logo

ネットワークカメラのパイオニア、アクシスコミュニケーションズAB 2008年度第3四半期決算を発表

~高収益成長を持続~

 世界のネットワークカメラ市場のリーディング企業である、アクシスコミュニケーションズAB (本社:スウェーデン ルンド、CEO:レイ・モーリッソン、以下アクシス)は、2008年度第3四半期決算 (2008年1月1日から2008年9月30日) を次のとおり、発表しました。


純売上高14億7400万スウェーデンクローナ(11億9300万)
営業利益2億9100万スウェーデンクローナ(2億6400万)
税引前利益2億9100万スウェーデンクローナ(2億6300万)
税引後利益2億700万スウェーデンクローナ (1億9200万)
一株当たり利益2.99スウェーデンクローナ (2.76)


( )内は、前年同期数字


 本発表に対して、アクシスのCEOであるレイ・モーリッソンは、次のように語っています。


「本年度9ヶ月間における純売上高は、14億7400万スウェーデンクローネを記録し、前年度対比で、24%増となりました。ネットワークカメラ、ビデオエンコーダおよびその関連製品であるネットワークビデオ分野での売上成長率は、現地通貨計算で、1月-9月期、前年度対比 35%、第3四半期では、5億2200万スウェーデンクローネ、32%増となりました。

世界各地域で、ネットワークビデオ製品をセキュリティ用途で導入する傾向が高くなっています。米国およびアジアにおいて、高い成長率を示した一方で、欧州中近東アフリカでは、第3四半期にプロジェクト案件の変更が顕著でありました。アクシスの事業拡大計画は、継続しており、営業、マーケティング、研究開発部門における人材採用、事務所開設などを積極的に行っています。なお、9ヶ月間で、116名を採用しました。」


 本発表のプレゼンテーションは、以下のサイトで入手可能です。
リンク

 本資料は、スウェーデンにて10月17日(現地時間)に発表されたプレスリリースの抄訳です。


■アクシスコミュニケーションズABについて
アクシスコミュニケーションズABは、ネットワークカメラを中心としたネットワークビデオソリューションをワールドワイドで展開するスウェーデンの企業です。当社の製品は、独自設計のASICを採用し、高い画像品質とネットワーク接続性を誇っています。また、オープンスタンダード技術に準拠することにより、他システムとの統合性および、システムの柔軟性と拡張性の高さを実現しています。アクシスのネットワークカメラは、1996年の出荷以来、主にセキュリティ監視や遠隔モニタリング用途として、世界70ヶ国で100万台以上(2007年10月現在)が導入され、世界中で多くの導入実績を誇ります。1984年に創業し、OMX Nordic Exchangeに株式を上場しています。詳細はwww.axis.comをご覧下さい。


■本件問合せ先■
アクシスコミュニケーションズ株式会社 マーケティング
〒108-0075 東京都港区港南2丁目16番1号 品川イーストワンタワー13階
TEL:(03) 6716-7850 FAX:(03) 6716-7851
E-mail: marketingkk@axiscom.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事