logo

光市場は2012年に630億ドルを上回る

英国の調査会社リードエレクトロニクスリサーチ社は出版レポート「世界の半導体光エレクトロニクス市場調査 2008年:関連企業情報と2012年までの予測 - Optoelectronics: A Strategic Study of the Worldwide Semiconductor Optoelectronic Component Industry to 2012」のプレスリリースにおいて、世界の半導体光部品市場は2012年までに63億ドルを上回るという予測結果を発表した。

英国調査会社リードエレクトロニクスリサーチ社の調査レポート「世界の半導体光エレクトロニクス市場調査 2008年:関連企業情報と2012年までの予測」は、世界の半導体光部品市場は2007年に343億ドルで、2012年までに年平均成長率13%で成長して63億ドルを上回るだろうと報告している。2007年には太陽電池(ソーラーセル)は51%を大きなシェアを占めたが、2012年までに下降して47%となり、295億ドルとなるだろう。地域的に見ると、アジア太平洋地域が2012年の市場では約1/3を占めるだろう。

調査レポートは下記についても、記載している。

LED:現在、携帯製品のLEDベースのバックライトの市場は成熟しており、大きく値崩れしている。そのため、LEDの主要サプライヤはテレビやコンピュータなどのより大きなパネルディスプレイに市場拡大を模索している。ソリッドステートライティングは、予測期間終了ごろには大きなインパクトが期待でき、主要な市場牽引要因と見られている。

レーザダイオード:産業向けの高出力ダイオードレーザーなどの新しいアプリケーションが登場しているものの、依然として市場は主に光ストレージがほとんどを占めている。青紫半導体レーザーの能力はすでに、機械や印刷などの多くの高付加価値の市場に応用されている。世界のバイオレット半導体レーザーは、2007-2012年に9%から26%へとCAGR47%で成長し、レーザダイオード市場におけるシェアを拡大している。

光検出器:より利幅の高い製品を目指して、メーカーは新しいタイプの光検出器部品の開発を絶えず行っている。例えば、より高性能のブルーレイDVDや、偽札検出や医療診断向けの短波長UV検出器などである。

イメージセンサ:2012年までの予測期間中は、CCD(charged couple device)とCMOS(complementary metal oxide semiconductor)イメージセンサは、技術的にと言うよりも、アプリケーションやベンダに依存した選択によって、補完的な市場を維持するだろう。市場は、量が多くASPの低い通信向けの製品と、量は少ないが高いASPの、主に低コストの生産地で製造される家電やコンピュータ、マシンビジョンや防衛向けのセンサなどの市場に分けられる。

太陽電池:2012年まで、価格圧力が市場に大きな影響を与えるだろう。国によってはソーラー技術への補助金がないために、市場の成長は限定的だろう。補助金がなくなると、市場が頓挫するという悲観的な見通しもある。

リードエレクトロニクスリサーチ社の調査レポート「世界の半導体光エレクトロニクス市場調査 2008年:関連企業情報と2012年までの予測(第4版)」は、世界の光エレクトロニクス市場に関する市場分析と5年間の市場予測を記載している。LED、レーザダイオード、光検出器、イメージセンサ、太陽電池や光カプラなどのコンポーネントごと、自動車、コンピュータ、家電、産業向け、軍事・航空、通信などのアプリケーションごと、北米、日本、欧州、アジア太平洋、その他の地域などの地域ごとに、ブレークダウンした詳細な情報を記載している。


[調査レポート]
世界の半導体光エレクトロニクス市場調査 2008年:関連企業情報と2012年までの予測
Optoelectronics
A Strategic Study of the Worldwide Semiconductor Optoelectronic Component Industry to 2012
リンク

リードエレクトロニクスリサーチ社 (Reed Electronics Research)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

世界の半導体光エレクトロニクス市場 2007年

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。