logo

エンプレックス社、 オラクルのサーバー仮想化技術を活用してソリューションを強化

~サーバー仮想化製品「Oracle VM」を開発およびサポート・インフラに導入、 「eMplex CRM」のソフトウェア・テンプレート提供も視野に~

エンプレックス株式会社 2008年10月28日 13時30分

エンプレックス株式会社 (本社:東京都中央区、代表取締役社長:沢登 秀明)は、日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長 最高経営責任者:遠藤 隆雄)が提供するサーバー仮想化ソフトウェア「Oracle VM」を、自社の統合CRMパッケージソフトウェア「eMplex CRM」の開発およびサポート・インフラに導入し、ITインフラの構築にかかる初期導入・運用管理のコスト削減とサーバー仮想化の普及促進を目指しています。

従来、エンプレックスでは、Linuxおよび「Oracle Database」をベースとした「eMplex CRM」を開発する際、また顧客に導入したシステムをサポートする際、その都度Linuxやメールサーバー、Webサーバー、「Oracle Database」などのソフトウェアをセットアップしなければならず、多大なコストと時間を費やしていました。

エンプレックスは、従来の課題を解決するために、日本オラクルが実施している「Oracle VM」の実証プロジェクトPOC(Proof of Concept)サービスにいち早く参加。「Oracle VM」の機能検証・性能測定を2008年6月から継続してきた結果、システム環境の構築時間を大幅に削減できることを評価して「eMplex CRM」の開発およびサポート・インフラに導入することを決定しました。また、エンプレックスが「eMplex CRM」に「Oracle VM」を活用する際、「eMplex CRM」を動作させるために必要なソフトウェアを、テンプレートとして事前に準備しておくことで、インフラ環境を瞬時に構築することが可能になりました。さらに、従来システム環境ごとに設置してきたサーバー数を仮想環境へ集約することにより、物理サーバーの台数の効率化を実現しています。

今後、日本オラクルとエンプレックスでは、「Oracle VM」導入を機に、サーバー仮想化を活用したオラクル製品との連携を強化していきます。また、サーバー仮想化ソフトウェア「Oracle VM」を活用したシステム構築のノウハウを積極的に活用し、「eMplex CRM」のテンプレート化を図り、顧客システムへの自社製品「eMplex CRM」のインストール・セットアップ時間を大幅に簡素化するソフトウェア・アプライアンスのビジネスも検討する方針です。

サーバー仮想化ソフトウェア「Oracle VM」の詳細は、下記のVirtualizationサイトを参照下さい。
リンク

● エンプレックスについて
エンプレックスは、ECサイト、Web、メール、コンタクトセンター、営業、受注後の収支管理などあらゆるチャネルにおいて企業とお客様とのコミュニケーションを集中管理し、「関係」を最適化する統合CRMパッケージ「eMplex CRM」を提供しております。「eMplex CRM」シリーズには、マーケティング志向、国内CRM市場特性との親和性及びマニュアルレスに着目した開発コンセプト、段階的機能拡張への対応といった特長があります。
小規模サイトから大手企業まで、製造、旅行、アパレル、地方自治体、不動産、金融機関などあらゆる業界、またBtoB、BtoCの双方に対応する「eMplex CRM」シリーズは、350以上の導入実績があり、マーケティング戦略に具体的な数字としての結果につながるCRM活動に貢献しています。
コーポレートサイトURL:リンク

● 日本オラクルについて
日本オラクル株式会社は、米国オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。国内を拠点とした情報システム構築のためのソフトウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を展開しています。1999年2月5日に店頭市場へ株式公開、2000年4月 28日に東証一部上場。従業員数2,135名(2008年5月末現在)。

■ 本件に対するお問い合わせ先
エンプレックス株式会社 コーポレートコミュニケーション部 清水、瀬川
Tel: 03-5568-7331 Fax: 03-5568-7270 E-mail: info@emplex.co.jp

日本オラクル株式会社 広報部 玉川、野見山
Tel: 03-6834-4833  Fax: 03-6834-6144  E-mail: Takeo.Tamagawa@oracle.com
プレスルーム リンク

用語解説

* Oracleは、米国オラクル・コーポレーション及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。その他のブランドまたは製品は、それぞれを保有する各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。