logo

アイログ、グリーンロジスティクスを実現するサプライチェーン・アプリケーション、ILOG LogicNet Plus 6.0 XEを提供開始

サプライチェーン・ネットワークにおけるコスト、サービスレベル、
環境対応を配慮した、最適な計画立案を実現するパッケージソフト

ビジネス・ルール管理、最適化、可視化技術、サプライチェーン・
アプリケーションで企業の迅速な意思決定を支援するアイログ株式会社
(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:ブンタラ・イング、以下 アイログ)
は本日、ILOG LogicNet Plus(R) 6.0 XEを新たに提供開始することを
発表しました。ILOG LogicNet Plus XEはアイログが2007年に買収した
米LogicTools社の主力製品で、工場、倉庫、配送ラインの最適な数・場所・
規模・管轄地域などを判断し、またプロダクション・ソーシング*を行うことで、
ユーザ企業の戦略的サプライチェーン・ネットワークの計画立案を支援
します。最新版で国内初提供となるILOG LogicNet Plus(R) 6.0 XEは、
サプライチェーンにおける二酸化炭素排出量を算出し、それとコスト、
配送、サービスレベル間でのシミュレーションを可能にする機能を備えて
います。このため、二酸化炭素の削減対策や原油高騰下におけるコスト
削減対策を喫緊の課題とする製造、物流、流通・小売業界を主な販売
対象とします。ILOG LogicNet Plus 6.0 XEは本日より提供開始、
アイログの国内代理店を通じて販売されます。
(製品ライセンスは1,800万円から(税別))
*プロダクション・ソーシング:どの製品をどの工場で生産するかを
 決定すること

<背 景>
環境意識が世界的に高まる中、多くの国々で法や政府機関による規制が
強化されています。二酸化炭素排出規制や排出権取引が実施されるよう
になり、企業は二酸化炭素排出量の削減を強く意識するようになりました。
さらにサプライチェーン業界では、昨今の急激な原油・ガソリンの高騰が
企業の経営を圧迫しており、特に輸送コストの削減が急務となっています。
このような情勢を受け、サプライチェーン・ネットワークの計画立案の際に、
コストと同時に環境への影響も把握可能なソリューションが求められています。

<ILOG LogicNet Plus XE‐サプライチェーンのトレードオフを分析し
最適なネットワーク計画立案を実現>
ILOG LogicNet Plus XEは米LogicTools社によって開発され、過去10年以上
にわたって世界250社以上のユーザ企業の複雑なサプライチェーン・ネット
ワークの計画立案を支援してきました。現在はアイログの一部門として、
引き続き製品開発が行われています。ILOG LogicNet Plus XEにはアイログ
の最適化技術が組み込まれており、その品質の高い解をベースに、生産、
倉庫管理、輸送活動それぞれにかかるコストとサービス・ニーズ間のトレード
オフを分析することができます。また、コスト目標とサービス目標設定を様々
に変化させ、最適なサプライチェーン・ネットワーク計画のためのシミュレー
ションを行うことができます。

<最新のグリーンロジスティクス・モジュールで、環境に配慮した意思決定を
可能に>
最新版のILOG LogicNet Plus 6.0 XEは、上記にグリーンロジスティクス・
モジュールが追加され、環境に配慮した意思決定を可能にします。サプライ
チェーンのネットワーク構成や輸送戦略を様々にシミュレーションする際の
二酸化炭素排出量を試算することができ、この結果、コスト、サービスレベル、
環境を配慮した最適な意思決定を支援します。具体的には以下の機能が
備わっています。

* 二酸化炭素排出量換算リソース・データ:
工場、倉庫および輸送形態などから排出される二酸化炭素排出量を把握
できるリソース・データが搭載されています。これによりユーザ企業は、自社の
二酸化炭素排出量を査定することができます。このような査定は、企業が
法規制における上限超過を防止し、排出権取引で利益を生み出し、環境問題
対応における企業目標達成を目指すために、非常に重要となります。

* 環境対応もトレードオフの対象としたレポート作成機能:
サプライチェーン構成を様々にシミュレーションする際の、二酸化炭素排出量
レベルを算定できる機能です。このレポートには、二酸化炭素排出量と各種
サプライチェーン活動との関係がユーザ・フレンドリなGUIで表示されます。
この機能によって、コストとサービスレベル間のトレードオフのみならず、
環境対応に関するトレードオフも評価に加えることができるようになりました。
この結果、ユーザ企業は、より環境に配慮した意思決定を行ったり、また、
二酸化炭素排出量の明細報告を求める京都議定書のような法規制を遵守
したりすることが容易になります。

