logo

アイログ、リッチ・インターネット・アプリケーション(RIA)開発のオンライン・コミュニティを開設

RIAと可視化の開発経験を共有するためのRIAsphere.orgが誕生

ビジネス・ルール管理、最適化、可視化技術、サプライチェーン・
アプリケーションで企業の迅速な意思決定を支援するアイログ社
(NASDAQ:ILOG; Euronext: ILO、ISIN:FR0004042364)は本日、
リッチ・インターネット・アプリケーション(RIA)の開発者を対象とする
新たなオンライン・コミュニティ、「www.riasphere.org」を開設した
ことを発表しました。RIAsphere.orgは、開発者たちが自分たちの
専門的技術を共有、発展させ、互いに親交を深め、ベストプラクティス
を習得できるよう支援します。アイログは、RIA向け最新の可視化
ツールならびに技術を、できるだけ多くの開発者が利用できるように
なることを目標として、このコミュニティを立ち上げました。
* www.riasphere.orgは世界共通のWebサイト(英語)です。

RIAsphere.orgが注力するのは、AJAX、Flex、Silverlightなどの
RIAプラットフォーム上でのユーザ・インターフェースの開発です。
コミュニティの運営は、RIAや可視化の専門技術者からなる創立
メンバーが組織する、独立した国際的委員会が行う予定です。


Riasphere.orgではニュース、ユーザやIT技術者が寄稿するコンテンツ、
また、業界リーダーたちへのインタビュー、全世界での関連イベントの
情報などを提供するほか、ソーシャル・グループや討論会の開催
および参加する機会も提供します。コミュニティの会員は「マーケット・
プレース」へのアクセス権を与えられることになっています。
このマーケット・プレースでは、RIAアプリケーションや広告を投稿する
ことにより、自分のアプリケーションを展示したり、ソフトウェア開発の
スキルや専門知識を売り込むことができます。


アイログはFlex、Java(TM)、.NET、C++のグラフィクス・ライブラリ
およびコンポーネントの形で、業界でもっとも広範なグラフィクス・
ツール製品群を提供しています。これらの製品を利用すると、高度で
インタラクティブなユーザ操作画面を作成することができます。
アイログのグラフィクス製品は、膨大で複雑なデータを理解しやすく、
管理しやすい形式で表示できるため、ユーザの意思決定を加速する
とともに判断能力を強化します。アイログの可視化製品を導入すれば、
ユーザ操作画面の開発時間を、スクラッチからの開発に比べて
50パーセントから80パーセント短縮することができます。アイログは
OpenAjax Alliance(TM)の会員企業で、複数のグラフィクス標準
策定活動に参加しています。詳細については
リンクをご覧ください。


アイログ社(ILOG(R))について
アイログ社は、お客様がより迅速な意思決定を行い、変更および
複雑度を管理するためのソフトウェアおよびサービスを提供しています。
全世界で3,000社を超える企業や465社を超えるソフトウェア・ベンダが、
市場をリードするアイログのBRMS(ビジネス・ルール管理システム)、
サプライチェーン向けプランニングならびにスケジューリング・アプリ
ケーション、最適化ならびに可視化のソフトウェア・コンポーネントの
活用により飛躍的な投資効率を達成し、市場を席巻する製品や
サービスを立ち上げ、また、その競争力を強めています。アイログ社は
1987年に設立され、全世界に約850名の社員を有しています。
アイログ株式会社はアイログ社の日本法人です。
詳細についてはwww.ilog.co.jpをご覧ください。
以上

*ILOGはILOGの登録商標です。他の全ての社名および商品名は
それぞれを所有する各社の商標または登録商標です。

関連情報
http://www.ilog.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事