logo

消費者向けネットワーク接続ストレージ

米国の調査会社ABIリサーチの市場調査レポートが10月に刊行されました。

消費者向けネットワークストレージ市場は、わずか数年前に市場が始まってから非常にゆっくりと発展してきた。それ以前はネットワークストレージデバイスは大型で、値段が高く、使用方法が難しかったために、企業市場がターゲットだった。一般消費者向けネットワークストレージは、ようやく主流市場として価値を認められたが、デバイスが平均家庭に広く普及するまでの道のりは依然として長いだろう。
米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「消費者向けネットワーク接続ストレージ」は、消費者向けネットワークストレージデバイス市場と、代替ストレージ技術、ネットワークストレージが市場に普及するチャンスを調査している。予測データはNAS市場のセグメントと地域別に分けている。また、Network Attached Storage On-A-Chip (NASoC)プロセッサの予測も行っている。

◆調査レポート
消費者向けネットワーク接続ストレージ:バックアップだけではないNAS - メディア配信、DLNA、UPnPが接続デジタルホームでの成長を促進
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事