logo

ブロードバンドタワー、仮想ホスティングサービス「FlexQuick」の提供を開始!

株式会社ブロードバンドタワー(本社:東京都港区、代表取締役社長:大和 敏彦、以下ブロードバンドタワー)はIntel Architecture(以下IA)の仮想化技術を用いたマネージドホスティングサービス「FlexQuick」のサービスを2008年10月1日(水)より開始いたします。
 
 今回提供するマネージドホスティングサービス「FlexQuick」は、IAサーバの仮想化サービスで、サーバハードを共用することにより短期間で、しかもリーズナブルな価格で提供が可能です。仮想化技術を導入することで一時的なアクセスの増加が見込まれる場合などでも柔軟な拡張が可能となり、サーバ調達などシステム構築にかかわる工数を大幅に軽減することができます。ご契約ユーザ様は安定したデータ運用に加え、キャンペーン実施時のスケールアップにも十分対応することができます。
 このサービスでは、電源効率と運用管理性の良いハイエンド機器で構成し、仮想化プラットフォームにはOS仮想化ソリューションで実績の高いParallels Virtuozzo Containersを採用しています。
 
 これによって、ブロードバンドタワーのホスティングサービスには、IBMメインフレームを使った仮想化ホスティング「Collective Hosting」、3つのグレードからのサーバ選択が可能な「FlexHosting」、そしてこの「FlexQuick」というラインナップが揃い、お客様の多様な要求に応えます。
 
 国内トップクラスの運用実績を誇るブロードバンドタワーは堅牢性とセキュリティレベルの高さ、さらに都心という優れた立地条件でデータセンターの運営を行い、お客様の大切な情報資産を安定運用してまいりました。今回FlexQuickを提供することで、お客様の利便性のさらなる向上を目指し、目まぐるしく移り変わるネットワークへの要求にスピーディに応えられるよう利用環境を整え、快適なサービスを提供いたします。


・サービス提供開始日:2008年10月1日(水)


■このニュースリリース発表にあたり、パラレルス株式会社様よりご賛同のコメントを頂きました。以下にご案内いたします。
 パラレルス株式会社は、仮想化技術を用いたマネージドホスティングサービス「FlexQuick」の発表を心から歓迎いたします。Parallels Virtuozzo Containersは従来のハードウェア仮想化ソリューションとは異なり、単一のOSのシステムインスタンスを効率性と拡張性に優れた仮想環境もしくは「コンテナ」に動的に分割します。都市型データセンターとして国内トップクラスの運用実績を誇るブロードバンドタワーのiDCサービスと、管理性とパフォーマンスに優れたParallels Virtuozzo Containersの仮想化ソリューションの組み合わせにより、ユーザによる最適化されたデータセンターの利用が一層拡大されることを期待しております。

パラレルス株式会社
代表取締役
土居昌博

■株式会社ブロードバンドタワーについて
 ブロードバンドタワーは、高度な運用技術と信頼性の高いハウジングサービス、インターネット接続サービス、およびホスティングサービスなどのiDCサービスを提供しています。アクセスの良い都心にインターネットデータセンターをはじめとしたネットワークインフラストラクチャー資産を有し、複数のインターネット関連企業から高い信頼を得ています。 また企業向けストレージを展開するアイシロン・システムズの1次販売代理店として幅広くストレージソリューションを提供しております。

■商品名称に関する表示
 記載の会社名、製品名は会社の商標もしくは登録商標です。

■サービスの問合せについて
 株式会社ブロードバンドタワー DC営業本部
 TEL:03-5573-8177 FAX:03-5573-8180 Mail:sales-dept-dc@bbtower.co.jp

■リリースの問合せについて
 株式会社ブロードバンドタワー 
 コーポレートプランニング室 広報IR担当 
 TEL:03-5573-8172 FAX:03-5573-8180 Mail:pr-ir@bbtoewer.co.jp

                                     以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。