logo

『2008年度 グッドデザイン賞(Gマーク)』を受賞

日本SGIのデザインレビューソフト「DesignCentral Imager」が「操作性と先進性」で高い評価を獲得

 日本SGI 株式会社(社長:佐藤年成、本社:東京都渋谷区)は、このたび財団法人日本産業デザイン振興会が主催する「2008年度グッドデザイン賞(Gマーク)」をリアルタイム・デザインレビューソフト「DesignCentral Imager(デザインセントラル イメージャー)」で受賞しました。

 DesignCentral Imagerは、実写に近い高品質な3Dデザインレビューを直感的な操作で簡単、かつリアルタイムに処理できることを特徴としたデザイナー向けのデザインビューワです。開発にあたっては、コンピュータ・エンジニアとデザイナーが一体となり、実際のデザイン現場のニーズを徹底的に反映させて「直感的な操作性」を追求しました。
 それに対して、「直観的な操作性の完成度が高く、高品質な描画は先進性が高い」ということが評価され、グッドデザイン賞の受賞となりました。

 日本SGIは今回の受賞を契機に、さらにこれらの優れたデザインの特徴をアピールすることを通じて、独自に開発したDesignCentral Imagerのより一層の販売の拡大を目指して行きます。
ビジュアライゼーション分野での長年の経験と高度な技術を備えたエンジニアにより、日本SGIではデザイン性の高い技術開発に取り組んでいますが、今回の受賞は昨年の四次元人体モデル「Virtual Anatomia Ver.1.0(バーチャルアナトミア Ver.1.0)」続く、連続受賞となります。

 なお、本年度グッドデザイン賞表彰式は、11月6日(木)に東京都内で開催される予定です。

■製品名称:リアルタイム・デザインレビューソフト「DesignCentral Imager」
 (受賞番号 :08C17010)
■製品概要:工業製品をより魅力的なデザインにするためのソフトウェア。直感的で簡単な操作で、プロダクトが市場に出た姿をデザインの早期の段階よりイメージすることを実現。
■販売価格:750,000円 (レンタルモデル:1年レンタル 198,000円(税抜き))
■プロデューサー:日本SGI株式会社 Chief Technology Officer 橋本昌嗣
■デザインディレクター:
  同社 ビジュアライゼーション事業本部 インダストリアル・デザイナー 平井直哉
  同社 ビジュアライゼーション開発室 室長 村内達也 
■デザイナー:同社 ビジュアライゼーション事業本部 ビジュアライゼーションコンサルタント 常田龍彦 / ビジュアライゼーション開発室 広瀬雅人/小原理/奥健太郎/阿部菊代
■デザイナーからのコメント:
『デザイナーを面倒な手続きから解放し、彼らの本分であるデザインワークに専念させたい』という思いから、開発を始めました。日本SGIが得意としてきたCGとしての描画品質を追求するだけでなく、多機能性と操作性を両立させることにも情熱を注ぎました。今回のGマーク受賞という評価を頂き大変光栄です。

■グッドデザイン賞審査会からの評価コメント:
直観的な操作性の完成度が高く、高品質な描画は先進性が高い。

■グッドデザイン賞ウェブサイトでの紹介ページ:
リンク

<添付画像>
添付:製品のサンプル画面イメージ

<参考情報>
プレスリリース: 
日本SGI、高品位3Dリアルタイム・デザインレビューソフト「DesignCentral Imager」を開発し販売開始
リンク

<関連リンク>
リアルタイム・デザインビューワ「DesignCentral Imager」
リンク

<登録商標>
SGI 、SGI のロゴは日本SGI 株式会社の登録商標です。その他の商標については商標の所有者に所有権が属しています。

■ お客様からの製品のお問い合わせ先
日本SGI 株式会社 営業フリーダイヤル
TEL: 0120-161-086

このプレスリリースの付帯情報

製品のサンプル画面イメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

グッドデザイン賞(Gマーク)とは
「グッドデザイン賞(Gマーク)」は、1957年に通商産業省によって設立された「グッドデザイン選定制度」を継承し、1998年より財団法人日本産業デザイン振興会の主催事業として運営される、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨制度です。これまで50年以上にわたり、新しい時代の文化と生活を創造することを目的に「より豊かなライフスタイル」と「良いビジネス」を導く運動として展開され、のべ受賞件数は32,000件以上にのぼり、今日では国内外の多くの企業や団体が参加しています。また「グッドデザイン賞」受賞のシンボルである「Gマーク」はすぐれたデザインを示す象徴として広く一般に親しまれています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事