logo

クウジットの位置情報が『Skype』のコミュニケーションと融合 『おともだちレーダー PlaceEngine for Skype』の提供を開始

クウジット株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長: 末吉隆彦、以下クウジット)は、無線LAN(Wi-Fi)電波で位置を推定するロケーションウェア 「PlaceEngine」を利用したコミュニケーションツール『おともだちレーダー PlaceEngine for Skype』の提供を本日より開始します。

『おともだちレーダー PlaceEngine for Skype』は、インターネット電話「Skype」上の友人同士と、位置情報を共有できるツールで、「Skypeエクストラ」形式のアプリケーションをダウンロードして利用します(無料)。アプリケーション上には友人一覧と現在の位置情報が表示されます。現在位置の情報は、場所ごとに公開/非公開の設定が可能で、住所情報ではなく、場所の名称を定義して表示させることも可能です。

『おともだちレーダー PlaceEngine for Skype』を利用すると、たとえば広いカンファレンス会場で、「同じカンファレンスに来てるようですね!」「よければランチでも」といった会話が可能になります。PlaceEngineは、Wi-Fi電波を利用して位置推定を行うため、地下鉄の駅構内や、高層ビルでも利用が可能です。

■『おともだちレーダー PlaceEngine for Skype』とは

クウジットが運営する、Wi-Fi電波による現在位置推定サービス「PlaceEngine」を利用したコミュニケーションツールで、自分の現在位置を発信、Skype上の友人同士で共有することで、友人との位置関係を表示、確認することができます。現在位置の情報は、場所ごとに公開/非公開を設定することや、また住所情報ではなく、場所の名称を定義して表示させることも可能です。

■『おともだちレーダー PlaceEngine for Skype』の特徴

1. 「いまどこ」「いまここ」を友達同士で発信、共有

『おともだちレーダー PlaceEngine for Skype』を起動中の友人(お互いに承認されたSkypeコンタクト)同士で、いまお互いにどの方角に、どのくらいの距離に存在するかを表示、確認することができます。距離的に近い順にリスト表示したり、レーダー風のインターフェイス上でも確認できるので、友達との位置関係を直感的に把握して日常のコミュニケーションを支援、拡張することができます。

2. 位置情報の共有レベルを設定可能

友達に発信、共有することのできる現在位置情報は、場所ごとに公開、非公開を設定可能です。また、特定の場所に、場所の名称として「場所の呼びかた」(「いつものカフェ」や「大会議室」などのようなニックネーム)を登録することができ、住所情報の代わりに発信、共有することも可能です。

3. Skype APIを利用し、Skypeエクストラ形式のアプリケーションとして配布

『おともだちレーダー PlaceEngine for Skype』は、Skype APIを用いてSkype標準のコンタクトリストを利用します。また、SkypeエクストラというSkypeのプラグインアプリケーションの形式で配布されます。Skype標準のムード欄にも住所情報または別名を自動的に表示することができるので、『おともだちレーダー PlaceEngine for Skype』を起動していないSkypeユーザーへも、自分の位置プレゼンス情報を発信、共有することができます。

■『おともだちレーダー PlaceEngine for Skype』配布形式

「Skypeエクストラ」形式(Windows XP/Vista用)として配布致します。
ダウンロードURL:リンク
動作条件等の詳細は、ダウンロードURL上のサイトをご覧下さい。

<こんな人に使って欲しい!>

『おともだちレーダー PlaceEngine for Skype』は、Skypeで日常的にコミュニケーションを図っている友達同士にとって、コミュニケーションを支援、拡張するツールです。想定される使い方はさまざまですが、たとえば、

* 友達が近くにいることを確認し、「これからランチ/飲みにいかない?」
* 普段は遠く離れている友達が、近くにいることが分かり、「近くまで来てるなら会おうよ!」
* 逆に普段は近くにいる友達が、遠方にいることが分かり、「出張中?お土産よろしく!」

など、日常生活において位置情報がコミュニケーションのトリガーとなる状況により、ユーザーそれぞれの状況やニーズに合った新しい使い方を発見することができます。

クウジット代表取締役社長の末吉隆彦は以下のように述べています。
「Skypeは、世界中無料でできる電話として欧米ではスタンダードといえる地位を築いていますが、日本でも エキサイト社と提携したことで、いっそう活発に利用されるようになっていくと考えております。クウジットは、位置情報と他の情報DBとの連携により、多様なサービスを提供して参りましたが、今回Skypeを用いた位置情報とコミュニケーションの連携により、付加価値を高めた『おともだちレーダー PlaceEngine for Skype』を開始いたします。『おともだちレーダー PlaceEngine for Skype』は、今後Skypeの認定プログラムを取得する予定です。また、今後幅広く位置情報サービス事業者、開発者の方々にも、「PlaceEngine」の可能性、応用性をあわせて体感していただきたいと思います」

クウジットは今後もWebサービスや、携帯電話向けサービスとの連携を通じ、多様なロケーションウェアを提供してゆきます。

以上

このプレスリリースの付帯情報

「おともだちレーダー PlaceEngine for Skype」

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

□参考:「PlaceEngine」について
「PlaceEngine」とは、無線LAN(Wi- Fi)の電波情報を使って手軽に現在位置を推定し取得できる技術で、屋内や地下街のようにGPSが受信できない場所における利用や施設内におけるフロア単位での位置推定が可能になります。「PlaceEngine」をご利用いただくには専用のクライアントソフトが必要です。詳細情報は、「PlaceEngine」公式サイトをご覧ください。

□参考:「おともだちレーダーPlaceEngine for Skype」の前身について
「おともだちレーダー PlaceEngine for Skype」は、東京大学大学院 情報学環 暦本純一教授の「MyRadar」コンセプトをクウジット株式会社と共同で開発したものです。
リンク

※「PlaceEngine」は、クウジット株式会社の登録商標です。
※「PlaceEngine」は、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所が開発し、クウジット株式会社がライセンスを行っている技術です。
※「Skype」はSkype Limited社またはその関連会社の登録商標または商標です。
※その他の社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事