logo

CSR社の最先端BlueCoreチップ Aliph社の新型Jawbone Bluetoothヘッドセットに採用

CSR plcは、本日、当社のBlueCore5-Multimedia Bluetooth技術が、これまでに高い評価を受けているAliph社のJawbone Bluetoothの後継ヘッドセットに採用されたことを発表しました。Aliph社は、この新型JawboneにCSR社の高性能デジタル シグナル プロセッサ(DSP)を使用し、同社独自の技術、「NoiseAssassin」を有効に活用することで、あらゆる使用環境でノイズを極限まで低減した高品位のサウンドを実現します。

新型のJawboneは、ハイテク技術を美しいフォルムの筐体に集積したヘッドセットです。同製品は、従来の製品と比べてさらに小型化を実現した上、画期的なノイズキャンセル技術を内蔵しています。新型のJawboneは、人間工学を考慮してデザインされた小型本体を特徴として、従来よりもさらに高品位のサウンドを生み出します。

CSR社のBlueCore5 Multimediaは、柔軟性の高いDSPアーキテクチャを採用しています。このため、Aliph社の開発者たちは先端技術を容易に統合し、性能と機能性を向上させることに成功しました。JawboneのNoiseAssasin技術は、Aliph社の独自技術である「Voice Activity Sensor(VAS)」がユーザの音声をキャッチし、VASを通してユーザの音声と周辺ノイズを、これまでにない高い精度で識別します。Aliph社が独自に開発したNoiseAssassinアルゴリズムは、BlueCore5 Multimedia に内蔵されたCSR社のDSPを経由して周辺ノイズを徹底的の除去し、ユーザの音声を高い精度で伝えます。

Aliph社 製品管理&製品戦略担当副社長Richard Drysdale(リチャード・ドライスデール)氏コメント:
「高い評価を受けている当社のJawboneヘッドセットにCSR社のBlueCore3 Multimediaを組み込んで、やはり正解であったと実感しています。私たちは、従来のJawboneを上回る後継機を開発する必要がありました。私たちはCSR社の第5世代マルチメディアBluetooth技術を採用することで、最高水準の性能を誇るワイヤレスオーディオを開発することに成功したのです」

CSR社のワイヤレス オーディオ ストラテジック ビジネスユニットSVP Anthony Murray(アンソニー・マレー)コメント:
「高い評価を受けているAliph社の後継機にCSR社のBlueCore技術が採用されたことに、私たちは大きな誇りを感じています。新型のJawboneは、これまで最高水準の性能を発揮するヘッドセットと言われていたJawboneを上回る性能を誇っています。CSR社のBlueCore技術を採用した後継機の登場で、Jawboneは業界最高水準な接続機能と音声性能を維持し続けているのです」

CSR社が開発したマルチメディアBlueCore製品は、高性能のDSPとCODECを内蔵する業界で唯一のBluetooth ICです。CSR社はBlueCore5マルチメディアを開発することで、低消費電力を実現し、音声と無線の性能を著しく向上させることに成功しています。



<本件に関する問い合せ先>
      
シーエスアール株式会社
深田 学
E-mail:prjp@csr.com

このプレスリリースの付帯情報

Jawbone

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
http://www.csr.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。