logo

全社の帳票システムをオープン環境で一元化して共有   変化対応に優れた「総合帳票基盤」SVF帳票運用モジュールVer8.1登場

~既存のシステム資産を活かしつつ、個別の業務ごとに紐付けされた帳票システムを一元化してオープンシステムのトータルな開発・運用に効果発揮~

 Form&Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:内野弘幸、以下 ウイングアーク テクノロジーズ)は、あらゆる業務に共通する帳票の分野から、企業システムの標準化・一元化・共通化をはかる総合帳票基盤「SVF(Super Visual Formade)」を構成する帳票出力モジュール、ならびにデータ変換モジュール製品を一堂に揃え、製品Ver8.1として、11月5日より出荷を開始することになりましたのでお知らせいたします。

 グローバル化が加速するビジネス。いまや、景気や環境の変化に俊敏なビジネスは、ITインフラに柔軟性と即応力を求めています。企業のIT部門様は、重要なシステム要件を堅持しながらも、これまで以上のコスト削減とビジネスのスピードに合わせたプロジェクトの完遂、システムのサービスインを円滑に図らなければなりません。

 ウイングアーク テクノロジーズは、さまざまなプロジェクトや業務に共通する帳票の分野から、情報システムが課題としている品質(ユーザ満足度をあげる) ・ コスト(開発・メンテナンス双方に優れた投資対効果を出す)・ 納期(短期構築・早期運用)に応える「課題解決力」を掲げ、新たなSVF帳票基盤ソリューションによって業務に直結するIT基盤の帳票効果を訴求していきます。

 SVFのソフトウエア製品で構成する「総合帳票基盤」は、今回リリースするSVF Ver8.1シリーズ製品をベースに、企業システムの帳票に関するさまざまな課題解決をはかります。その第一弾として、以下のとおり、帳票システムの標準化・一元化・共通化を推進し、業務に応じた帳票運用を可能にする各種モジュールをリリースいたします。

■帳票高速印刷環境
■Web環境下でのクライアント直接印刷
■ラベル印刷
■帳票文書の運用効率化の機能を付加するPDF出力
■次世代の電子ドキュメントファイルXPS出力
■その他各社ファイル出力
■帳票マイグレーション支援モジュール
■電子帳票システム連携モジュール
(各種モジュールの詳細については下記をご参照ください。)

 今後ウイングアーク テクノロジーズでは、総合帳票基盤の両翼となる上位システムとの連携、帳票設計の改善にむけた製品を近日中にリリース予定です。

<製品機能および価格詳細について>

■帳票高速印刷環境
◇「SVF for Java Print」
・各種プリンタへの高速帳票印刷(コマンド印刷での帳票出力)
・セキュアプリント対応。各種ドライバ印刷環境の改善ほか
【定価】Windows,Linux版:600,000円~(消費税別/1サーバ1CPU)
    UNIX版:1,200,000円~(消費税別/1サーバ1CPU)

■Web環境下でのクライアント直接印刷
◇「SVF for Web/Client」
・ブラウザ経由で手元のPCと接続されるプリンタから直接印刷
(コマンド印刷またはEMFファイルによる帳票出力)
※帳票サーバ上にSVF for Java Print、またはSVF for PDFが必要
【定価】Windows,Linux版:200,000円~(消費税別/1サーバ1CPU)
    UNIX版:400,000円~(消費税別/1サーバ1CPU)

■ラベル印刷
◇「SVF for SATO / Java Edition」
・サトー社ラベル印刷に対応した実行モジュール
【定価】Windows,Linux版:300,000円(消費税別/1サーバ)、
    UNIX版:500,000円(消費税別/1サーバ)

◇「SVF for NEC MultiCoder」
・日本電気社ラベル印刷に対応した実行モジュール
【定価】Windows,Linux版:300,000円(消費税別/1サーバ)
    UNIX版:500,000円(消費税別/1サーバ)

◇「SVF for TEC/Java Edition」
・東芝テック社ラベル印刷に対応した実行モジュール
【定価】Windows,Linux版:300,000円(消費税別/1サーバ)
    UNIX版:500,000円(消費税別/1サーバ)

