logo

データベースストレージはHDDから超高速のSSDの時代へ~世界最高速「RamSanシリーズ」の拡販に向けて、システムクリエイト社がデータベースソリューションのベンチュリーシステムズ社と業務提携

システムクリエイト株式会社 2008年11月13日 11時00分
From ValuePress!

データストレージ製品等を提供するシステムクリエイト株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:山田輝夫)は11月13日、データベース高速化において世界的に主流となりつつあるSSD(半導体ディスク)の日本での拡販に向けて、データベース・ソリューションベンダーの株式会社ベンチュリーシステムズ(東京都新宿区、衞藤重豪代表取締役)と協業すると発表しました。この協業を通じて、同社が扱う世界最高速のSSDストレージ「RamSan-440」(ラムサン440)など「RamSan」シリーズをベースとするデータベースのリアルタイム処理(証券・EC)やバッチ処理の高速化を、ハードウェアとソフトウェアの両面から顧客に提案できる体制を整えました。

RamSanシリーズは、SSD開発で30年に及ぶ実績を持つ米国テキサス州のTexas Memory Systems社(テキサスメモリーシステムズ社)製の製品で、世界の主要証券取引所7拠点や世界の通信業界上位10社中6社に採用されており、エンタープライズクラスSSDの世界のデファクトスタンダードとなっています。

米国など海外ではデータベース高速化において、従来のHDD(ハードディスク)に代わり、圧倒的に高速性に優れるSSDの導入が急速に進んでいます。このような中システムクリエイトはRamSanシリーズの日本での拡販に向けて、高度なデータベースノウハウと経験を持つベンチュリーシステムズと協業することで、SSDに最適化したORACLEデータベースのコンサルティング、設計/構築、チューニングを含めた提案ができる体制を構築しました。導入済みデータベース性能の問題がすでに顕在化している企業群に対し、性能分析作業を通して最適なソリューションを提案します。

SSDはその著しい高速性により、増大し続ける金融・証券、EC、テレコム等オンライン取引のデータベースストレージとしての利用に最適です。これまで一般的に利用されてきたHDDは、ヘッド部のシークやドライブの回転といった機械的な動作を伴うため、データアクセスタイムは10ミリ秒(ミリ秒は1000分の1秒)程度を要します。これに対し、システムクリエイトが2008年9月に国内販売を開始した「RamSan-440」は、データをDDRメモリ(DRAM)上に格納しアクセスするため、データアクセスタイムはわずか15マイクロ秒(マイクロ秒は100万分の1秒)程度とハードディスクの600倍以上高速になります。またI/O(Input/Output:データ入出力)処理性能は、高性能なハードディスクでも300ランダムIOPS(Input Output Per Second)であるのに対し、RamSan-440はその2000倍の処理能力にあたる60万IOPSを発揮します。

■システムクリエイト株式会社について

会社名:システムクリエイト株式会社
所在地:東京都千代田区神田鍛冶町3-4-2 神田東洋ビル
代表取締役:山田輝夫
設立:1989年12月27日
事業内容:・高速ディスクアレイ、高速半導体ディスク(SSD)の輸入
     ・ストレージ基盤構築コンサルティング及び保守サービス
URL: リンク
RamSanシリーズについて: 
リンク

■株式会社ベンチュリーシステムズについて

会社名:株式会社ベンチュリーシステムズ
所在地:東京都新宿区荒木町9-7 ナオビル3F
代表取締役:衞藤重豪
設立:2004年2月10日
事業内容:・データベース構築 ・データベース性能改善 
・データベース緊急対応 ・データベース管理(DBA) 
     ・データベース技術者の養成
URL: リンク

■本件に関するお問い合わせ

システムクリエイト株式会社
営業部 山田誠
Tel: 03-5296-3775
E-mail: m.yamada@sc-i.co.jp

※ベンチュリーシステムズについてのお問い合わせ先
株式会社ベンチュリーシステムズ
DBソリューション事業部 鈴木
Tel: 03-3341-5723

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事