logo

スターティア株式会社(マザーズ3393)ネットワーク機器レンタルサービスに新機種。大規模ネットワーク用の機器を従来の半額で提供

ネットワーク機器レンタルサービスに上位機種のファイアウォールを追加 大規模ネットワーク用の機器を従来の半額で提供

スターティア株式会社(東京都新宿区 代表取締役社長 兼 最高経営責任者 本郷秀之 証券コード3393 以下スターティア)は、同社が提供を行っているネットワーク通信機器レンタルサービス『Digit@link(デジタリンク) マネージドゲートウェイ』(以下 マネージドゲートウェイ) に、大規模ネットワーク対応のファイアウォール機器Juniper Networks SSG350Mのレンタルを7月より開始いたしました。

平成20年7月2日
スターティア株式会社
代表取締役社長 兼 最高責任者 本郷 秀之
(コード番号 3393 東証マザーズ)

【ニュースリリース】
====================================================================
ネットワーク機器レンタルサービスに上位機種のファイアウォールを追加
大規模ネットワーク用の機器を従来の半額で提供
====================================================================

 スターティア株式会社(東京都新宿区 代表取締役社長 兼 最高経営責任者 本郷秀之 証券コード3393 以下スターティア)は、同社が提供を行っているネットワーク通信機器レンタルサービス『Digit@link(デジタリンク) マネージドゲートウェイ』(以下 マネージドゲートウェイ) に、大規模ネットワーク対応のファイアウォール機器Juniper Networks SSG350Mのレンタルを7月より開始いたしました。
 今回提供を開始したJuniper Networks SSG350Mは、ファイアウォールスループット500MB(IMIX)、IP-SEC VPNスループット225MBという高いスループット性能を持ち、これまでマネージドゲートウェイでは対応しきれなかった多数の拠点を持つ企業やデーターセンターを利用しているユーザーなどでも利用が可能となります。またネットワーク機器のレンタルサービスを提供する企業の多くが、他の商品に付随する形で販売することが多くありましたが、スターティアではネットワークインテグレータとしての実績、経験を元に大幅に作業工数を削減することで、従来の半額に近い価格を実現する事ができました。
 もともとネットワーク機器のレンタルサービスは、システム専任の担当者がいない中小企業をターゲットにしたラインナップを行っておりましたが、中規模企業からもレンタルの要望が増えてきたこともあり、本機種の提供を取り扱うこととなりました。
 中規模企業からの要望が増えてきた点について、昨今のIT関連技術の加速的な成長により、情報システム担当者の業務量が増加傾向にあり、保守等をすべて外部に委託できるレンタルサービス特有のメリットが受け入れられているとスターティアでは考えております。
 スターティアでは今後もマルチベンダーの特性を活かし、特定の機器だけに捕らわれることなく、顧客からの要望に合わせ、専任の情報システム担当がいない中小企業が、より安心してネットワークを任せられるようなサービスを拡充していく予定です。

■関連URL:リンク

■対象製品 Juniper Networks SSG350M

■提供価格
(1)初期費用 100,000円(事務契約料金)
※税別価格。ネットワークの構成、構築内容によって別途費用がかかる場合があります。
(2)月額費用
SSG350Mレンタル料金
2年レンタル月額64,000円(税別)
3年レンタル月額49,000円(税別)
※月額料金に含まれるもの(機器本体、保守、ping監視、機器障害時メール連絡)

【スターティア株式会社の概要】
東京都新宿区に拠点を置く、通信機器販売会社。オフィスのインフラを総合的に提案するワンストップシステムを採用し、中小企業のオフィスをトータルプロデュースする。2005年12月東証マザーズ上場。

■『Digit@link(デジタリンク) マネージドゲートウェイ』に関するお問い合わせ
スターティア株式会社
経営戦略室 『Digit@link(デジタリンク) マネージドゲートウェイ』担当
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-14-11 日廣ビル2 階
Tel 03-5339-2240 FAX 03-5339-2104
e-mail:info@startia.co.jp URL:リンク
以 上

このプレスリリースの付帯情報

SSG350M

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

■用語解説
【『Digit@link(デジタリンク) マネージドゲートウェイ』】
スターティア株式会社が提供を行うネットワーク通信機器のレンタルサービス。
2年または3年契約を選択し、契約年数満了後は1年毎に契約更新可能。
オプションでファイアウォール機器(SSG5、SSG140)のUTM化※が可能。
初期費用50,000円、月額費用は3年契約で7,900円から(月額料金には機器本体、保守、ping監視、機器障害時メール連絡を含む。)
※アンチウィルス、アンチスパム、WEBフィルタリングなど複数のセキュリティ機能の統合化

【IMIX】
Juniper Networks社がInternet Mixと呼ぶトラフィックに基づくもので、パケット長がさまざまなトラフィックを混合してリアルな運用状況を再現した性能値。一般的にファイアーウォール等で処理しやすいロングパケットのみで数値を公表する例が多いが、IMIXの表記によってより実際の利用時の速度に近い形で機種選定が可能となる。

【ネットワークインテグレータ】
ネットワーク構築を企画、構築、運用、保守・管理までをワンストップで行う企業のこと。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。