logo

『カーシェアリング・プロジェクト始動 in 高島平』 主役は地域民全員。 各自が自由なスタイルで享受+提供しあえる「本当のカーシェアリング」が本格始動

株式会社ディズム 2008年10月21日 12時00分
From DreamNews

株式会社ディズム(所在地:東京都世田谷区南烏山)は、
『カーシェアリング・プロジェクト始動 in 高島平』を
2008年10月23日(木)を目処とし、サービスの本格提供に踏み出すことを発表する。
今回 発表する、
『カーシェアリング・プロジェクト始動 in 高島平』は、下記の通りである。

<概要>
株式会社ディズムは、カーシェアリングを専業とする会社であり、「QuiCar」というブランドの元、当社の理想とするカーシェアリング事業を展開している。当社の特色としては、社会起業家色の強いメンバー性、そしてその特性から発生する今までにない斬新な事業展開である。
今回サービス提供を開始する場所は、高島平団地や大東文化大学を含む高島平地域である。
特に高島平団地は「東洋一のマンモス団地」「高嶺の花」等と呼ばれ、1972年から入居が始まった。しかしその後「現代社会問題の集約地」等と呼ばれるようになり始め、さまざまな意味で時代の風を浴びてきた団地である。
株式会社ディズムはこの地で事業を行なうことに社会企業としての意義を感じ、
当社の掲げる理念に基づいたカーシェアリングを開始する。そして、それにともなう様々な事業展開を「カーシェアリングプロジェクト in 高島平」と呼び、高島平地域を当社における特別な地域に位置づける。
-当社の掲げるカーシェアリング-
1.コミュニケーション・ツールとしてのカーシェアリング
2.普及も利用も地域民が主体
3.「所有の共有」と「利用の共有」の合体で、本当に便利で経済的に
4.地域社会とサービス提供会社の連携
5.持続可能(サスティナブル)
具体的な展開の方法として、
利用者を増やすと同時に、所有者主導による車輌や駐車場用地の提供により成立するオーナー会員と、フランチャイズ店を募集することによって、地域民が主体となった多角的な展開を行なう方針である。※利用料等の詳細は下部、又は参考資料を参考※
株式会社ディズムは当プロジェクトが
今後の集合住宅地におけるカーシェアリング事業のモデルになることを期待しており、見込まれる約500人規模のユーザーと共に様々な実験的な試みを行なってき、今後の日本におけるカーシェアリング産業の方向性を見極めていきたいと考えている。

■■■プロジェクトの本格始動日■■■
     2008年10月23日(木)
     12:00~、オープン記念価格でサービスの本格始動をいたします。※時間が多少前後する場合がございます。
     随時説明会も募集していますので、お気軽にご連絡ください。


<QuiCar高島平ステーション一号の概要>
車種:HONDA ストリーム
住所:東京都板橋区高島平1-14
(カーシェアリングシステム搭載済み)
<機軸システムの主な特徴>
1.携帯電話だけで、車輌の予約、鍵の開閉操作、管理が可能。
  (電話予約も徐々に対応していく予定)
2.PHSを活用しているため、現在位置情報の把握が可能
3.PHSだから、ピースメーカー利用者も安心。
4.充実した盗難防止機能。

<利用料金>※パンフレットに詳しく記載
月額:月額1050円~月額3150円
利用料金:200/15分 20円/1k 無料走行100km付き (月額3150円のプランの場合)
※2008年度末までは登録料が無料 (通常は登録料3150円)

【本件の連絡先】株式会社ディズム
QuiCar事業部 担当者:村松侑亮
?Tel:03-5313-1924
?FAX:020-4668-2315
?e-mail muramatsu@d-ism.jp
?URL:リンク
?〒157-0062 東京都世田谷区南烏山2-35-2
                          ?????????????       以 上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事