logo

AA会場とのデータ連携オプションを装備した「VX.NS」出荷開始

~JU岐阜羽島オートオークション会場とのデータ連携実現、全国展開へ~ 中古車販売店に対して仕入から販売まで一貫した支援、管理機能を提供、業務効率が飛躍的に向上

【要 旨】
 業種特化型の「業務アプリケーション」を開発・販売している株式会社ブロードリーフ(以下、ブロードリーフ、URL=リンク)は、オートオークション会場(AA会場)とのデータ連携オプションを装備した中古車販売店向けの自動車流通支援ネットワークシステムの最新版「VX.NS(ブイエックス ドットエヌエス)」の提供を11月17日から開始することになりましたので、お知らせします。
 AA会場とのデータ連携オプションは、AA会場に出品された中古自動車を落札、成約した際にAA会場からファックスなどで送られてきていたオークション計算書のデータをネットワークを介して「VX.NS」に取り込めるようにするもので、中古車販売店の業務の中では仕入業務の管理、支援を行います。本オプションが加わったことで、中古車販売店で行なわれる仕入から販売までの業務を一貫して管理、支援することができるようになりました。
 また、データ連携が行なえるAA会場は、サービス提供開始時点ではJU岐阜羽島オートオークション(主催:岐阜県中古自動車販売商工組合、所在地:岐阜県羽島市堀津長2211番地、理事長:國枝功 氏)ですが、これを順次拡張し、全国化を目指します。
 「VX.NS」の標準価格(税別)は、基本システム費70万円(5年リース使用)とAA会場毎のデータ連携費用、初期導入サポート費が15万円で、本年度(2008年4月-2009年3月)920システムの販売を計画しています。


【詳 細】
 中古車販売店にとってAA会場は、いまや全国規模で車種、価格帯など自店の顧客層に合った中古車を確保できる有力な仕入先となっていますが、AA会場からの仕入業務を効率化する目的で開発されたものがデータ連携オプションです。
 通常、AA会場に出品された中古自動車を落札、成約した場合、AA会場から落札者にファックスなどで紙ベースのオークション計算書で送られてきます。「VX.NS」のユーザーは、そのオークション計算書のデータを「VX.NS」に手入力で転記することになりますが、本オプションを使用することにより、「VX.NS」がオークション会場のシステムからオークション計算書のデータを自動的に取り込みます。このため、「VX.NS」ユーザーは、データを転記する手間が省けるだけでなく、データを取り込んだ後は、オークション計算書のデータが蓄積されてデータベースとして活用できますので、検索・集計機能を使用して過去に販売した同車種の価格、販売車輌毎にクレーム料を含めた原価、利益の確認などがマウスによる簡単な操作で行えます。台帳をめくりながら価格を確認したり、車輌の仕入れ価格とクレーム料を調べ、電卓をたたきながら車輌ごとに原価や利益を調べる作業に比べ、迅速な顧客対応が図れ、計算違いなどの誤りもなく、業務効率は飛躍的に向上します。
 さらに、落札、成約した中古車は、オークション計算書から取り込んだデータを使って自店のホームページで即座に公開することができますので、他店に先駆け、販売チャンスを逃さない営業戦略を展開することができます。
 「VX.NS」は、顧客の中古車に対する嗜好、利用目的、購入手段が高齢化やインターネットの普及と共に劇的に変化する中で、店頭に展示車を並べるだけでなく、ホームページを開設して、店頭の展示車を掲載したり、グループ在庫ネットワーク機能や中古車ポータルサイトへの登録・連携できるようにするなど、主に中古車販売店の販売業務の部分を支援してきましたが、本オプションが加わったことにより、仕入業務も強力にバックアップします。


