logo

「KINGSOFT Office 2007 Plus」をリリース

~数式エディタやxml形式読込み対応(ベータ版)など新機能追加~

新機能を多数搭載してバージョンアップ!

キングソフト株式会社(代表取締役社長:翁 永飆、沈 海寅、本社:東京都港区、以下キングソフト)は、先行して販売しているパッケージ版「KINGSOFT Office 2007 Plus」に多数の新機能を搭載させ、大幅バージョンアップした「KINGSOFT Office 2007 Plus」を正式にリリースいたしました。
数式エディタなど多数の新機能を搭載した今回のバージョンアップでは、これまでにリリースしている「KINGSOFT Office 2007」のプログラムをお使いの方にもインターネットを通じて自動的に順次アップデートされます。KINGSOFT Officeはマイクロソフトオフィスに対し高い互換性を持ち、レイアウトや保存形式、操作方法などもマイクロソフトオフィスを使用したことがある方ならほぼ違和感なくお使いいただけるオフィスソフトです。今回のバージョンアップでは、マイクロソフトオフィスとの互換性をさらに高め、独自の機能と高い互換性を整備し、快適なオフィスソフト使用環境を提供することとなりました。
この新しいバージョンは右記URLより1ケ月間無料でお試しいただけます。リンク

■主な新機能について
1.数式エディタの搭載  
数式エディタを使用して、書類に数式を追加できるようになりました。数式エディタのツールバーには150を超える数学記号、120を超えるテンプレートが用意されており、複雑な方程式入力もマウス操作で簡単に作成することが可能です。なお数式エディタはKINGSOFT OfficeのWriter(ワープロ)、Spreadsheets(表計算)、Presentation(プレゼンテーション)3つのアプリケーションに共通して搭載されています。

2.マイクロソフトオフィス2007のファイル形式に対応(ベータ版)  
Writer、Spreadsheetsではマイクロソフトオフィス2007のファイル形式である「xml」形式の読込みに対応しました。マイクロソフトオフィス2007の拡張子であるxlsx、docxのファイルを開くができます。  ※これらの機能はベータ版であるためすべてのファイルを読み込みできるわけではありません。

3.試用期限終了後もファイル閲覧・印刷可能なビューワー機能 
キングソフトが提供する試用期間を過ぎた後でも、オフィスソフトで作成されたファイルを表示・閲覧・印刷することができます。これにより試用期限を過ぎた方でもファイルの閲覧、印刷などの機能を継続してご利用いただくことが可能になりました。

■その他の新機能について
<各アプリケーション共通の新機能>
1.複数ファイルを開いている際のファイルタブの移動 
複数書類を開いた際のタブ表示位置を、マウス操作で簡単に移動することができるようになりました。またタブをダブルクリックするとファイルを閉じることができ、空白のスペースをダブルクリックすると新規書類を作成することもできます。さらに、右クリックメニューをサポートし個々のタブに対してファイル操作を行うことができます。
2.すべてのファイルを保存 
複数のファイルを一度に保存することができるようになりました。タブ表示機能により複数書類を編集している時、開いている書類を一度に保存することができます。
<Witerの新機能> 
◆自動スペルチェック 
◆貼り付け時の知能タブ機能 
◆選手と網掛け設定で、対角線を設定する機能<Spreadsheetsの新機能> ◆ウィンドウの分割機能 
◆テキストのセルに数値が入力された場合のヒントを表示する機能 ◆Mmult、Frequenchy、 Hyperlink、 Mroud、 T、5つの関数が追加設定<Presentationの新機能> 
◆スライドの複製機能
※今回のバージョンアップに関する詳細は、リンクをご参照ください。

■「KINGSOFT Office 2007」 ダウンロード版について
■ダウンロード開始日: 2008年10月1日15:00~
■既存ユーザーの自動アップデート 開始日: 2008年10月7日
■提供方法 : キングソフト・ホームページよりダウンロード  リンク
■価格:【セット購入】 
■Standard Edition(1ユーザー・単価:4,980円)  ワープロ+表計算+プレゼンテーション 
■Personal Edition(1ユーザー・単価:3,480円)  ワープロ+表計算 
■Standard Edition【VBA対応版】          (1ユーザー・単価:5,480円)  ワープロ+表計算+プレゼンテーション:【単品購入】 
■Writer    (1ユーザー・単価:1,980円)  ■Spreadsheets (1ユーザー・単価:1,980円) 
■Presentation (1ユーザー・単価:1,980円)

【 動作環境 】
■対応OS(日本語環境):Windows Vista / XP / 2000 sp4以降
■CPU:PentiumⅢ 500MHz以上
■メモリ:256MB以上(Vistaは1GB以上)
■HD:120MB以上の空き領域
■モニタ:800×640、ハイカラー以上
■その他:自動アップデートにはインターネット接続環境が必要
■KINGOSFT Office2007 Plusパッケージ版について店頭で購入したいとのユーザーニーズにお応えしてパッケージ版での発売もございます。
■販売品名: KINGSOFT Office 2007 Plus
■価格   : オープンプライス
■販売場所: 全国の量販店

■キングソフト株式会社について
キングソフト株式会社は、中国におけるコンシューマー向けソフトウェア企業である金山軟件(香港上場:0388)のジョイントベンチャーとして設立された会社です。金山軟件はセキュリティーソフトとオフィスソフトの両分野において中国でトップクラスのシェアを誇り、インターネットとソフトウェアを融合させた新しいサービスを日本市場で展開しています。  日本における製品展開は、セキュリティーソフトとオフィスソフトの2つのラインから成っており、セキュリティーソフトはすでに150万人以上のユーザーが利用しています。さらに2007年7月「広告付完全無料版」サービス開始後は、より多くのユーザーからの支持を受け、現在では毎月10万人以上の新規ユーザーを獲得しています。また同年2月、マイクロソフトオフィスに対して高い互換性持った「KINGSOFT Office2007」を日本で正式リリースして以降、多くの個人ユーザーをはじめ企業・学校・政府機関等にご利用いただき確実にシェアを伸ばしています。 今後もすべての人々に高品質な製品を、低価格で提供し、インターネットとソフトウェアを融合した最新のサービスを目指して成長して参ります。

関連情報
http://www.kingsoft.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。