logo

RMI、メディア機能搭載PNDリファレンス ソリューション向けのGPS実装を 低コストで実現

RMI、SiGe Semiconductor、及びCSRと協業し、高度に統合されたGPSアプリケーション ソリューションの開発を低コストで実現

通信およびメディア向けの高性能プロセッサのリーディング プロバイダ、RMI Corporation(米国カリフォルニア州クパチーノ、以下「RMI社」)は、同社のパートナー アライアンス メンバーを拡大し、CSR plc(英国ケンブリッジ、ロンドン証券取引所 略号:CSR.L、以下、「CSR」)及び、SiGe Semiconductor(カナダ、オンタリオ州オタワ、以下「SiGe社」)を新規パートナーとして迎え入れました。

RMI社は、CSR及び、SiGe Semiconductorと協力し、同社のmPNDリファレンス ソリューションによって、低コストのGPS実装を実現していきます。mPNDリファレンス ソリューションは、先日アムステルダムで行われたIBC 2008で発表されました。

RMI社のmPNDリファレンス デザインは、同社のAlchemy Au1250及び、Au1210メディア プロセッサをベースとしているので、多機能なポータブル メディア製品を素早く簡単に開発することが可能になります。これらの革新的なRMI Alchemyプロセッサは、既に量産され、メディア機能を搭載した多機能なナビゲーション デバイスに組み込まれており、フルフレームレートの速度での動画再生を実現しながら、トランスコードを要さずにDVD品質の動画とダイナミック オーディオを提供します。

最小コストによるGPS実装
RMI社のmPNDリファレンス デザインは、高価なGPSモジュールの代わりに、最小コストのオプションを採用しています。Au1250メディア プロセッサは、ソフトウェアの複雑なベースバンド機能を実行するための十分な処理ヘッドルームを提供するので、外部ハードウェアが不要になります。RMI社は、最新のパートナー(業界をリードするGPSサプライヤ)と緊密に協力することで、mPNDを使用する開発者の皆様向けに最適なコストのオプションを増やします。

-CSRは、高度に最適化されたソフトウェアGPS(E5000)アプリケーションを提供します。このソフトウェアにはベースバンド機能が組み込まれています。
-SiGe社は、ソフトウェアでのGPS実装用に、GPSラジオ ソリューションとAu1250プロセッサを提供します。

RMI社は、mPNDリファレンス デザインのために、ソフトウェアGPSテクノロジをリードするCSRのE5000ソフトウェア ソリューションを選びました。CSRの実装は、ハードウェアGPSロジックをなくし、RMI Alchemyプロセッサの処理機能を活用することで、低コストのGPS開発を実現します。

CSR社、ロケーション ビジネス ユニット担当VP、Stuart Stricklandのコメント:
「この重要なソリューションでRMI社と協力することができ、とてもうれしく思っています。このソリューションは、メディア ベースの製品でGPSの導入を加速させるでしょう。当社がRMI社のパートナーとなったのは、Au1210およびAu1250プロセッサの性能が優れており、ポータブル コンシューマ製品で広範な新機能や動画機能を実現できるからです」

RMI社は、音声、データ、動画を含む次世代ワイヤレス アプリケーション向けの革新的な高周波(RF)ソリューションのリーダー、SiGe社ともパートナー関係を結びました。Alchemy-BasedMedia Portable Navigation Device(mPNDソリューションを実現するため、SiGe 4120が使用されています。

RMI社、VP兼ゼネラル マネージャー、Mike Wodopian氏のコメント:
「SiGe社のSE4120は、当社の新しいmPNDリファレンス デザインにとって極めて重要なコンポーネントです。SE4120は、ソフトウェア ベースのGPSソリューションの実装において、機能とコストの最適なバランスを提供します」

RMI社は、低コストと高性能という特徴に加えて、PND市場におけるSiGe社の実績も考慮しました。SiGe社は、CSRと長期的な関係を築き、CSRが提供するソフトウェア ベースのE5000 GPSエンジンとの相互運用性を確保しています。Wodopian氏はさらに次のように述べています。「当社は、SiGe社とCSR社の両方と協力することができ、うれしく思っています。これによって、GPS低価格化を実現し、我々3社のお客様に、ビジネスの成功に不可欠なソリューションを提供できるようになります」

特にGPSアプリケーション向けに開発されたSiGe SE4120レシーバICは、低ノイズ アンプ(LNA)、低IFレシーバ、リニア自動ゲイン制御(AGC)、IFフィルタ、イメージ リジェクト ミキサ及び、先進のマルチビットI/Qアナログ デジタル コンバータ(ADC)を統合しています。SE4120レシーバは、開発期間を短縮するだけでなく、ソフトウェアでの信号処理を支援するため、シリアル化されたデータ出力を提供します。

SiGe社、マーケティング担当VP、Alistair Manley氏のコメント:
「mPND市場は極めて有望であり、RMI社とチームを組むことができてうれしく思っています。RMI社は、市場の明確なリーダーとして、コストに敏感なコンシューマ市場で低コストのソリューションを提供しています。当社は、PND市場において、性能面で妥協することなく、GPS機能の実装を最小コストで実現するために、SiGe SE4120 ICを開発しました」

モバイルTVやナビゲーションなどのマルチメディア機能を組み合わせたmPNDは、モバイルTVコンテンツおよびナビゲーション サービス向けの新興市場です。mPND分野のリーダーであるRMI社は、新しいリファレンス デザインにCSR E5000 GPSソフトウェアとSiGe SE4120 GPSレシーバICを統合することで、最小コストのソリューションを実現しました。


<本件に関する問い合せ先>
      
シーエスアール株式会社
深田 学
E-mail:prjp@csr.com

関連情報
http://www.csr.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。