logo

So-net、韓国I.G.A.WORKS社と業務提携~日本国内におけるオンラインゲーム内広告事業に本格進出へ~

ソネットエンタテインメント株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 吉田憲一郎サービス名称:So-net)と、オンラインゲーム内広告のソリューション技術を有す韓国企業I.G.A.WORKS Incorporated(本社:韓国ソウル市、President&CEO Kuk-Seong Ma 以下、IGAW)は、事業拡充が進むオンラインゲームビジネスにおいて、今後、市場の急速な立ち上がりが期待されるゲーム内広告事業に本格進出するための業務提携に向け、このたび契約を締結いたしました。


光回線をはじめとする昨今のブロードバンドインターネット接続の普及に伴い、オンラインゲーム市場は着実な市場拡大が見込まれています。一方、広告市場はゲームなどの新しいメディアにおいて急速な立ち上がりを見せており、ゲーム内に広告を表示するゲーム内広告事業は、2011年には全世界で1,000億円規模の市場に成長すると予測されています。
(2007年7月米国Yankee Group調査)

こうした市場環境に鑑み、So-netとIGAWは、ゲーム内広告事業に向けた業務提携を通じ、今後両社間で積極的に協業を行ってまいります。
その一環として、本年冬、株式会社ゲームポット(本社:東京都港区、代表取締役社長 植田修平 以下、ゲームポット)が提供するオンラインゲーム『ペーパーマン』にて、ゲーム内広告実証実験を行い、2009年春に本格事業を開始する予定です。


業務提携における両社の役割は、以下の通りです。

【So-net】
・オンラインゲームの広告主獲得のための営業
・広告主に対する広告の実施(企画・提案・実施・レポート)
・IGAWによるデベロッパー獲得営業への協力
・IGAWと共同でのパブリッシャー獲得営業および広告枠の確保の活動




【IGAW】
・IGAWの技術を採用するデベロッパーの獲得営業
・デベロッパーへの技術提供
・広告の企画、制作
・So-netと共同でのパブリッシャー獲得営業および広告枠の確保の活動
・So-netによる、広告主に対する広告の実施への協力


上記の業務提携を通じ、So-netとIGAWは、ゲーム内広告事業における営業・制作・配信を
垂直したワンストップソリューションを提供してまいります。




〔参考:各社概要〕
ソネットエンタテインメント株式会社 :<リンク> 
1996年1月より開始したインターネット関連サービス「So-net」を運営し、接続事業とポータル事業を展開している。会員数は360万人(2008年9月末)。2008年1月に東京証券取引所第一部上場。「ネットワークエンタテインメントの追求」というビジョンのもと、ネットワークを通じた新しいエンタテインメントを提供し続けることに注力している。

I.G.A.WORKS Incorporated :<リンク
ゲーム内広告専門会社として2006年12月に設立。ゲーム内広告は、娯楽メディアとして最も普及が期待されるオンラインゲーム内に広告を配信することで、ゲーム事業者に新たな収益源を提供する事業。広告主は、I.G.A.WORKSのゲーム内広告配信ネットワーク(サーバー名称「TRICOD」:広告配信機能と広告効果測定機能を提供するI.G.A.のネットワークソリューション)を活用することで、オンラインゲームを有効な広告メディアとして利用可能。また、ターゲティング機能やレポート生成機能により、広告キャンペーンの効果を図ることができる。


以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。