logo

ビットアイル カーボンオフセット協会、グリーンIT推進協議会に加盟

データセンターは、各顧客からのサーバやネットワーク機器などを集約、運営するため、顧客ごとに機器を運用するのに比べて、社会全体のエネルギー効率を上げられると考えております。そのため、データセンターとは、基本的には省エネ・ CO2削減に寄与する仕組みです。
しかし、データセンターそのものは、多くのIT機器を24時間365日安定稼動させるための電力や、それらを冷却するための空調設備などにも非常に多くの電力を集約して消費しております。
そのため、ビットアイルは、データセンター事業者としての環境対策を経営における最重要課題として取り組んでおります。ビットアイルのデータセンターでは、常に電力消費の最も効率の良い設備の展開を模索しております。また、新たに建設する第4データセンターでは、コールドアイルチャンバー方式という新しい空調設備によって従来よりもCO2排出量を20%削減するなどの配慮を行っております。一方、顧客へのサービス面では、国際連合の認証を受けたCO2排出権をジーコンシャス社経由で購入し、レンタル機器とセットで提供する「CO2ゼロレンタルサーバ」サービスを7月1日より展開しております。

今回、ビットアイルは環境対策の取り組みの一環として、カーボンオフセット協会に賛助会員として、グリーンIT推進協議会に会員として加盟いたします。
カーボンオフセット協会は、日本における健全なカーボンオフセット市場の発展と、信頼性のあるカーボンオフセットの普及促進を目的とし、2008年9月に発足された団体です。また、グリーンIT推進協議会は、経済産業省によって、環境保護と経済成長が両立する社会の実現に向けて「グリーンITイニシアティブ」の取り組みを推進するため、2008年2月1日に産学官のパートナーシップにより設立されています。ビットアイルは、環境対策への更なる取り組みのために両団体に加盟いたします。

ビットアイルはデータセンター事業者としての社会的責任を果たすため、環境対策に対して、更なる取り組みを推進し、自社設備の省エネ対策に加えて、顧客へのサービスおよび自社のCO2削減についても引続き取り組んでまいります。


株式会社ビットアイル 
社長室: 伊東 ir@bit-isle.co.jp
TEL: 03-6252-3522
FAX: 03-6252-3528

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。