 一方、新車、中古車を問わず、自動車需要が全般的に低迷する中にあって、自動車流通の活性化は中古自動車販売店のみならず、AA会場にも共通のテーマとなっています。対策として、中古自動車販売店をはじめとする会員へのサービス向上、業務効率の改善などが挙げられ、活発な取り組みが行なわれていますが、本オプションは、中古自動車販売店に対する扱いやすいデータの提供、ファックス送信など手間とコストの削減といった部分で、AA会場から見ても会員対策として有効な機能になります。このように中古自動車販売店のみならずAA会場の双方にメリットをもたらシステムであることから、当社としては、中古自動車販売店に対する「VX.NS」の販売と平行して、データ連携が可能なAA会場の開拓にも注力し、全国化の早期実現を目指します。


 なお、「VX.NS」の製品概要は、次のとおりです。
<「VX.NS」の製品概要>
・名  称:VX.NS(ブイエックス ドットエヌエス)
・機  能
基本機能:在庫登録、在庫検索、見積・注文書作成、ホームページ作成代行
AA会場データ連携機能
オートオークションサイト連携
グループ在庫ネットワーク連携
ポータルサイト連携(現時点ではCarPod.Jp、カータウン.jp,順次、大手ポータルサイトに展開予定)
・装備データ(随時更新)
類別型式情報:34万点以上、
新車カタログ情報:106,646型式分以上
タイヤサイズ情報:49万点以上
メーカーオプション情報:59,719件以上
バッテリー規格情報:45万点以上
ディーラーオプション情報:194,746件以上
全国住所データ:47万件以上
・販売方法:ブロードリーフの直販
・利 用 料(税別)
基本システム費:70万円(5年リース使用)
初期導入サポート費:15万円
AA会場毎のデータ連携費用(AA会場により異なる場合があります)
※Web公開用サーバの使用が必須になります。
・販売目標: 2008年度920システム

以 上


<株式会社ブロードリーフについて>
 株式会社ブロードリーフは、ソフトウェアメーカーとして、自動車修理工場、自動車部品商、機械工具商、工務店等に業種特化型のパッケージシステムを提供しています。各業種が持つ固有の業務環境に合わせた業務システムを、業務に不可欠な各種データベースとともに提供することを特徴としており、約3万社に当社システムをご利用いただいております。
 ITおよびネットワーク技術など先進技術を駆使し、各業種・業態に特化した新たなシステム事業を展開します。
 また、ITX及びグループの事業戦略とのコラボレーションも推進し、ユーザーのビジネスの発展を強力に支援することで、IPO(株式公開)を早期に実現させ、ユーザーから一層の信頼が得られる企業になることを目指します。


【会社概要】
名  称:株式会社ブロードリーフ
創  立:2005年12月
代 表 者:代表取締役社長 大山 堅司
売 上 高:168億8,410万円〔2007年度12月期〕
従業員数:1,042人〔2008年3月現在〕
株  主:ITX株式会社グループ(100%)
本社所在地:東京都品川区東品川4-12-2 品川シーサイドウエストタワー
TEL.03-5781-3100(代表)
事 業 所:営業・サポートネットワーク 全国38拠点〔2008年11月現在〕
開発拠点:札幌、東京、福岡の全国3拠点〔2008年3月現在〕
事業内容:
【各業界・業種別システムパッケージの開発・販売事業】自動車整備システム「スーパーフロントマン」をはじめとする各種自動車業界向け業務用システムパッケージや自動車以外の各種業界・業種別の業務用システムパッケージ(在庫管理、顧客管理、見積・売上・請求書管理等)およびデータベースの開発・販売・サポート。
【各種ITソリューション事業】上記各システムパッケージに関連するさまざまな次世代システムの開発・販売・運営管理・サポート。 自動車リサイクル部品共有在庫ネットワーク「パーツステーションNET」や、Web利用の自動車部用品専用流通システム「パーツde.com」、自動車総合検索サイト「carpod.jp」(リンク)の開発・販売・運営管理・サポート。
【対象業界・業種】補修・販売・買取等自動車アフターマーケット全般、機械工具、農業関連、文具事務機器、住宅工務、携帯電話販売、大手IT関連企業等。


※本文中記載の社名、及び商品名は各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。