* 排出量上限の設定機能:
サプライチェーンにおける二酸化炭素排出量の上限を設定できる機能です。
ユーザ企業が上限として設定した排出量は、トレードオフ評価の際に必ず
守らなければならない制約条件となります。これによってユーザ企業は、
排出量の指定制限を超えない、低コストなソリューションを選択することが
可能になります。また例えば、サプライチェーン・ネットワーク計画立案の際
に、京都議定書に代表される政府規制による二酸化炭素排出量制限を
守ることが容易になります。

<その他の特長>
その他、ILOG LogicNet Plus 6.0 XEの特長は以下の通りです。
* サプライチェーン・ネットワーク計画立案のためのオールインパッケージ
* 現行のERP(エンタープライズ・リソース・プランニング)やMRP(マテリアル・
リソース・プランニング)を補完・強化し、既存の資産を有効活用
* ILOG CPLEX最適化技術を採用
(ILOG LogicNet Plus 6.0 XEにはILOG CPLEX(R) 11を統合)
* フレキシブルな地図作成機能と高度なレポート作成機能
* 直感的なユーザ・インタフェース
* Microsoft ExcelならびにAccessに容易にデータ統合可能

アイログでは、新たにILOG LogicNet Plus 6.0 XEを同社のサプライチェーン・
アプリケーション事業の中核に置き、環境対応とサプライチェーンの全体
最適化を急務とする日本の製造、物流、流通・小売業界の企業を支援して
いきます。


≪概 要≫
●名 称:ILOG LogicNet Plus 6.0 XE(アイログ・ロジックネット・プラス6.0
XE)
●発売日:2008年7月17日
●販売方法:アイログ株式会社の国内販売代理店を通じた間接販売
●動作環境:Microsoft Windows(R) 2000 Professional / XP Professional /
2003 Server
●製品ライセンス:1,800万円~(税別)
●初年度販売目標:5社


アイログのサプライチェーン・アプリケーションについて
アイログのサプライチェーン・アプリケーションは、最適化におけるアイログ
の20年にわたるリーダーシップと、LogicToolsのサプライチェーン顧客、技術、
ソート・リーダーシップが結実した製品群です。現在250社以上の顧客が
LogicToolsのサプライチェーン・アプリケーション製品を利用しており、
サプライチェーン・ネットワーク計画立案、プロダクション・ソーシング、
在庫最適化、輸送計画、生産計画とスケジューリングに活用しています。
アイログのLogicTools部門の前身である米LogicTools社は、MIT(マサチュー
セッツ工科大学)のエンジニアリング・システム教授であるデイビッド・
スミチレビ (David Simchi-Levi) により1995年に設立されました。アイログは
2007年のLogicTools社の買収によりその製品を傘下に収め、現在は現行
のERPシステムを補完・強化する各種のサプライチェーン・ソリューションを
提供しています。これらはロジスティクス・ネットワーク、生産、輸送戦略の
最適化を始めとし、安全在庫レベルの設定、高度な生産計画と詳細スケ
ジューリングによる工場運営の改善にまで幅広く活用され、より優れた、
迅速な意思決定を支援しています。

こうした状況下、アイログは昨今、業界からの注目を集めており、米製造業
向け業界誌START-IT誌から「2008年の最も注目すべき企業」として、
また米Inbound Logistics誌と米Food Logistics誌からそれぞれ「トップ・
ロジスティクス・テクノロジ・プロバイダ」として評価されました。また、
米Manufacturing Business Technology(MBT)は「製造/サプライチェーン
両業界におけるIT革新性」においてアイログに賞を授与し、さらに
米Global Logistics & Supply Chain Strategies誌は「優れたサプライ
チェーンパートナー 100 社」にリストしました。

アイログ(ILOG(R))株式会社について
アイログ社は、お客様がより迅速な意思決定を行い、変更および複雑度を
管理するためのソフトウェアおよびサービスを提供しています。全世界で
3,000社を超える企業や465社を超えるソフトウェア・ベンダが、市場をリード
するアイログのBRMS(ビジネス・ルール管理システム)、サプライチェーン・
アプリケーション、最適化ならびに可視化のソフトウェア・コンポーネントの
活用により飛躍的な投資効率を達成し、市場を席巻する製品やサービスを
立ち上げ、また、その競争力を強めています。アイログ社は1987年に設立
され、全世界に850名以上の社員を有しています。アイログ株式会社は
アイログ社の日本法人です。詳細についてはwww.ilog.co.jpをご覧ください。

以上

* ILOG。ILOG LogigNet Plus 6.0 XE、LogicTools はILOG社の登録商標です。
他の全ての社名および商品名はそれぞれを所有する各社の商標または
登録商標です。

関連情報
http://www.ilog.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。