logo

『サイボウズとマイクロソフトが大規模向けグループウェアの負荷試 験を共同検証 ~ Windows Server 2008 環境における「ガルーン 2」のスケーラ ビリティが6倍に向上 ~』

サイボウズ株式会社 (本社:東京都文京区 代表取締役社長:青野
慶久 (戸籍名: 西端 慶久) 以下サイボウズ) とマイクロソフト株
式会社(本社:東京都渋谷区 代表執行役 社長樋口 泰行 以下マ
イクロソフト)は、大規模向けグループウェア「サイボウズ ガル
ーン 2」のWindows Server 2008環境における負荷試験を共同で実
施。

マイクロソフトの試験センターを活用して技術支援を受け、「ガル
ーン 2」の最新バージョンを3,000人規模で利用する検証データを
作成。Windows Server 2008を複数台にて構成することで問題なく
稼動することを確認しました。

今年4月にリリースしました大規模向けグループウェア「サイボウ
ズガルーン 2」は、1万人レベルの大規模な環境でもご利用いただ
けるよう、スケーラビリティを向上させましたが、数千人規模でご
利用いただく場合の推奨OSはLinuxとしておりました。しかし、エ
ンタープライズ市場におけるWindows Serverのニーズは強く、また
、マイクロソフトが推進するユニファイド・コミュニケーションは
、多くの大企業において導入が進んでおり、それらを活用している
お客様からは、「ガルーン 2」も同じプラットフォーム上で組み合
わせて使いたい、といったご要望も寄せられるようになりました。
これらご要望を受け、サイボウズとマイクロソフトにて協議を重ね
、今回の共同検証を実施するに至りました。

今回の検証結果により、「ガルーン 2」の導入をWindowsベースで
ご検討いただいていたお客様も、安心してご利用いただけるように
なりました。今後は、より大規模な環境での検証を進め、多くのお
客様に「ガルーン 2」をご利用いただけるよう取り組んでまいりま
す。

■今回の検証結果を受けまして、以下のエンドースメントをいただ
いております。
サイボウズ様の「サイボウズ ガルーン 2」のWindows Server
2008対応ならびに大規模向け構成でのユーザー数の対応追加、おめ
でとうございます。Windows Server 2008ではファイルI/0の処理の
改善などパフォーマンスの向上を実現しておりますが、今回の「ガ
ルーン 2」のパフォーマンス検証でもその効果が実証され、大変光
栄に存じます。お客様には、使い慣れた Windowsプラットフォーム
に「ガルーン2」を組み合わせて採用いただくことで、運用・管理
コストの削減などのメリットを提供できるものと確信しておりま
す。
マイクロソフト株式会社
サーバープラットフォームビジネス本部
副本部長 梅田 成二

■動作検証したサーバーのスペックと構成

○検証機器

負荷検証ツール: HP Load Runner 8.1
CPU : Core Duo T2300 1.66GHz
メモリ : 2GB
OS : Windows XP Professional Service Pack 2

○検証サーバー

〈Webサーバー〉
型番 : ProLiant ML370 G5
CPU : クアッドコア インテル(R) Xeon(R) プロセッサー X5355
   (2.66GHz/8MB)
メモリ : 16 GB
HDD : SASSCSI 15Krpm 72.8GB x 8 (RAID 1+0)
台数 : 6台

〈DBサーバー〉
型番 : ProLiant DL380 G5
CPU : クアッドコア インテル(R) Xeon(R) プロセッサー E5320
   (1.87GHz/8MB)
メモリ : 16 GB
HDD : SASSCSI 10Krpm 72GB x 8 (RAID 1+0)
Storage: ULTRASCSI320 300GB 10Krpm x 14 (RAID 1+0)
台数 : 1台

〈負荷分散装置〉
型番 : PowerEdge 2950
CPU : デュアルコア インテル(R) Xeon(R) プロセッサー 5160
(3GHz/4MB)
メモリ : 4 GB
OS : Red hat Enterprise Linux ES 4 no Update
HDD : SASSCSI 15Krpm 73GB x 6 (RAID 5)
台数 : 1台
備考 : Pound 2.4 によるラウンドロビン型負荷分散

■検証方法
今回の検証ではHP社製の負荷検証ツール(Load Runner)を利用し
、ユーザーの利用頻度が高い機能を、予め用意した「シナリオ」に
沿って実行させて結果を分析いたしました。以下、シナリオの一例
です。

1. 「ガルーン 2」へログイン
2. 「掲示板」をクリック
3. 所属事業部カテゴリをクリック
4. 所属部署カテゴリをクリック
5. 部署掲示板(100件)からランダムで1件クリック
6.「社内メール」をクリック
7. 受信箱クリック
8. 受信社内メール(100件)からランダムで1件クリック
9.「トップページ」をクリック
10.個人週スケジュール(15件)からランダムで1件クリック

上記のようなシナリオを4本用意し、これら実行するユーザーを数
秒ごとに一定量増加させていくように設定しました。時間の経過と
ともにユーザー数を増加させることで、徐々にサーバーへの負荷を
高め、その応答秒数を記録しました。弊社では各機能の平均応答秒
数が4秒以内だと適正な負荷状況であると判断しております。

■サイボウズ株式会社
URL :リンク
設立 :1997年8月8日
資本金 :5億5,300万円(2008年1月31日現在)
代表者名:代表取締役社長 青野 慶久
所在地 :東京都文京区後楽一丁目4番14号 後楽森ビル12階
事業内容:情報通信、情報提供に関するサービスやソフトウェアの
     開発、販売、保守
------------------------------------------------------------
《本件に関するお問い合わせ先》
サイボウズ株式会社 リンク
〒112-0004 東京都文京区後楽 1-4-14 後楽森ビル12階 
■マスコミ各社様からのお問い合わせ先
 マーケティングコミュニケーション部 PRグループ 村松 
pr@cybozu.co.jp TEL: 03-5805-9037 FAX: 03-5805-9036
■一般の方からの製品・購入についてのお問い合わせ先
 サイボウズ インフォメーションセンター 
 contactus@cybozu.co.jp
------------------------------------------------------------
※本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標また
 は商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。