お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

世界のIPTVセットトップボックス市場:2012年の市場規模は30億ドルに

株式会社グローバル インフォメーション
2008/05/20 10:00

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、英国調査会社IMS Researchの発行する最新の英文調査報告書「IPTV: A Global Market Analysis - 2008 Edition」の販売を開始いたしました。

英国の調査会社IMS Researchがこのほど発行した調査報告書「IPTV: A Global Market Analysis - 2008 Edition」によりますと、2012年末までの世界市場におけるIPセットトップボックス(STB)出荷台数の複合年間成長率(CAGR)は37.1%となる見通しで、2012年の売上高は、30億ドルに達すると予想されます。2012年に出荷される製品の30%はIPと地上デジタル放送の両方に対応するハイブリッドタイプのSTBであり、35%近くがHD DVRタイプになると思われます。


同報告書の執筆者で、アナリストのShane Walker氏は、「短期的および中期的に見て、米国、韓国、日本、西欧では、HD IPTVサービスの認知度が急速に高まっていくため、HD IPセットトップボックスの出荷台数も着実に伸びていくと思われます。すでにDVR機能の普及が拡大しつつあり、とりわけ上述の地域で大きく伸びているため、DVR対応STBの出荷台数は、2012年末時点で1,000万台近くに達する見通しです。また、IPネットワーク経由でTVサービスを利用している世帯の大半は、HD機能やDVR機能に加え、ハイブリッド(衛星+IPおよびケーブル+IP)機能を備えたSTBを導入すると思われます」と語っています。

【 英文市場調査報告書 】

IPTV: A Global Market Analysis - 2008 Edition

IPTVの世界市場分析:2008年版

リンク


出版社IMS Research

出版日2008/01


【 本件に関するお問合せ先 】


株式会社グローバル インフォメーション

〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3

アーシスビル 7階

担当: 営業1課

E-mail:sl1@gii.co.jp

電話: 044-952-0102

FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。