660/Fax.03-5457-0511
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-3-10 ファイブアネックス8F
Tel. 03-5457-3660/Fax.03-5457-0511
担当:谷口
info@shop.ns-research.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。