logo

エクスポート・ジャパン、世界最大のアカマイ社と提携しWEBコンテンツの国際的な高速配信実現を支援

世界最大のオンラインコンテンツ/ビジネスプロセス高速配信業者、アカマイ社と提携。

海外向けWebマーケティング専門のエクスポート・ジャパンは、本日、世界最大のオンラインコンテンツの高速配信事業者、アカマイ社と提携し、2社は「国際的なビジネスに通用するWebサイト環境の構築」を支援していきます。さらに「Webサイトのグローバルプレゼンス診断」を、期間限定( ~08年6月30日)で、無償提供します。

「エクスポート・ジャパン、世界最大のオンラインコンテンツ/ビジネスプロセス高速配信業者、アカマイ社と提携。」

日本企業の海外市場向けWebマーケティングを支援するエクスポート・ジャパン(本社:大阪府大阪市中央区、代表取締役 兼 CEO:高岡謙二、以下、EXJ)は、本日、世界最大のクラウドコンピューテイング技術によるオンラインコンテンツ/ビジネスプロセスの高速配信事業者、アカマイ・テクノロジーズ・インク(米国ケンブリッジ。日本法人:アカマイ株式会社、東京都港区、代表取締役社長:小俣修一。以下、「アカマイ社」)との提携を発表します。

アカマイ社は、グローバルな高速Web配信技術を、EXJは、多言語コンテンツ作成、グローバルSEO対策を提供することで、2社で「国際的なビジネスに通用するWebサイト環境の構築」を支援していきます。

さらに、両社は、共同パッケージとして、「Webサイトのグローバルプレゼンス診断」を、期間限定( 本日より08年6月30日まで)で、無償提供します。
 
両社の役割は、以下となります。
■アカマイ社:グローバル配信サービスの提供
(Webのグローバル高速化、コンテンツ地域制御、ポータル機能)
■EXJ:国際ウェブマーケティングサービスの提供。
(多言語ウェブサイト制作・コンサルティング、グローバルSEO)
■両社:Webサイトのグローバルプレゼンス診断


昨今、日本市場の縮小傾向と共に、「市場」としての海外の重要性が、益々、大きくなってきています。

一方で、日本企業の海外向けWebサイトは、多言語コンテンツ、グローバルSEO、ブランデイングなどにおけるWebガバナンス、海外との通信時における応答速度、コンテンツの地域制御などの点で、海外競合企業に比して、多くの課題を抱えています。

海外向けWebサイトにおいては、魅力あるコンテンツ、国によって異なる検索エンジンへの対応などローカルマーケットの特性に応じたWebサイトの最適化、海外ユーザーへの速い応答速度の両方を実現する必要があります。


<参考:日本にオリジンサーバーがある場合の外国都市からの表示速度の比較(大手旅行代理店の場合)>

場所 - 表示速度(アカマイ使用時)- 表示速度(通常)
アムステルダム - 2.07秒 - 7.29秒
ロンドン - 2.21秒 - 7.20秒
ボストン - 2.40秒 - 5.55秒
マドリッド - 3.24秒 - 14.47秒
香港 - 1.25秒 - 5.00秒
メルボルン - 2.23秒 - 9.17秒
天津 - 7.89秒 - 17.68秒
ニューデリー - 2.65秒 - 7.74秒


<参考:各国の検索エンジンのシェア>
[アメリカ ]
1位Google.com、2位Yahoo!、3位MSN、4位AOL、5位Ask
[ヨーロッパ]
1位Google sites、2位eBay、3位Yandex、4位Yahoo! sites、5位MS sites
[ロシア]
1位Yandex、2位Goolge、3位Rambler、4位Mail.ru、5位その他
[インド]
1位Google、2位Yahoo!、3位MSN、4位Altavista.com、5位その他
[中国]
1位百度Baidu.com、2位Google.cn、3位Yahoo!cn、4位その他
[韓国]
1位NAVER、2位DAUM、3位Yahoo!、4位その他


このような背景から、EXJはアカマイ社と提携し、日本企業のWeb戦略における海外市場向けのコンテンツと速い応答速度を実現した「国際的なビジネスに通用するWebサイト」の構築戦略を支援していきます。


アカマイ社は、世界最大のクラウドコンピューテイング技術により、名だたるグローバル企業のWebサイト、Eコマース、SaaSなどの配信を手がけております。
アカマイの配信技術を使うことで、日本本社から、Webガバナンスを利かせながら、海外への高速Web配信、国別コンテンツ制御、ポータル機能によるグローバルアクセス可視化が可能となります。

EXJは、多言語ウェブ制作やグローバルSEOなど、日本国内では最も早くからインターネットを使った海外向けプロモーションやコンサルテイングに専門的に取組んでいます。
幅広い企業に対する多くの実績を基に、「海外から見てもらえるウェブサイト」、「国際的なビジネスに通用するウェブサイト」 を制作・運営するための多様で総合的なソリューションを提供しております。



<本件に関するお問合せ先>
エクスポート・ジャパン株式会社 広報部 竹内 亮
電話: 06-6208-0161 / e-mail: pr@export-japan.com

アカマイ株式会社 マーケティング 幸崎 聡子
電話: 03-6702-0100 / e-mail: marketing-jp@akamai.com

用語解説

■エクスポート・ジャパン株式会社について(www.export-japan.co.jp):
エクスポート・ジャパン株式会社(2000年4月20日設立)は、日本の製品や観光・文化情報の海外向け発信を、ウェブを通じて支援することを目的として誕生しました。
現在は東京・大阪・中国の拠点に多国籍の技術者を揃えて、大手メーカーをはじめ、観光関係企業や公的機関など多様なクライアントを抱えております。
個別のニーズに合わせ、グローバルウェブ戦略のコンサルティングから、システムを絡めたサイト構築、検索エンジンを利用したマーケティング等、きめ細やかなサービスを総合的に提供できるのがエクスポート・ジャパンの強みです。


■アカマイ株式会社について(www.akamai.co.jp):
アカマイ株式会社(2003年1月28日設立)は、1998年に設立された、アカマイ・テクノロジーズ、インク(本社:米国ケンブリッジ、社長兼最高経営責任者(CEO):Paul Sagan【ポール・セーガン】www.akamai.com)が100%出資する日本法人です。
アカマイは、世界70カ国に展開する約3万台超のサーバ「Edge Platform」を有し、オンライン上のコンテンツやビジネスプロセスの配信を加速するサービスを提供する世界最大の業者です。
アカマイは、静的なコンテンツ配信だけでなく各種コンサート・スポーツ試合等の国内限定ストリーミング配信やWebアプリケーションなどの動的配信を多数実現し、世界中で2,600社以上が当社サービス利用しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。