logo

メルティングドッツ、すべてのウェブサイトでアバターを表示するサービス 「ウェブリン」を本日開始。蛙男商会等DLEのキャラクターが 公式アバターとして登場!

報道機関各位
プレスリリース

2008年11月17日
株式会社メルティングドッツ
代表取締役 浅枝大志

============================================================
メルティングドッツ、すべてのウェブサイトでアバターを表示するサービス
「ウェブリン」を本日開始。蛙男商会等DLEのキャラクターが
公式アバターとして登場!
============================================================

株式会社メルティングドッツ(本社:東京都千代田区、代表取締役:浅枝 大志、以下メルティングドッツ)は、国際的に注目を集めるブラウザ表示型アバターサービス「ウェブリン」の日本語版サービスを本日11月17日より開始いたします。

ウェブリンとは、インターネットブラウザで同一サイトを表示している人同士が出会い、会話を可能にする次世代型の無料ウェブサービスです。ウェブリンをダウンロードすると、自分が訪れたすべてのウェブサイトでアバターを表示し、コミュニケーションが可能になります。ウェブリンはウェブページ上でチャットを行うことが可能で、アバター作成、友人登録などのコミュニティ機能を持つほか、滞在するページのスクリーンショットを自動で撮影して、ブログ、twitter、ソーシャルブックマークサービスなどにソフト内から投稿することができます。

メルティングドッツはウェブリンを運営する独ツヴァイトガイスト社と提携関係を結び、日本人ユーザーの獲得、コミュニティの形成および日本向けのビジネス開発におけるウェブリンの日本展開を独占的に取り扱います。

日本語版の実施にあたり、ドイツ版とは異なる、より日本人向けのアバターがデザインされ、初期設定時に選択できるようになります。ブログ投稿機能やソーシャルブックマークの指定先なども、日本語版を使うことで、国内のサービスを指定できます。また、アバター向けバーチャルアイテムのシステムの公開や、仮想通貨の日本円での導入も搭載いたします。

まずは国内にて、オンラインクラブイベント、オンラインライブコンサート、年末のオンライン初詣など、リアルタイム性のある行事をウェブブラウザ上で一緒に体験できる環境を提供しながら、新しいウェブ体験をインターネットユーザーに訴求していきます。

企業は、ウェブリンのシステムを利用し、専用コミュニティ構築サービスを構築することができます。これにより、リアルタイムコミュニケーションを前提とした新しいユーザー体験の創出をおこなうことが可能になります。

ウェブリンのコミュニティ運営は、これまでウェブ上で取得できなかった、自社サイトの外にいるユーザーにリアルタイムにアプローチできること、ユーザーのネット上での活動時間を測定が可能なこと、また、既存のウェブサイト、技術、システムに影響を与えることなく使用することができ、ECなどとも親和性が非常に高い要素が注目されております。

ウェブリンサービスの通常利用は基本無料ですが、企業専用サービスとなる専用コミュニティ構築時の導入費用は30万円~ 月額費用は10万円~で販売いたします。メルティングドッツは本事業から、2009年末までに登録ユーザー50万人、30コミュニティへの導入、売上高2億円を目指します。

なお、本サービス開始にあたり、ウェブリン日本語版の初期アバターには、株式会社DLEがプロデュースする蛙男商会等のキャラクターが初期アバターとして登場することが決定しております。


■サービス概要
サービス名:どこでもアバターサービス『ウェブリン』
サービス開始日:2008年11月17日
サービスURL:リンク
基本機能:?ブラウザ上にアバターを表示し、ユーザー同士でチャット
     ?インスタントメッセージ、友人登録等のプライベートコミュニケーション
     ?サイトへの集合機能、専用ラウンジ作成
     ?ブログ投稿、ソーシャルブックマーク投稿機能
     ?バーチャルアイテムプレゼント機能
          
【本件に関するお問い合わせ】
株式会社メルティングドッツ
〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-18-4徳栄ビル6F
担当:荒木、辻川
Tel&FAX 03-5212-4884
e-mail:info@meltingdots.com
URL:リンク


以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事