logo

2008年に2.6%成長する世界のエレクトロニクス生産

英国の調査会社リードエレクトロニクスリサーチ社は出版レポート「世界のエレクトロニクスデータ年鑑 2008/2009年 Vol.3:新興国(中国、ベトナムなど9ヶ国) -Yearbook of World Electronics Data Series: VOLUME 3 - EMERGING COUNTRIES 2008/2009」のプレスリリースにおいて、世界のエレクトロニクス市場は2007年の1兆6130億USドルから、2011年に1兆8730億USドルに達するという予測結果を発表した。

世界のエレクトロニクス生産額は、2007-2008年に2.6%上昇して、1兆6590億USドルに達すると予測される。中国は、2008年下半期に成長が減速するにも関わらず、世界のエレクトロニクス生産の25%を占めている。

中国は製造コストが安いので、生産が移動したために、大きく成長していた。英国調査会社リードエレクトロニクスリサーチ社の最新の調査によれば、世界の低コスト地域におけるエレクトロニクス生産は、1995年の25%、2000年の33%から上昇して、2008年末には55%に達するだろうとしている。中国だけでなく、インド、ブラジル、ロシア、ベトナムなどの新興国が世界市場で果たす役割はますます大きくなるだろう。

現在起こっている金融危機は、世界のエレクトロニクス産業の見通しにおいて、短期的には不透明性や困難をもたらすだろう。しかし、長期的には、新興市場の成長が継続するだろう。リードエレクトロニクスリサーチ社は、世界のエレクトロニクス市場は2007年の1兆6130億USドルから、2011年に1兆8730億USドルに達すると予測している。

リードエレクトロニクスリサーチ社の調査レポート「世界のエレクトロニクスデータ年鑑 2008/2009年 Vol.3:新興国(中国、ベトナムなど9ヶ国)」は、世界の53ヶ国のエレクトロニクス産業を概説し、2005-2008年の生産の概要データと2005-2011年の市場を詳述している。特に、中国、メキシコ、ベトナムなどの主要な9ヶ国については、さらに詳しい情報を掲載している。

[調査レポート]
世界のエレクトロニクスデータ年鑑 2008/2009年 Vol.3:新興国(中国、ベトナムなど9ヶ国)
Yearbook of World Electronics Data Series
VOLUME 3 - EMERGING COUNTRIES 2008/2009
リンク

[Yearbook of World Electronics Data Series 専用フォーム(PDF)]
リンク

リードエレクトロニクスリサーチ社 (Reed Electronics Research)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

Percentage of Electronic production undertaken in high-cost and low-cost locations 1995-2008

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。