logo

国内でも極めて少ないOpenID対応のネットショップ「旬の美食・通販さっぽろ松前屋 北海道美食通信」をリリースいたしました。

 eビジネス・コンサルティング並びにPCサイト、携帯公式サイト構築を手がける有限会社デジタルファーム(本社札幌市 代表取締役:田中 亨)は、このたび、株式会社松前屋(本社札幌市代表取締役 永井良春)のネットショップ「旬の美食・通販さっぽろ松前屋 北海道美食通信」の構築を受託、国内でも数少ないOpenID対応のネットショップとしてリリースいたしました。

「旬の美食・通販さっぽろ松前屋 北海道美食通信」
 http://www.matsumaeya.jp/

■「旬の美食・通販さっぽろ松前屋 北海道美食通信」の概要
 株式会社松前屋は、鰊が獲れ盛った大正時代の網元に端を発し、法人化して半世紀以上の歴史を持つ、札幌三越店にも店舗を構える海産物卸・小売の老舗です。

北海道をキーワードに、利尻産昆布、羅臼産ぶどうえび、松前産本マグロ、利尻島産アワビ、活ホタテなど、厳選された食材「のみ」を取り扱っており、本サイトは、それらの厳選された食材のセレクトショップとしてオープンいたしました。


■OpenID対応の概要と背景・その効果
 近年、ネット上には様々なサービスサイトが立ち上がり、その多くが「会員登録」を必要とします。提供者側から見ると、出来るだけ多くのユーザーに利用して欲しいという要望がありつつも、マーケティング上の観点から、会員属性を得る上で会員登録の機能は必須となっています。しかし他方、利用者側から見ると、「どのサイトでもいちいち会員登録を要求される」「面倒くさい」「ID,PASSを覚えていられない」という登録・利用の障壁となっているジレンマがあります。

特にネットショップにおいては、会員登録情報はCRMの観点からも極めて重要な機能として位置づけられていますが、上記の課題が近年顕在化しつつあります。

本サイトでは、これらの問題を解決するために、「旬の美食・通販さっぽろ松前屋 北海道美食通信」のサイトを、RP(relying party)としてOpenIDに対応し、かつ独自の会員登録機能も実装する事により、これらユーザーの心理的障壁や負担を軽減し、普段利用しているYahoo!JAPANやGoogle,mixi、はてな、ライブドア等のアカウントによって、簡単にログイン、ショッピングするのを実現するものです。

なお、本サイトは、弊社のネットショップ通販システムである「ネットショップで売るゾウ」をベースに構築されております。「ネットショップで売るゾウ」は、商品管理、キャンペーン管理、送料、顧客管理といったネットショップ運用に必要な機能はほぼ全て網羅しており、個々のクライアントに低コストでのカスタマイズ提供を実現しております。

 ネットショップで売るゾウ
 リンク


■オープン記念キャンペーンの実施
 「旬の美食・通販さっぽろ松前屋 北海道美食通信」では、本サイトオープンを記念して、キャンペーンを実施しています。

幻の海老と呼ばれる希少な羅臼産ぶどうえび、脂のりがよく肉厚な松前産本マグロ、奥尻島真イカ沖漬け、片足ボイルで約1.5kgというジャンボたらば足など、他ではなかなか見られないこだわりの食材が当たるプレゼントキャンペーンを11月30日まで行っています。

 リンク


また、12月31日まで、ご購入頂いた方全員に、美味しい羅臼昆布の「北海道昆布茶」をプレゼント。数に限りがありますので、お早めに本サイトをご利用下さい。

 リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事