logo

景気低迷にもかかわらず、モバイル設備投資は1310億ドル以上に

米国の調査会社ABIリサーチ社は、世界のモバイル通信の設備投資は2013年に1635億ドルに達するだろうと報告する。

シンガポール、2008年7月7日
世界のモバイル通信に対する設備投資は、データサービスの新しい事業の強化、トラフィック量の増加、4G導入に向けた準備等の要因で増加し続けている。2008年は米国経済の見通しが不透明なため、北米の設備投資は横ばいだろうとABIリサーチは予測する。その他の地域では、2Gや3Gの新たな導入や拡大、オールIPサービスディスカバリープラットフォームのアップグレート、ソフトスイッチの統合コアシステム、4Gに向けた設備投資が増えるだろう。2007年の設備投資は1310億ドル以上だったが、2013年には1635億ドルに達するだろうとABIリサーチは報告している。

設備額が最も多いと推測されるのはアジア太平洋地域と北米だと調査アナリストHwai Lin Khor氏は言う。「アジア地域では、現在の2Gネットワークの拡大と、新たな3Gサービスによって、モバイル投資は促進するだろう。アジア太平洋地域では、大半の国々が3Gライセンスをまだ発行していない。日本、韓国、台湾、香港等の成熟市場では、サービス配信プラットフォーム、4G基地局、関連コンポーネント、IMS、屋内無線システムに投資するだろう。北米では、WCDMAの3GからHSDPA/HSPAへのアップグレード、CDMAのEVDO Rev A、モバイルWiMAX関連事業が設備投資の主な促進要因となる。」

最近の設備投資は依然として音声サービスや2Gネットワークの拡大が目的だが、それは近年加入者が増加した新興市場では、ユーザーが非常にシンプルな音声電話やメッセージサービスに満足しているためである。一方で、より広帯域のデータサービスで必要となる機能をサポートするため、初期投資が必要だという認識も高まっている。EDGE、3G、そしてその先にある4G導入の増加によって、データサービスと各技術への設備投資が増加するだろう。

「4Gサービスが始まる2009年には、データサービスの設備投資は音声を上回るだろう」とHwai Lin Khor氏は言う。「2013年、設備投資の占有率は音声が28%、データが67%、モバイルTVが5%になるだろう。」

ABIリサーチの調査レポート「モバイルオペレータ設備投資分析:地域、ネットワークコンポーネント、サービス、モバイル技術のCAPEXの過去と予測」は、世界のモバイルオペレータの設備投資に影響を与えている最新動向を明示している。地域、モバイル技術、モバイルサービス、ネットワークインフラコンポーネントをベースに、2003年から2013年までの設備投資のデータを提供している。この調査レポートは、「モバイルネットワーク年間リサーチサービス」と「消費者向けモビリティ年間リサーチサービス」の一環である。

◆調査レポート
モバイルオペレータ設備投資分析:地域、ネットワークコンポーネント、サービス、モバイル技術のCAPEXの過去と予測 リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事