logo

金融不安が旅行に及ぼす影響を調査

「金融不安が旅行先の選択に影響を与える」52%

ジャパン・マーケット・インテリジェンス株式会社(東京都港区・代表取締役社長 アンドリュー・ティル 以下JMI)では、この度、全国在住25歳から69歳までの男女200名を対象に、インターネットを通じて、金融不安が旅行に及ぼす影響についての意識調査を実施致しました。調査結果のトピックスは、以下の通りです。

調査結果1. 「昨今の世界的金融不安により旅行先の選択に影響を受けている」52%

Q1. 旅行先を選択する上で、昨今の世界的金融不安(株安・円高など)の影響は受けていますか?あてはまるものを1つ選択してください。(1つ選択)

“影響を受けている”との回答が52%、“影響を受けていない”との回答が43%と、大幅な差は見られないものの、22%は“非常に影響を受けている”と答えており、少なからず金融不安の余波を受けていると推測します。

調査結果2. 「昨今の世界的金融不安により旅行の頻度を減らす」37%

Q2. Q1で「1.非常に影響を受けている」「2.少し影響を受けている」をお選びの方に伺います。 具体的に旅行に関してどのような影響がありますか?あてはまるものを1つ選択してください。(1つ選択)

具体的な影響に関しては、“旅行に行く頻度を減らす”という回答が一番多く、37%という結果となりました。

調査結果3. 「最近1年以内に国内旅行を経験」78%

Q3. あなたは、最近1年以内に国内旅行(日帰り旅行を含みます。ただし商用のみが目的の旅行は含みません。)もしくは海外旅行(ただし、商用、勉学のみが目的の旅行は含みません。)に行きましたか。あてはまるものすべて選んでください。(複数選択可)

最近1年以内の旅行経験の質問に関しては、全体で、国内旅行78%、海外旅行19%、国内・海外共に旅行していない20%という結果になりました。
どの年代においても、相変わらず国内旅行人気は高く、特に20代では、93%の人が1年以内に国内旅行を経験しているという結果となりました。

調査結果4. 「今、旅行するとしたら国内旅行」68%

Q4. もしあなたが今、旅行をするとしたら国内旅行と海外旅行のどちらを選びますか。あてはまるものを1つ選んでください。(1つ選択)

今、旅行するとしたら、国内旅行を選択するという人は68%、海外旅行を選択する人は、29%、どこにも旅行には行きたくないという人は、3%という結果になりました。
1年以内の国内旅行経験者が、再び国内旅行を選択する率は71%、同様に、海外旅行経験者のリピート意向も71%と高い数字を示しています。
2008年8月に同様の質問を行った際にも、それぞれリピート意向が高い事が示されましたが、前回の調査実施時と比べ、差が顕著に表われたのは、“1年以内の海外旅行経験者”が、“国内旅行”を選択するという回答の減少が見うけられるという点、及び“1年以内に国内にも海外にも旅行していない人”が“国内旅行”を選択するという回答が減少し、“海外旅行”を選択するという回答が増加しているという点です。これは、昨今の急激な円高が影響を及ぼしているのではないかと、予想されます。

調査結果5.「国内旅行の目的は、温泉旅行」75%

Q5. Q4.で、「1.国内旅行」をお選びの方に伺います。今、旅行するとしたらその目的は何ですか?あてはまるものを全て選択してください。(複数選択可)

国内旅行への目的として多く挙げられていたのは、“温泉”75%、“休養・リラクゼーション”65%、“その土地の名所旧跡・特産物などを楽しむ”54%、“自然を楽しむ”51%でした。
回答が多かった上位4つに関して、年代別で見ると、20代~50代までは同じ回答を示していましたが、60代では、“自然を楽しむ”ために国内旅行に行くという回答が2番目に多い結果となっています。

以上の結果から、今、そして近い将来の旅行スタイルは、今までよりも頻度は減るけれども、国内で温泉が楽しめる場所に少人数で出かける人が多くなるのではないかと推察します。
しかし、これまで旅行から遠ざかっていた人は、円高を契機に海外旅行に旅立つ可能性もあります。

調査概要:
■ 調査方法:インターネットリサーチ
■ 対象者数:200名
年代:25歳-69歳
■ 調査地域:全国
■ 調査実施期間:2008年10月22日(水)-10月24日(金)

参考:
調査実施期間中為替レート(三井住友銀行HP為替チャートから抜粋)
終値ベース:
2008年10月21日 1米ドル=101.10円
22日 1米ドル=99.08円
23日 1米ドル=97.41円
24日 1米ドル=92.46円

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。