logo

携帯電話フィルタリング規制 対策セミナーのご案内

~第三者機関による認証基準および企業の取るべきアクションとは?~

株式会社ガイアックスは、5月15日に「携帯電話フィルタリング規制 対策セミナー ~第三者機関による認証基準および企業の取るべきアクションとは?~ 」を開催いたします。


昨年2007年12月10日、総務省より携帯キャリア各社に対して、未成年の携帯電話に原則フィルタリングソフトの導入を義務づける要請がなされました。
これに対応すべく、フィルタリングされるべきサイトなのか否かを審査・判定する第三者機関も設立され、モバイル業界を取り巻く現状は、加速度的に変化をし続けています。


本セミナーでは、フィルタリング規制並びに第三者機関が作成している認証基準の内容把握と、その具体的な対策についてお話させていただきます。

● 総務省がフィルタリング規制を制定
近年、青少年がモバイルサイトを通じて犯罪に巻き込まれる事件が相次ぐ中、総務省はこれを防ぐため、携帯キャリア各社に青少年のモバイル使用に対してフィルタリングによる規制をかけるよう求めました。
これにより、「学校裏サイト」と呼ばれるような掲示板で、他人を誹謗中傷する行為である、いわゆるネットいじめを未然に防ぐ取り組みが始まりました。


● 第三者機関を設立し、運用基準の策定を準備
フィルタリング規制の要請によって問題視されているのが、自主的に投稿監視や入力規制などの運用体制を敷いている問題のないサイトまで、一律に閲覧制限の対象になる可能性が高い点です。
そのため、携帯電話向けコンテンツの業界団体では、運用体制の整っているサイトが規制対象とならないよう、モバイルサイト共通の運用基準の策定準備を進めています。


● 運用体制の充実度合いが、規制対象の分かれ目
現在、第三者機関において、どのような運用体制を敷いていれば健全なサイトとして認定できるのか、という基準の策定が進められています。
中には、24時間365日監視体制を構築する、などの詳細な項目が検討されており、今後はこの認証基準をクリアし運用体制の充実度合いを示せるかが、フィルタリングの規制対象となるかどうかを分けるひとつの指標となっています。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

携帯電話フィルタリング規制 対策セミナー
~第三者機関による認証基準および企業の取るべきアクションとは?~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


日時: 2008年5月15日(木) 17:30開場  18:00開始
定員: 20名(満員になり次第受付終了)
費用: 無料
場所: 渋谷東急イン 4F
    ( 東京都渋谷区渋谷1-24-10 TEL:03-3498-0109 )
交通: JR渋谷駅ハチ公改札口より徒歩1分
地図:  リンク



■ お申し込み方法
下記の応募フォームからお申し込みください。
リンク


■ プログラム
フィルタリング規制について
健全コミュニティ認証基準について
認証基準の対応内容
まとめ
質疑応答 (19:30 終了予定)


■ 講師紹介
江戸 浩樹
株式会社ガイアックス ソリューション事業本部
オンラインマーケティング部 マネージャー


‐講師略歴‐
入社以来一貫してコミュニティサイトの構築・運営に携わり、大規模コミュニティサイトのプロジェクトマネージャー、アバターサイト構築、コミュニティ活性化のコンサルティングなどを担当。
現在は、投稿監視を中心にコミュニティ運営の提案・コンサルティングを行う。
主なクライアントには携帯キャリア、大手消費財メーカー、大手ケーブルテレビ会社など。


■ 関連URL
リンク


■ お問い合わせ先
株式会社ガイアックス
ソリューション事業本部 オンラインマーケティング部
担当者: 城山
TEL:03-5464-0353

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。