logo

調査結果「カップ麺の選択ポイント、女性は『味』6割、男性は『価格』3割弱 」

カップ麺をよく食べるのは「昼食」が最も多く半数近く。以下「夜食」が2割
弱、「間食」が1割半、「夕食」が1割強。購入するカップ麺を選ぶ際最も重
視するポイントは、女性では「味」が6割を占め「価格」は2割ほどだが、男
性は「味」が5割強、「価格」が3割弱と価格の比重も高かった。自分だけの
カップ麺の食べ方を自由回答形式で聞いたところ、野菜などをトッピングし
たりスープを調味したりする一方、お湯の代わりにハーブティーを注ぐといっ
た珍しいアイデアを披露する人もおり、食べる人なりの強いこだわりが垣間
見えた。

<調査概要>
お湯を注いで数分で食べられる手軽な国民食、カップ麺。年々新商品が発売
され、バラエティも驚くほど豊かになったが、一般の食生活にどの程度浸透
しているだろうか。20代から40代を中心とするネットユーザー男女464人の回
答を集計した。

「カップ麺を最もよく食べるのはいつか」聞いたところ「昼食」が47.4%で
最も多く、「夜食」が17.5%、「間食」が14.7%、「夕食」は12.5%で「朝
食」はほとんどなし。男女別に見ると、男性は「昼食」派が41.7%だった一
方で「夜食」派も24.4%いたが、女性は「昼食」派が54.3%で他は1割台。年
代別に見ると、「昼食」と答えた人の割合が20代で39.4%、30代が49.1%、
40代では50.4%と、年代が上がるに従って増えた一方、「夕食」は20代が
21.2%、30代が13.6%、40代では9.2%と減少。独身・既婚者の別、あるいは
健康に対する意識の違いなど、考えられる要因はさまざまありそうだが、大
きな違いが見られた点は興味深い。

「カップ麺を食べたことがない」人を除く446名に、カップ麺を購入する上で
最も重視する点を答えてもらったところ、「味」がトップで56.1%だったが、
2位の「価格」は23.8%止まり。男女別に見ると「味」は男性が52.4%、女性
では60.5%で、女性の方が重視。一方、「価格」は男性が27.2%、女性が
19.5%で、男性の方が気にしているようだ。その他「カロリー」は女性で8%
だが、男性は2%で全体では4.7%、「量」も3.8%と少数派だった。ちなみに
カップ麺を購入する場所については「スーパー」が59.6%で、続く「コンビ
ニ」の30.5%の倍。以下、「100円ショップ」が4.3%、「薬局(ドラッグス
トア)」が2.9%だった。

自分だけのちょっと変わったカップ麺の食べ方を自由回答形式で答えてもらっ
たところ、卵やねぎ、もやしといった野菜などの「トッピング」派をはじめ、
お湯を注いで出来上がるまでの時間を調整し、好みの固さに仕上げる「麺こ
だわり」派、出来上がったカップ麺にこしょうやごま油をはじめ、牛乳やレ
トルトカレーなどを加えて好みの味を作り出す「スープ調味」派など、さま
ざまなアイデアが寄せられた。中には残ったスープにご飯を入れて雑炊風に
したり、生麺の「替え玉」を投入したりして2度味わう人や、「水の代わりに
ハーブティを沸かして入れる」という一風変わった楽しみ方を披露した人も
いて、食べる人の強いこだわりが見られた。

<調査データ>
カップ麺を購入する時、何を基準に選んでいますか?(n=446)
      全体  男性  女性  20代  30代  40代  その他
味    56.1% 52.4% 60.5% 51.6% 59.1% 52.8%  57.1%
価格   23.8% 27.2% 19.5% 28.1% 22.3% 24.0%  23.8%


※小数点第二位以下四捨五入

・カップ麺はいつ食べますか?
・カップ麺はどこで買うことが多いですか?
など

※男女別、年代別に集計

詳しくはWEBをご確認下さい。

<調査概要>
有効回答数:464名
調査日2008年8月29日~9月1日
男女比:男性:54.7% 女性:45.3%
年代比:20代:14.2% 30代:47.4% 40代:28.2% その他:10.1%

 ────────────────────────────────
 「カップ麺に関する意識調査」

 ◆詳細はURLからご利用下さい.画像などはご自由にご利用下さい。
  リンク
  アイシェアのリサーチ情報公開サイト「rTYPE」
 ────────────────────────────────
■リリースについてのご連絡先
 株式会社アイシェア
 広報担当:佐藤みつひろ/いげた祐樹/白川翔一
 TEL:03-6661-1944  FAX:011-640-4775
 e-MAIL:info<@>ishare1.com URL: リンク
 ※<@>を@として下さいませ。

■会社概要/事業内容
 株式会社アイシェア
 ・インターネットリサーチ
 ・メール転送サービス
 ・ブログメディアサービス
 ・携帯コンテンツの運営

 詳しくは下記ホームページをご参照下さい。
 URL: リンク

 当リリースに含まれる素材(ページ)はご自由にご掲載下さいませ。
────────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事