logo

台湾Advantech、 Intel(R) EP80579 搭載1Uサイズネットワークアプライアンス「FWA-3240」発売

台湾Advantech (KC Liu:CEO)は、米Intel Corpの産業用途の機器に向けのに新たに開発したSoC(System-On-a-Chip) Intel(R)EP80579を用いた1Uサイズネットワ-クアプライアンスプラットフォーム「FWA-3240」を開発、2008年内の発売を計画をします。
■ 概要
FWA-3240は、既存の製品と比較して優れた性能と省電力性を提供します。SoCにより、
PentiumMベースのプロセッサコア, メモリコントローラハブ(MCH), I/Oコントローラ・ハブ(ICH)の
PCアークテクチャの主要部分と、セキュリティやパケット処理アクセラレータ機能の利用や実装を容易にする
QuickAssistテクノロジーを1チップで実現しています。
4ポートのGigabit Ethernet ポートをもち、DDR2メモリ最大2GBの搭載が可能です。
OSはCompactFlashから起動を行い、データログ用として2.5インチシリアルATA HDD 1台の搭載が可能です。
さらに、RS-232 シリアルポートや前面のLCDモジュールからシステムメンテナンスが可能です。

■ エコシステム
台湾Advantechの最高技術責任者(CTO)、Jeff Chenは「まったく新しいこのIntelEP80579プラットホームは、
ネットワークセキュリティアプライアンス業界に新たな分野を切り開くものである」と述べております。
つまり、IPSecや暗号化などの重要な機能が1つのSoCにて実現し、その結果TCO削減やROIの向上
につながるからです。

Advantechがこの分野での数多くの技術革新を世界で実現するにあたり、また、世界中で信頼される
ePlatform Services のブランドとしての地位を確立するためにも、エコシステムパートナーは重要です。
そこで、Advantech Europeでは「FWA-3240」ローンチに先立ち、
Intel, WIND RIVER および SafeNetとともに「One System, One Chip!」と題し、
2008年9月10日からヨーロッパ各地(ドイツ, フランス, ノルウェー, イギリス)
にてカンファレンスを行います。

※ 本リリースは台湾AdvantechおよびAdvantech Europeが発表したニュースリリースを
  一部日本語化したものです。日本国内でのFWA-3240のリリースは未定です。
■ 各種リンク
 製品ページ(データシート等のダウンロードが可能です):
 リンク
 カンファレンスに関するページ(英文):
 リンク
■ 連絡先
アドバンテック株式会社 
〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2丁目5番5号
      岩波書店一ツ橋ビル12階
TEL:0800-500-1055(フリーコール)
URL:リンク
E-mail:ajp_sales@advantech.com 
専用お問い合わせフォームはこちら
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。