logo

モバイルソーシャルネットワーキングからの最初の受益者はモバイルオペレーター:Analysys Masonの報告

株式会社グローバル インフォメーション 2008年10月20日 10時00分
From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、英国調査会社のAnalysys Mason発行する最新の英文調査報告書「Mobile Social Networking: strategies and case studies」の販売を開始いたしました。
ソーシャルネットワーキングは、オンラインソーシャルネットワーキングプロバイダーがモバイルインターフェースと多くの専門家を投入したことにより、モバイル中心のネットワークが出現しています。しかしながら、米国の調査会社Analysys Masonによる調査報告書「Mobile social networking: strategies and case studies」によると、モバイルソーシャルネットワーキングサービスの最も直接的な受益者になるのはモバイルオペレーターだといいます。同書は、Vodafone Mobile Internetのユーザーが訪れるサイトのトップ10にBebo、Facebook、MySpaceおよびYouTubeが入っているVodafone UKを含めて、多くのオペレーターが、既にソーシャルネットワーキングがモバイル市場へ拡大していることを目撃していると指摘しています。同書は、モバイルデバイスの小さなフォームファクターと性能が劣る検索能力では、PCと同じ様に新しいサービスを発見し、会員登録をすることは簡単ではない、と指摘しています。結果として、FacebookやMySpaceといった大手のオンラインソーシャルネットワーキングサービスプロバイダーでさえ、モバイルデバイスからサイトへのアクセスを促進するために、モバイルオペレーターとの提携を形成することに利点を見出しています。「Mobile social networking: strategies and case studies」では、新興するモバイルソーシャルネットワーキング機会からの利益獲得を目指す多様な企業が直面する強み、弱み、機会および脅威を評価し、Bluepulse、Facebook、GeoSentric、Hutchison 3G、MySpace、Nokia、Orange、SK TelecomおよびVodafone Groupが実行するアプローチのケーススタディを取り扱っています。モバイルオペレーターがモバイルソーシャルネットワーキング市場において実行可能な4つのアプローチを特定、および個々のオペレーターにとってどのアプローチが最適かを判断するための構造を提供します。同書は、モバイル広告からトランザクションへ、および会員登録を基本としたモデルへの代替収益モデルについても評価しています。【 英文市場調査報告書 】Mobile Social Networking: strategies and case studiesモバイルソーシャルネットワーキング:戦略とケーススタディリンク Mason出版日2008/08
【 本件に関するお問合せ先 】株式会社グローバル インフォメーション〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3アーシスビル 7階担当: 営業1課E-mail:sl1@gii.co.jp電話: 044-952-0102FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事