logo

映像教材のウォンツ、チャリティーコンサートを開催 ~収益を福井県内の中学校・児童養護施設に寄付~

株式会社ウォンツ (本社:福井県鯖江市、代表取締役:鈴木洋) は、「生きる証を探そう」をテーマに、10月25日(土)、福井県鯖江市文化センターにおいて『一途&ナナ・イロチャリティーコンサート』を開催した。

本コンサートは、ウォンツの創業メンバーである三兄妹(長男:くまひげ、次男:どんまゐ、長女:みっこ)で結成した音楽ユニット「一途(イチズ)」が今年から始めた取り組みで、音楽を通して「生きる証」を持つことの大切さを伝えていくことを目的に開催された。

当日は、福井県内の小中学校からの招待客を含め、約550名の来場者を集めた。

本コンサートでは、音楽だけではなく、「生きる証を探そう」のテーマを基に、学校教育や、ITによる心と生活の豊かさを提案するべく、講演・セミナーも同時開催された。

基調講演では、全国各地で「大好きプログラム」と題された、独自のセミナーを開催する福井県鯖江市立待小学校の岩堀美雪先生が、子ども達自身の宝物や、家族・友達からの言葉などを集めた「パーソナルポートフォリオ」というツールを使って「自分が大好きになる!」ことで、いじめのない学校生活を実現した経緯などを話された。

講演後は、株式会社jig.jp代表の福野泰介氏による携帯活用セミナーと、株式会社ウォンツのくまひげ先生によるパソコン活用セミナーが行われ、来場者に携帯電話やパソコンといった身近なIT機器を使って人生を豊かにする方法が紹介された。

休憩をはさんだ後、福井県在住のメジャー・ユニット「ナナ・イロ」と、三兄妹ユニット「一途」によるコンサートが行われ、それぞれに歌詞とメロディーを通して、来場者に音楽が人生に与える力と生きる素晴らしさのメッセージを伝えた。

最後の締めの挨拶で、実行委員長である岩崎聡氏は「今回のチャリティーコンサートは始まりであって、今後も引き続き積極的に活動を続けていく。活動を通して、生きる証を持つことの大切さを伝え、自分を好きになり、お互いに認め合い、最終的に戦争のない社会を実現したい。」と大きな抱負を語った。

今回のチャリティコンサートの収益と寄せられた募金は、全額福井県内の中学校・児童養護施設に寄付され、青少年の育成に活用される。

▼チャリティーコンサートの概要
1. 日時:2008年10月25日(土) 14:00開演
2. 場所:福井県鯖江市文化センター
3. 主管:株式会社ウォンツ
4. 来場者数:約550名
5. イベント:
 ◎基調講演『子ども達が自分のことを大好きになるために』 
  講師:岩堀美雪先生(立待小学校教諭)
 ◎福井県内IT企業による携帯&パソコン活用セミナー
  講師:福野泰介氏(株式会社jig.jp代表)
  講師:くまひげ先生(株式会社ウォンツ)
 ◎ナナ・イロによるゲストコンサート
 ◎3兄妹ユニット一途によるコンサート
6. 寄付先:収益を福井県内の中学校・児童養護施設に寄付

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■関連URL
・一途&ナナ・イロチャリティーコンサート:リンク
・株式会社jig.jp:リンク
・ナナ・イロ公式サイト:リンク
・3兄妹ユニット一途公式サイト:リンク


■会社概要
会社名:株式会社ウォンツ
代表者:鈴木 洋
所在地:〒916-0073 福井県鯖江市下野田町4-1-3
設 立:2002年10月
TEL:0778-62-3793
FAX:0778-62-3794
Webサイト:リンク


■本件に関するお問い合わせ先
株式会社ウォンツ 担当:岩崎 聡(いわさき さとし)
TEL:0778-62-3793  FAX:0778-62-3794  E-mail:info@wants.jp

このプレスリリースの付帯情報

一途&ナナ・イロチャリティーコンサート

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事