logo

ユニファイドコミュニケーションの普及拡大でビジネスの世界に地殻変動が

株式会社グローバル インフォメーション 2008年10月28日 12時00分
From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、米国調査会社In-Stat発行の最新英文調査報告書「Unified Communications: A Clash of Titans」の販売を開始いたしました。
ユニファイドコミュニケーション(UC)は、ビジネスの世界に地殻変動をもたらすといわれています。一見誇大宣伝と思えるような表現ですが、長期的に見た場合、あながち的外れとはいえません。UCの定義が極めて広い範囲に及んでいるからです。ハイテク市場が専門の調査会社In-Statによると、UCの普及動向に関する各種の調査報告書には、UCの評価を実施し、この技術をインストールし、実際に運用している企業が50%にのぼるといったデータが掲載されていますが、こうした報告書では、ユニファイドメッセージングのインストールやWebコンファレンシングサービスのサブスクリプションといった極めて小さなステップまでUCの導入例として数え上げられているといいます。同社のアナリスト、David Lemelin氏は、「実際にビジネスの世界を一変させるような変化が起こるまでには、かなりの時間がかかると思われます。おそらく、そのような変化が完結するまでには1つの世代が入れ替わるほどの時間が必要でしょう。しかし、『ミレニアル』(2000年代に成人となった人々を指す)と呼ばれるような新しい世代が、若い頃に作り上げた意思疎通の習慣(テキストメッセージングやソーシャルネットワーキング、ブログなど)を職場に持ち込むようになるなか、UCの普及が加速する兆しも現れています」と語っています。In-Statがこのほど発行した調査報告書「Unified Communications: A Clash of Titans」では、以下の点が明らかになっています。・世界のUC製品の売上高は、2012年の時点で180億ドルに達する見通しです。
・VoIPユーザーを対象にしたIn-Statの調査では、メッセージングが最も成熟度の高いUCの機能とされています。
・プロバイダーにとって短期的に最も大きなビジネスチャンスが見込めるのは、コンファレンシングサービスです。
同報告書では、世界のUC市場を取り上げ、従来型音声メールやユニファイドメッセージング、UCポートの出荷台数、収益などを2012年までのスパンで予測しているほか、メッセージング市場における機器ベンダー各社のシェアやUC製品供給企業の戦略なども網羅しています。
【 英文市場調査報告書 】Unified Communications: A Clash of Titansユニファイドコミュニケーション市場リンク
【 本件に関するお問合せ先 】株式会社グローバル インフォメーション〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3アーシスビル 7階担当: 営業1課E-mail:sl1@gii.co.jp電話: 044-952-0102FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。