logo

大手VAN運営会社の株式会社プラネットが各社EDIパッケージの相互接続テストを実施。「Biware EDI Assist」が流通BMSにおいて問題なく利用できることが証明されました。

大手VAN(付加価値通信網)運営会社の株式会社プラネットが主体となって、2008年4月下旬に「Biware EDI Assist」を始めとするEDIINT-AS2 (AS2手順) に対応した計10社のEDIパッケージの相互接続テストが企画/実施されました。テストの結果、「Biware EDI Assist」は問題なく接続できることが確認されましたのでお知らせいたします。


※本接続テストの詳細については、株式会社プラネット様のニュースリリースをご覧ください。リンク


流通BMS(流通ビジネスメッセージ標準)は、次世代EDI標準として流通業界を中心に今後の普及が見込まれています。流通BMSでは通信手順として、流通業界で従来まで主流となっていたJCA手順に代わり、次世代インターネットEDI規格のAS2手順などが採用されています。「Biware EDI Assist」はそのような流通BMSの普及を睨み、2007年4月より販売をスタートしたAS2手順対応のEDI統合管理パッケージです。


今回の相互接続テストの成功は、EDI導入時に欠かせない接続テスト負担を大幅に解消し、流通BMSの普及にいっそう拍車をかける成果であると言えます。弊社ではEDIパッケージベンダーの一角として、今後も流通BMSを支援するEDIツールの開発/販売を積極的に進めて参ります。


---------------------------------------------------------------------


★「Biware EDI Assist」について


本商品は、累計15万本の販売実績を誇る通信ミドルウェア「Biware」を基調に、各種運用管理機能を大幅に強化したEDI統合管理パッケージです。下記のような特長を持ち、多様なEDI ニーズに低コストでお応えできる商品となっております。


※詳細は商品情報サイトをご覧ください。リンク


■特長1
JCA手順、全銀手順といったレガシーEDIから次世代EDIのAS2手順まで、オールインワンの通信機能を実現。次世代EDIの標準規約である流通BMS対応システムとしてもご活用いただけます。


■特長2
運用スケジュールの設定や通信エラーの再送処理といった運用管理機能を搭載。EDIシステムの自動運用を実現することで企業間取引の手間やコストを削減できます。


■特長3
遠隔地からWebブラウザを利用して各種運用設定や実行/停止操作が可能。データセンターを利用した無人化運用などに有効活用いただけます。


■特長4
発着信における通信ポートの共用が可能。回線の有効利用により、回線コストの削減効果が期待できます。


※「Biware EDI Assist」に関するお問い合わせ先 :
株式会社インターコム 企業情報システム事業部  (TEL) 03-3839-6240


※本ニュースレターに関するお問い合わせ先 :
株式会社インターコム マーケティング部 広報宣伝課  (TEL) 03-3839-6775

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。