logo

目の前で説明を受けているような説明型動画プロモーションサービス 『oops!』を正式リリース。「サイボウズ Office 7」でも利用!初期費用48,000円~。

レイディーバグ、目の前で説明を受けているような説明型動画プロモーションサービス 『oops!』を正式リリース。

インターネットコンサルティング・ソリューション販売を手掛ける株式会社レイディーバグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:平世 将夫・松岡 達也、以下レイディーバグ) は、動画プロモーションサービス『oops!』(ウップス)のサービスをリリースすることを発表いたします。

これまでは、サイボウズ株式会社(東証一部上場)を始めとした数社のみに提供いたしておりましたが、多くの企業からご要望を頂いたことから、本日より正式にサービスリリースすることに致しました。

 『oops!』は、映像と資料スライドを連動させた動画プロモーションサービスです。これまで文字だけでは説明が難しかった複雑なサービス内容やシステムデモンストレーションを解りやすく動画で伝えることで、Webサイトの収益力向上を図ります。

 レイディーバグは、資料作成代行から動画撮影に至るまで一通りの業務を行うことで、導入企業のプロモーション活動を支援いたします。また、メニューごとにアクセスログを取得することができるため、資料スライド修正やコンバージョンアップの施策にも活かせます。

『oops!』は、徹底的なコストカットにより、通常100万円前後の動画製作市場で初期費用48,000円~、月額費用19,800円~という低価格でサービスを提供致します。


■『oops!』が生まれた背景
近年YouTubeやニコニコ動画などの動画サービスの普及に伴い、インターネット上での動画閲覧が一般化してきております。そのような時代の流れに伴い、企業のHP上で、サービス紹介や採用、IR活動にWEB動画を活用する光景が頻繁に見られるようになってきております。

ただ、一般的に動画サービスは100万円前後の高価格のものが多く、動画の導入に対して足踏みを強いられている状況もございますが、レイディーバグでは、初期費用48,000円からという、低価格で動画を始めてみたいという企業のニーズにお応えするために、一定のクオリティを確保した上で、訴求力がある説明型動画『oops!』の提供をスタートすることに致しました。


『oops!』の概要は以下のとおりです。

【説明型動画プロモーションサービス】
ホームページ上で動画による営業プロモーションが行えます。

■oops! (ウップス)リンク
正式名称(日本語表記):oops!(ウップス)
2008年8月より提供を開始する説明型動画プロモーションサービス。ホームページ上で自社サービスの内容やシステムデモンストレーションを行え、営業コストの軽減や問い合わせ率のアップ、営業エリアの拡大が図れます。

■活用シーン
製品紹介、会社説明、セミナー(IR)配信、代理店様用営業デモ
事例紹介、社内研修(教育)、商品マニュアル、FAQ等

【株式会社レイディーバグ 会社概要】
会社名:株式会社レイディーバグリンク
本社:東京都渋谷区宇田川町36-22 ノア渋谷パート2 8F
資本金:1,000万円
事業内容:インターネットコンサルティング/インターネットソリューション販売


****本報道資料に関するお問い合わせ先****
株式会社レイディーバグ 担当:松岡
TEL:03-6807-1923  E-mail:press@tentoumushi.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

『oops!』イメージ画像

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事