logo

株式会社gumi、株式会社クリエイティブクラス、gumiプラットフォームにおいて「ROOKIES 1日メーカー」をリリース

7例目のサードパーティ・アプリケーションへ

ユーザーが自分の名前を入力するだけで、仮想の一日デートプランをFlashで生成された円グラフで表示

株式会社gumi(東京都目黒区、代表:国光宏尚)と株式会社クリエイティブクラス(東京都中央区、代表:勝城嗣順)は2008年9月2日、携帯SNS&エンタメナビ「gumi」において、「gumiプラットフォーム」上で動作するアプリケーション「ROOKIES 1日メーカー」(以下、本アプリ)をリリースした。サードパーティ製のアプリケーションではこれが7例目となる。

「ROOKIES」(佐藤隆太、市原隼人、小出恵介、吹石一恵、伊武雅刀らが出演)とは、今年春にTBSで放送されたテレビドラマ。放送終了後も人気が衰えず、秋にはスペシャルドラマの放送、2009年春には映画化が決定。

本アプリは、クリエイティブクラス社のコンテンツ「私の1日メーカー」の仕組みをそのまま応用しgumiプラットフォーム上で実装したもの。ユーザーは自分の名前を入力するだけで、ROOKIESの登場人物との仮想の一日デートプランをFlashで生成された円グラフで楽しむことができる。なお、結果を生成するアルゴリズムにはユーザーAPI他、日時が参照されるので、結果は毎日変化する。

ソーシャルな機能として、ユーザーは結果ページから他のROOKIESファンの一日デートプランやgumiプロフィールを閲覧でき、ファン同士交流できる他、本アプリを利用した更新情報(フィード)が自分の友達リストに入っているユーザー全員に共有され、バイラル性を持った広がりが持てる。

今後は動画、音楽、ゲーム、占い、診断、デコメなど、若年モバイルユーザー層にマッチするサードパーティー製アプリケーションを中心に、年内500アプリケーションを投入予定。サードパーティは(リンク)よりデベロッパー登録が可能。

-----------------------------------------
≪プレスリリースに関するお問い合わせ≫
株式会社gumi 広報担当迄
東京都港区麻布十番1-3-2 3F 
TEL:03-5468-7178/FAX:03-3586-4329/E-mail:info@gu3.jp

このプレスリリースの付帯情報

「ROOKIES 1日メーカー」ページイメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

【「私の1日メーカー」とは】
入力された「名前」を元にランダムに一日の行動表を円グラフにして表示するツール。主にmixi等のSNSやブログの口コミで広く話題になり、テレビ番組でも「今話題の○○メーカー」として紹介されるなど、高い注目が集まっているジェネレーター系ツール。開設からわずか1か月で10万人以上が利用。

【株式会社クリエイティブクラス】
2008年1月設立。携帯電話の便利アプリ&面白サービスを提供しているWEBサイト「さくさくワールド(リンク)」を運営。代表的なサービスに、携帯電話上での高速画像スライドショーを実現した「さくさく4コマ画像ワールド(リンク)」、高速・快適動作のニュースリーダー、「さくさくニュース(リンク)」、シンプルで熱くなるWEBゲーム「さくさくモンスターバトル(リンク)」などがある。

【gumiプラットフォームとは】
元来、携帯電話上ではJavaScriptが使用できないが、gumiプラットフォーム上では、RESTful APIを使用することにより、OpenSocialに準拠したアプリケーションの実装が可能。また、gumi上のユーザー情報のAPIは公開されており、従来よりも簡単にソーシャル・アプリケーションを作成することができる。

またホスティング環境としてGoogle App Engineが利用可能。必要に応じて開発者自身のサーバーでアプリケーションをホストすることもできる。

また、アプリケーションの運用における自由度は高く、例えばアプリケーションから自社サイトへのリンクを設置したり、広告を設置することも可能。

※OpenSocialは、Google, Inc.が提唱し、MySpace, Friendster, Oracle, Six Apartなどが支持を表明しているSNS向けAPIの共通規格。

【gumiプラットフォーム仕様】
「gumiプラットフォーム」開発者向けサポートページ
リンク

【携帯SNS&エンタメナビ「gumi」】
「gumi」は、テレビ、スポーツ等のエンターテインメントコンテンツを中心に、ユーザー同士がコミュニケーションする携帯電話特化のSNSである。2007年6月サービス開始。2008年8月に日本初のモバイルインターネットプラットフォーム「gumiプラットフォーム」を開発。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。