■帳票文書の運用効率化の機能を付加するPDF出力
◇「SVF for PDF」
・PDFに文書管理の効率化などの機能を付加したハイグレードなPDF出力
・住基ネット指定のフォント対応による帳票出力
【定価】Windows,Linux版:800,000円~(消費税別/1サーバ1CPU)
    UNIX版:1,200,000円~(消費税別/1サーバ1CPU)

■次世代の電子ドキュメントファイルXPS出力
◇「SVF for XPS」
・マイクロソフト社の次世代電子ファイルフォーマットXPSに対応した帳票サーバ出力
【定価】Windows,Linux版:800,000円~(消費税別/1サーバ1CPU)
    UNIX版:1,200,000円~(消費税別/1サーバ1CPU)

■その他各社ファイル出力
◇SVF for Web/CSV Java Edition
・サーバ上で生成した帳票データを二次加工用のCSV形式にして帳票出力
【定価】Windows,Linux版:300,000円~(消費税別/1サーバ1CPU)
    UNIX版:300,000円~(消費税別/1サーバ1CPU)

◇SVF for Web/TIFF Java Edition
・サーバ上で生成した帳票データを二次加工用のTIFF形式にして帳票出力
・各種文書・CADの図面等の電子ドキュメントに対応。汎用的なFAX出力システムと連携。
【定価】Windows,Linux版:300,000円~(消費税別/1サーバ1CPU)
    UNIX版:300,000円~(消費税別/1サーバ1CPU)

■帳票マイグレーション支援モジュール
◇SVF for FX-STDOUT/Java Edition
・ホストシステムの帳票システムからデータファイルを取り込み、オープン系の帳票運用に展開
富士ゼロックス社のプリンタ専用テキストデータフォーマットからの変換が可能
ホスト系電子帳票システムとの連携
【定価】Windows,Linux版:1,200,000円(消費税別/1サーバ)
    UNIX版:1,500,000円(消費税別/1サーバ)

◇SVF for PlainTXTⅡ/Java Edition
・ホストシステムの帳票システムからデータファイルを取り込み、オープン系の帳票運用に展開
汎用的なプリンタ専用テキストデータフォーマットからの変換が可能
【定価】Windows,Linux版:1,200,000円(消費税別/1サーバ)
    UNIX版:1,500,000円(消費税別/1サーバ)

■電子帳票システム連携モジュール
◇SVF for FiBridgeⅡ/Java Edition
・JFEシステムズ社 電子帳票システムFiBridge連携専用出力
【定価】Windows,Linux版:1,200,000円(消費税別/1サーバ)
    UNIX版:1,500,000円(消費税別/1サーバ)

◇SVF for PIFVIEWER/Java Edition
・日本電気社 電子帳票システムPIFVIEWER連携専用出力
【定価】Windows,Linux版:1,200,000円(消費税別/1サーバ)
    UNIX版:1,500,000円(消費税別/1サーバ)

[ウイングアーク テクノロジーズについて]
「Form&Data」のウイングアーク テクノロジーズは、大手SI企業や企業の情報システム部門が取り組むシステム開発と現場業務の効率化をはかるため、「帳票、レポート、ドキュメント」の分野に特化したツール・ミドルウエア製品、サービス、サポート、導入支援、トレーニング等のサービスを提供します。とくに、情報システムに共通する「データ」のINとOUTに対して、業務に見やすい「フォーム」を使ったユーザインターフェイスによって、ソフトウエアの組み合わせによる短期システム構築と、わかりやすい業務の運用を実現しています。
・「StraForm-X」【帳票入力】業務にあるドキュメントのデータ化とWebシステム化
・「Dr.Sum EA」【データ活用】業務に蓄積されるデータの高速な集計分析と可視化
・「SVF」【帳票出力】基幹系帳票システムの統合・共通化、帳票運用の効率的な一元化

[会社概要]
社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長:内野 弘幸
設立:2004年3月
資本金:1億円
売上高:83億円(2008年2月期)
従業員数:161名(2008年2月現在)
事業内容:帳票・レポート・ドキュメントの分野におけるソフトウエア製品の開発、販売、導入支援、保守サービスの提供。
URL:リンク

<製品に関するお問合せ先>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社  
〒108-0075 東京都港区港南1-8-15 Wビル14F
TEL:03-6710-1700  FAX:03-6710-1701  
E-mail:tsales@wingarc.co.jp

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。