logo

SL:Research第8回アンケート「セカンドライフユーザーのリンデンドル利用状況調査」結果のお知らせ(モバイルファクトリー)

株式会社モバイルファクトリー(本社:東京都品川区 代表取締役 宮嶌裕二)は、
仮想世界「Second Life(以下、セカンドライフ)」内で、
セカンドライフユーザーの動向、趣向をセカンドライフ内で調査するサービス
「SL:Research」で「セカンドライフユーザーのL$(リンデンドル)利用状況調査」を
実施しました。
「SL:Research」とはセカンドライフ内の弊社SIM(※)にある施設

リンク)にて、アンケートを取り、
ユーザーに答えて頂いた回答結果を企業・メディアへ提供するするサービスです。
(※)L$(リンデンドル:セカンドライフ内における通貨単位)
(※)SIM(simulationの略 セカンドライフでの土地の単位 256メートル×256メートル)

■アンケート結果 総括
今回の調査では、セカンドライフ内における仮想通貨
「L$(リンデンドル)以下、L$」の利用状況について調査を実施いたしました。
「1ヶ月に使う平均L$は?」という設問については、
「~100L$」が最も多く、58%の回答数という結果になりました。
しかしながら、「1001 L$~」と回答したユーザーも10%にのぼり
2番目に回答数が多かった「101~300 L$」(12%)の回答数と
ほぼ同等となっており、利用金額が2極化している傾向がみられます。

「現金(日本円)でL$が買えたら購入するか?」という設問については、
「少額なら購入する」(32%)、「購入する」(24%)と回答したユーザーを合わせると
50%を超える回答者数となり、「購入しない」(22%)と回答したユーザーを
大きく上回る結果となりました。

L$の入手方法に関しては、「L$はどんな方法で得ていますか?」という設問に
「キャンプ」と回答したユーザーが54%と半数以上の回答数となりました。
同様に「欲しいオブジェクトが買えない時のL$の入手方法」についても「キャンプ」50%となり、
ユーザーの多くは、「キャンプ」でL$を入手しているという結果になりました。

■調査概要
調査対象:日本語でのアンケートに回答可能なセカンドライフユーザー
調査期間:2008年1月17日~2008年2月20日(4週間)
アンケート方法:セカンドライフ内モバイルファクトリー施設での選択式アンケート
有効回答数:544名
回答者の属性:
【男女比】男性50% 女性:50%
【年代別比率】20代以下:33% 30代:46% 40代:17% 50代:4% 60代以上:0%

■調査結果 データ編 (5項目:全15項目中)

1、1ヶ月に使う平均L$は?「~100L$」(58%)
1ヶ月に使う平均L$は「~100 L$」が58%と6割近い回答数となり、
次いで「101~300L$」(12%)、「1001 L$~」(10%)という結果となりました。


2、1ヶ月に稼ぐ平均L$は?「~100 L$」(60%)
1ヶ月に使う平均L$は「~100 L$」が60%となり、次いで「101~300L$」(11%)、
「1001 L$~」(10%)という結果となりました。
この結果は、設問1の各回答数と近似しており、
1ヶ月に使用するL$と稼ぐ平均L$が同等である傾向がみえます。


3、現金(日本円)でL$が買えたら購入するか?「少額なら購入する」(31%)
「現金(日本円)でL$が買えたら購入するか?」という設問に対して「少額なら購入する」(31%)
「購入する」(24%)と回答したユーザーが半数を超える結果となりました。
それに対し「購入しない」(22%)と答えたユーザーは、22%となり、
購入を希望するユーザーの半数以下となる結果となりました。


4、L$はどんな方法で得ていますか?「キャンプ」(54%)
L$を入手する方法としては、「キャンプ」が最も多く、
半数を超える回答数となる結果になりました。
次いで「得た事がない」(12%)「クレジット」(8%)という回答となり、
L$を入手しているユーザーの多くは、「キャンプ」で入手していることがわかります。


5、欲しいオブジェクトが買えない時のL$の入手方法は「キャンプ」(50%)
欲しいオブジェクトが買えない時のL$の入手方法は、「キャンプ」(50%)が最も多く、
25%のユーザーについては「L$を購入する」という結果になりました。


尚、本調査は、セカンドライフ内の全般的な調査となっております。
あくまでも指標となるものですので、参考データとしてご活用下さい。
業種や取り扱っている商品、またユーザーの属性によっても調査結果は大きく異なると考えられます。
セカンドライフ内のより詳細な業界動向や、ターゲット層に合わせたリサーチにご興味をお持ちの方は、
SL:Researchをご活用ください。

サンプル数  :第8回544人※有効回答数
調査期間   :2008年1月17日~2008年2月20日(4週間)
調査方法   :セカンドライフ内選択式アンケート
調査機関   :株式会社モバイルファクトリー
対象者    :日本語でのアンケートに回答可能なセカンドライフユーザー
       

アンケート回収データ・クロス集計サービス・レポートは有料にてご購入いただけます。
調査や有料サービスをご検討の方はお気軽にお問合せください。
問合せ先:株式会社モバイルファクトリーSecond Buzzサイトよりお問合せください。 


【会社概要】
●社名:株式会社モバイルファクトリー リンク  
●設立年月日:2001年10月1日
●本社所在地:東京都品川区西五反田8-1-5 五反田光和ビル8F
●代表者:宮嶌 裕二
●資本金:2億2,450万円
●事業内容:・CGMサービス運営・企画・開発       ・着メロASPサービス
・モバイル広告メディア運営・企画・開発 ・モバイルビジネスコンサルティング
・モバイル公式サイト運営・開発       ・モバイルシステム開発
・着うた・メロ楽曲/システムOEM  
●従業員数:56名

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事