logo

normative mechanics社がすべての顧客プロジェクトでPTC(R) CoCreate(R) Modelingを標準採用

iFデザイン賞を受賞した革新的なマルチリフト装置の開発を記録的なスピードで達成

【2008年5月26日】PTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PMTC、社長兼CEO:リチャード・ハリソン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、社長:井上 公夫)は、ドイツの設計開発企業であるnormative mechanics GmbH & Co. KG社が同社のすべての設計業務にCoCreate Modelingを標準採用した、との米PTCの発表を明らかにしました。PTCのエクスプリシット3次元CADソフトウェアであるCoCreate Modelingは、normative mechanics社の設計スピードと顧客要求への対応力の大幅な向上を支援しています。

normative mechanics社では顧客からの要件を満たすために、新製品を迅速に設計すると同時に、プロジェクトのあらゆる段階で顧客のフィードバックを取り入れることが可能な3次元設計ソリューションを探し求めていました。最終的に同社は操作性に優れ、設計者がアイデアをいつでも容易にバーチャル試作に取り込むことができるCoCreate Modelingの採用を決定しました。このような設計の柔軟性は、製品の早期市場投入を加速し、プロジェクト全体を通して顧客に高いレベルの透過性を提供します。

PTCのエクスプリシット モデリングの3次元設計アプローチはnormative mechanics社のプロジェクトに大きな成功をもたらし、この手法を用いて開発した新製品は、世界的に権威ある工業デザイン賞として知られるiFデザイン賞を受賞しました。normative mechanics社に与えられた課題は、他社が提供する同クラスの製品の性能を大きく上回る、独自の軽量マルチリフト装置を設計・開発し、欧州で開催される大規模な展示会でその製品を発表することでした。設計者はCoCreate Modelingを使い、多くの新しいアイデアと情報をデジタル試作に取り入れることができました。実際、最終期限の1ケ月前に提案したリフトの駆動システムが突然却下され、リモートプラグ&プレイの技術を採用することになりましたが、製品開発のあらゆる段階で設計変更を迅速に行うことができるCoCreate Modelingのおかげで、設計者は簡略化された形状モデルをCoCreate Modelingに簡単にインポートし、リフト装置に必要な調整を即座に加えることができました。

さらにnormative mechanics社ではCoCreate製品ファミリーのモジュール製品を使用し、複雑な展開機構の操作やリフト設計の製造可能性をシミュレーションし、関節構造やアーム軸の応力などを評価しました。その結果、すべてのテストがバーチャル試作で実施され、プロジェクトは予算内に収まり、開発期間も30%から40%短縮されました。

normative mechanics社のマネージング・ディレクターであるアンドレアス・ロンカ(Andreas Roncka)氏は「PTCのCoCreate Modelingのおかげでnormative mechanicsは唯一無二の製品をお客様に提供することができました。エクスプリシット モデリングの3次元設計アプローチで、製品開発のあらゆる段階で新しいアイデアや情報をデジタル試作に取り込むことができたからです。非常に革新的なマルチリフト装置を開発することができ、同製品は『iF デザイン賞 2008』を受賞し、さらに特許も取得しました。また、CoCreate Modelingの活用により概念設計から生産までを驚くべきスピードで実行することができました。最初のアイデアから最終的な製品になるまでプロジェクトがこんなに早く進んだのは初めてです」と述べています。

PTCのCoCreate製品マーケティング統括兼開発担当副社長であるウーリッヒ・マーレ(Ulrich Mahle)は「アグレッシブで革新的な設計を掲げる設計会社は多数あります。限られた予算と独自の得意分野を確立するという課題の中で、この分野で生き残るだけでなく今後成長していくためには、スピードとイノベーションが重要です。normative mechanics社のリフト装置の開発は、PTCのエクスプリシット モデリングソフトウェアであるCoCreateが、ユニークな製品を記録的なスピードで開発し、競合優位性を高めるためのツールとして適切な製品であることを明白に示しています」と述べています。



normative mechanics(R)社について
製品上のあらゆる問題を潜在的なイノベーションとして捉えるnormative mechanics(R)は、設計や機能検討からプラニング、開発設計、ドキュメンテーション、イラスト作成、3Dアニメーション作成、技術機器や装置の導入および展開に至るまでの完全なプロジェクトをお客様に提供します。normative mechanics社はプロジェクトのあらゆるフェーズにおいて極めて高度な技術品質を提示します。


PTCについて
米国マサチューセッツ州に本社を置くPTC(Nasdaq: PMTC)は、製品ライフサイクル管理(PLM)、コンテンツ管理、エンタープライズ・パブリッシングの各ソフトウェア・ソリューションを世界50,000社以上の企業に提供しており、その中には製造、出版、サービス、官公庁そしてライフサイエンスなどの産業分野における革新的な企業が含まれます。PTCの株式はNASDAQ市場に公開されており、S&P Midcap 400とRussell 2000の両指標に含まれています。

PTCジャパンについて
米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区、社長:井上公夫)。コラボレーション環境に対応した機械系高機能3次元CAD/CAM/CAE「Pro/ENGINEER」、PLMソリューション製品群「Windchill」、エンタープライズ・パブリッシング・ソリューション「Arbortext」を販売、併せて製品開発業務プロセス改革コンサルティング・製品教育サービスを提供。1992年3月設立。国内4事業拠点。Webサイト:リンク


*PTCの社名、ロゴマークおよびPro/ENGINEER、Windchill、Arbortext、CoCreate、CoCreate Modeling、CoCreate Drafting、CoCreate Model ManagerおよびCoCreate Drawing ManagerなどすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

以上

関連情報
http://www.ptc.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。