logo

顧客サービスの改善および労働生産性が、世界におけるポータブルショッピングデバイス市場を促進

株式会社グローバル インフォメーション 2008年10月03日 12時00分
From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、米国調査会社Frost & Sullivanの発行する最新の英文調査報告書「World Customer Shopping Devices Markets」の販売を開始いたしました。
ポータブルショッピングデバイスおよびカート据付型デバイスは、世界における小売市場のシナリオを転換する、新しい店舗自動化技術です。現在の小売市場は成長過程にあり、欧州および北米においてポータブルショッピングデバイスの広範な導入が見られる一方、アジア太平洋地域およびラテンアメリカ市場における成長速度は好転しています。競合の増加および利益幅の減少に直面し、小売業者は技術に精通した顧客への革新的かつ実行可能なショッピングソリューションの提供に向け、ビジネスモデルを見直すため一層の努力をしています。米国の調査会社Frost & Sullivanが発行した調査報告書「World Customer Shopping Devices Markets」は、2007年のポータブルショッピングデバイス市場における収益が、5920万ドルを突破したとしています。25%の人材がPOS活動に配置されるため、ポータブルショッピングデバイスはレジ担当者を減少させ、労働生産性を利用と同様に増加させます。労働力の削減は、CRM活動の拡大へ向けた人材の活用を可能にするため、組織的成功にとってプラスの影響をもたらします。利点は明らかになっているものの、高額な導入費用と、特にアジア太平洋地域およびラテンアメリカ地域における安い労働力の供給といった要因がこれらのシステムの普及を妨げています。【 英文市場調査報告書 】World Customer Shopping Devices Markets世界における顧客向けショッピングデバイス市場リンク & Sullivan出版日2008/08
【 本件に関するお問合せ先 】株式会社グローバル インフォメーション〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3アーシスビル 7階担当: 営業1課E-mail:sl1@gii.co.jp電話: 044-952-0102FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事