logo

ウイングアーク、ノンプログラミングで上位システム連携、サーバ間連携をはかるオールインワン帳票運用インターフェイス用製品「SVF Connect SUITE Standard」の新版登場

~プラットフォームやシステム環境の違いを超えて、業務の用途に応じた帳票システムの短期構築・コストの最小化が容易に~

 Form&Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:内野弘幸、以下 ウイングアーク テクノロジーズ)は、Javaや.NET Framework上のアプリケーションやホスト、ERP等の上位システム、またアプリケーションサーバと帳票サーバ間の連携をノンプログラミングではかり、用途に応じた帳票出力機能を実装できるシステム連携専用の帳票ソフトウエアパック製品「SVF Connect SUITE Standard Ver8.1」を11月5日より出荷開始することをお知らせいたします。標準価格は100万円~(税別 1サーバ)です。

 「SVF Connect SUITE Standard」は、既存の業務システム資産を最大限に活用しつつ、運用後の拡張性・生産性・メンテナンス性の高い帳票システムが容易に構築できる、システム連携専用の帳票ソフトウエアパック製品です。具体的には、アプリケーションをファイルインターフェイスで繋ぎノンプログラミングで帳票出力を自動実行するモジュール、各種開発環境でアプリケーションサーバと帳票サーバ間をシームレスに連携するモジュールなどを揃えます。
 ビジネスのスピードに合わせて、プロジェクトの完遂やシステムの円滑なサービスインが迫られる昨今、企業の統合や組織の変更によるシステムの刷新があった場合でも、「SVF Connect SUITE Standard」を活用することで、アプリケーション層に影響を与えない帳票システムの再構築が可能です。また、多様な運用に応えるオープン系帳票システムの開発における運用コスト削減と早期サービスインを実現します。

 新バージョンは、11月5日に出荷予定のSVF帳票基盤ソリューションの新版Ver8.1シリーズに対応する製品として出荷されます。また一部連携モジュールがWindows Sever 2008に対応しました。(詳細はお問い合わせください)

・「SVF Connect SUITE Standard」には、以下の機能をもつモジュールが含まれます。
<上位システム連携>
-Universal Connect/X Mail Edition
-UCX Single for .NET Framework API
ホストシステムやERP、各種業務システムとテキストインターフェイスでつなぎ、ノンプログラミングによる帳票出力を実行します。また、ホスト系帳票システムが出力するCSVファイルを変換して読み込み、オープン系帳票としても利用可能です。

<サーバ間連携>
-SVF Connect for Java API
-SVF Connect for .NET Framework API
-SVF Connect for ASP/COM API
帳票運用の一元化の為に、APIによってアプリケーションサーバと帳票サーバ間の連携をはかります。

 「SVF Connect SUITE Standard」は、帳票の出力要件に合わせたSVF製品との組み合わせによって以下の帳票運用を実行することができます。
 オープン系プリンタへの高速印刷、PDF出力(※)、メール配信、FAX連携、TIFFやCSVなどのファイル出力、PDFファイルをベースとした電子帳票システムと連携(※)、全社システムの統合運用管理ミドルウエアとの連携、API制御によるプリンタコントロールなど
(※:PDF帳票を生成するにはSVF for PDFが別途必要、またSVFX-Designerによって作成されたフォームファイルが必要です)

 ウイングアーク テクノロジーズは、さまざまなプロジェクトや業務に共通する帳票の分野から、品質 (ユーザ満足度をあげる) ・ コスト (開発・メンテナンス双方に優れた投資対効果を出す) ・ 納期 (短期構築・早期運用)に応える「課題解決力」を掲げ、身近な業務に直結するIT基盤の帳票効果を訴求していきます。

[ウイングアーク テクノロジーズについて]
「Form&Data」のウイングアーク テクノロジーズは、大手SI企業や企業の情報システム部門が取り組むシステム開発と現場業務の効率化をはかるため、「帳票、レポート、ドキュメント」の分野に特化したツール・ミドルウエア製品、サービス、サポート、導入支援、トレーニング等のサービスを提供します。とくに、情報システムに共通する「データ」のINとOUTに対して、業務に見やすい「フォーム」を使ったユーザインターフェイスによって、ソフトウエアの組み合わせによる短期システム構築と、わかりやすい業務の運用を実現しています。
・「StraForm-X」【帳票入力】業務にあるドキュメントのデータ化とWebシステム化
・「Dr.Sum EA」【データ活用】業務に蓄積されるデータの高速な集計分析と可視化
・「SVF」【帳票出力】基幹系帳票システムの統合・共通化、帳票運用の効率的な一元化

[会社概要]
社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長:内野 弘幸
設立:2004年3月
資本金:1億円
売上高:83億円(2008年2月期)
従業員数:161名(2008年2月現在)
事業内容:帳票・レポート・ドキュメントの分野におけるソフトウエア製品の開発、販売、導入支援、保守サービスの提供。
URL:リンク

<製品に関するお問合せ先>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社  
〒108-0075 東京都港区港南1-8-15 Wビル14F
TEL:03-6710-1700  FAX:03-6710-1701  
E-mail:tsales@wingarc.co.jp

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。