logo

プリマ・ソリューションズ、ACORDに保険業務情報モデルを提供 ACORDの標準規格の開発と拡張を支援し、業界全体の成長に貢献

ビジネス・ルール管理、最適化、可視化技術、サプライチェーン・アプリ
ケーションで企業の迅速な意思決定を支援するアイログ株式会社は本日、
アイログが日本市場において製品のマスターディストリビュータとなっている
プリマ・ソリューションズが、非営利の保険業界標準の策定団体である
ACORDに対し、保険情報モデルを提供することを発表しました。プリマ・
ソリューションズは、フランスに本拠地がある保険業界向けソフトウェア
開発企業で、アイログ本社が出資しています。日本では同社のInsurance
Business Component Suite(Prima IBCS*)が日本語対応済みで、
アイログを通じて、利用しやすいサブスクリプション形式で市場に提供
されています。
*Prima IBCS:保険業界向けオブジェクト・モデル。保険業界ならびに
オブジェクト指向の専門家の研究により、団体および個人向け生命保険、
損害保険(自動車、火災)、 再保険のほか、新規ビジネス、保険契約、
契約のライフサイクルの管理および支払請求の処理に対応する 100
以上のコアプロセスと 1,000 以上のデータならびにサービスが UML
形式で集約。

ACORDは業界を代表して標準規格の拡張と発展を行うことを目的に、
会員企業から知的財産の提供を受けており、提供された技術は標準規格
の開発作業により統合されています。今回のプリマ・ソリューションズが
提供する情報モデルは、スタートアップ時間を飛躍的に短くすることで、
ACORDの開発を強力に支援するものです。

プリマ・ソリューションズの情報モデルは、保険業務スペシャリストとオブ
ジェクト・テクノロジ・スペシャリストの手により長年にわたって研究開発
されてきた成果で、同社のInsurance Business Component Suite(Prima
IBCS)の1要素として開発されたものです。保険業務情報のデータ記述
モデルとしての役割を担い、保険会社の全部門が行うあらゆる保険業務
をカバーしています。

保険業界は現在、業務連携とプロセス統合の課題を解決し、事業戦略の
推進を加速していくことを目指しています。そのための欠かすことのできない
要素として、業界特有の標準規格と技術があります。特に技術面において
は、あらゆる保険事業、国、地域をカバーしつつ一貫性を備える形で、業界
全体がIT環境を再設計し現代化する必要に迫られています。これを目標に
プロセス、コンポーネント、フォーム、データの全てを標準規格の情報モデル
にリンクさせることは、保険業界にとってたいへん難しい挑戦です。この課題
に対し、プリマ・ソリューションズは、同社の情報モデルが、業界の成長と
生き残りを支える革新的なビジネス・ソリューションを生み出す鍵となること
を目指しています。

今回のプリマ・ソリューションズによる保険情報モデルの提供によって、
ACORDは、フレームワーク開発や拡張の迅速化だけでなく、すべての事業
分野やあらゆる国々と地域において開発の全工程に高い一貫性と透明性を
持つことが可能になりました。これによって、業界に新たなビジネス・チャンス
をもたらすことが期待されています。

ACORDの理事長兼CEO、グレゴリー A マシアグ氏(Gregory A. Maciag)は、
「今回の提供はACORD標準規格のフレームワークを支える主要な柱である
情報モデル(ACORD Information Model)の開発を飛躍的に促進します。
ACORDの情報モデルは、保険産業が必要とするあらゆる標準規格をデータ
として含んでおり、その対象は損害、傷害、保証、生命、年金、医療の各保険
のほか、再保険、大企業向け企業保険など広範囲にわたります。プリマ・
ソリューションズが寄贈してくれた知的財産は、この開発にとって計り知れ
ない価値を持っています」と述べています。

今後、プリマ・ソリューションズはACORDとその様々な委員会と緊密に連携し、
同社の参照モデルの内容を現在のACORD標準規格に統合していく予定です。
ACORDは実装ガイドラインとともにツール類を公開して、保険業界による
情報モデルの導入、拡張、カスタマイズを支援する予定です。

ACORDについて
ニューヨークを拠点とするACORD(Association for Cooperative Operations
Research and Development: 業務連携研究開発協会)は、グローバルな
非営利の保険業界団体であり、保険、再保険、およびそれに付随する金融
サービス業界の標準規格の開発と使用を促進することを使命としています。
ロンドンにもオフィスを持つACORDは、多様なプラットフォーム間での情報
共有を、客観的に、かつ独立組織として促進することによって、その使命を
果たしています。ACORDの標準規格およびサービスは、効率性を高め、市場
拡大に貢献します。何百にも及ぶ保険および再保険会社、何千もの代理店
およびブローカー、関連する金融サービス企業、ソフトウェア・プロバイダ、
および業界組織が、世界的規模でACORDに参加しています。

プリマ・ソリューションズ社について
プリマ・ソリューションズは業界標準をベースとしたソフトウェア基盤を提供
しており、既存の保険ITシステムをサービス指向アプリケーション(SOA)へと
段階的に移行するアプローチを支援しています。非常に幅広い保険業務
リファレンス・モデル、またテンプレート方式のコード自動生成(Prima IBCS(TM))
と組み合わされることで、革新的な業務サービス・リポジトリであるPrima
Repository(TM)は、既存のインフラを補完して実際的な手法によるSOA移行
を可能にします。保険業界を専門とするプリマ・ソリューションズは、再利用性
と業務と技術の敏捷性を推進するために、最新テクノロジを提供しています。

プリマ・ソリューションズは2000年の創業以来、パリとシカゴを拠点として
グローバルに活動している企業です。顧客にはSafeco、Burns & Wilcox、
Kiln、Generali、Farm Bureau、RLI Corp.、CNP Assurances、Swiss Life、
La Reunion Aerienne、Groupamaなどが名を連ねています。これらの顧客
と損害、医療、生命、年金の各保険商品を扱うプロジェクトにおいて、
契約引受、契約管理、保険金請求処理などの中核業務を行っています。
プリマ・ソリューションズは、アイログとサン・マイクロシステムズといった
大手のテクノロジ・パートナーのほか、戦略的な運営を行う市場において
厳選した代理店パートナーとのグローバルな提携に支えられています。
アイログはプリマ・ソリューションズの株式の33パーセントを所有している
とともに、日本市場においてはマスターディストリビュータとなり、日本語
対応したPrima IBCSを提供しています。 プリマ・ソリューションズはOMG
およびACORDの企業会員です。


アイログ社(ILOG(R))について
アイログ社は、お客様がより迅速な意思決定を行い、変更および複雑度
を管理するためのソフトウェアおよびサービスを提供しています。全世界
で3,000社を超える企業や465社を超えるソフトウェア・ベンダが、市場を
リードするアイログのBRMS(ビジネス・ルール管理システム)、サプライ
チェーン向けプランニングならびにスケジューリング・アプリケーション、
最適化ならびに可視化のソフトウェア・コンポーネントの活用により飛躍的
な投資効率を達成し、市場を席巻する製品やサービスを立ち上げ、また、
その競争力を強めています。アイログ社は1987年に設立され、全世界に
850名以上の社員を有しています。アイログ株式会社はアイログ社の
日本法人です。詳細についてはwww.ilog.co.jpをご覧ください。

*ILOGは ILOGの登録商標です。ICBSはPrima Solutionsの商標です。
他の全ての社名および商品名はそれぞれを所有する各社の商標または
登録商標です。

以上

関連情報
http://www.ilog.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事