logo

日本インターネットポイント協議会(JIPC)が市場規模を発表 ~主要17社のポイント発行金額は年間80億円~

JIPCプレスリリース
報道関係者各位
2008年4月21日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   日本インターネットポイント協議会(JIPC)が市場規模を発表
       ~主要17社のポイント発行金額は年間80億円~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

インターネット上でポイントを使ったマーケティングを行う主要24社で構成す
る、「日本インターネットポイント協議会」(英名:Japan Internet Point
Conference、会長:株式会社ネットマイル 代表取締役社長 山本 雅)は、独
自で日本インターネットポイント協議会会員に対して調査を実施し、インター
ネット上のポイントの市場規模を集計し、2008年4月21日、発表致しました。


【調査内容の骨子】
■「日本インターネットポイント協議会・市場実態調査結果」

1.ポイント発行金額(年間 / 有効回答数17社の合計)
 約80億円(詳細8,034,072,854円)
2.ポイント残高(2007年12月末時点 / 有効回答数15社の合計)
 約68億円(詳細6,772,491,044円)
3.累計会員数(2008年2月末時点 / 有効回答数18社の合計)
 約4,200万人(詳細42,660,748人)

※このインターネット上の市場規模調査は毎年実施し発表していく予定です)


1)年間ポイント発行金額
ポイント発行金額とはポイント数ではなく、ポイントの価値を換算した金額
 です。 ポイント発行金額はクライアントに販売したポイントのみならず、
 自社のマーケティングで用いたポイントもその対象になり、発行した全ての
 ポイントの金額です。
2)年間ポイント残高
 ポイント残高とはポイント数ではなく、ポイントの価値を換算した金額です。
 ポイント残高は2007年12月末でユーザ(会員)が保有しているポイント数の合
 計を金額に換算したものです。
3)累計会員数
 PCサービス、Mobileサービスでのユーザ(会員)の延べ人数です。登録会員数
 の合計であり、脱会した会員数を考慮しない会員数です。


日本インターネットポイント協議会では、今後もポイントに係る様々な企業に
ついて参加を募っていきます。特にインターネット上でコマースサービスを運
営し、ポイントを発行している企業との情報交換を行っていきたいと考えてお
ります。また、関連する行政機関の活動などにも幅広く協力し、健全なインタ
ーネットポイント・マーケティング業界の発展、成長を目指してまいります。


【参考資料】
日本インターネットポイント協議会は、インターネットポイント・マーケティ
ング業界の啓発活動と健全なる発展を促進するために、ポイント発行およびポ
イント流通に係るインターネットポイント・サービス提供者が主体となり、オ
ープン且つフェアな情報交換と情報発信を行ってまいります。それにより消費
者、サービス参加企業、広告主の満足度向上に寄与することを目的としています。


■インターネット協議会役員■
【会 長】 山本 雅  (株式会社ネットマイル)
【副会長】 宇佐美 進典(株式会社ECナビ)
【理 事】 宮田 徹  (株式会社エルゴ・ブレインズ)
      落合 雅也 (株式会社サイバーエージェント)
      森 輝幸  (GMOメディア株式会社)
      足立 好久 (ジー・プラン株式会社)
      谷内 進  (株式会社ツタヤオンライン)
      熊谷 宜和 (株式会社ディーツーコミュニケーションズ)
      錦織 康之 (ポイントオン株式会社)
      久保田 哲 (マイポイント・ドット・コム株式会社)
      小野寺 正宏(株式会社リアラス)
      石川 敬三 (株式会社PeX)
【監査役】 佐藤 温  (株式会社ポイ探)

■参加企業一覧■
株式会社ECナビ / イーバンク銀行株式会社 / NTTナビスペース株式会社
株式会社エルゴ・ブレインズ / 株式会社オープンキューブ
株式会社オープンスマイル / グリーンスタンプ株式会社
株式会社サイバーエージェント / GMOメディア株式会社
ジー・プラン株式会社 / 株式会社ジャパンネット銀行
株式会社チャンスイット / 株式会社ちょびリッチ
株式会社ツタヤオンライン / 株式会社ディーツーコミュニケーションズ
株式会社ネットマイル / 株式会社ネーブル
ブルーチップ株式会社 / 株式会社PeX / 株式会社ポイ探
ポイントオン株式会社 / マイポイント・ドット・コム株式会社
株式会社三井住友銀行 / 株式会社リアラス
(2008/03/20 現在 参加企業24社)


■参加企業によるワーキンググループの開催と目的■

参加企業は、「個人情報の保護」「ポイント交換」「ポイントの信用維持」
「不正問題」に関するガイドラインの作成とインターネットポイント・サービ
スの理解、普及、啓発を目的とした活動を行うためのワーキンググループを定
期に開催しています。

・個人情報保護に関するワーキンググループ
 ⇒個人情報保護に関するガイドラインの作成
・会員の不正問題に関するワーキンググループ
 ⇒会員の不正問題に関するガイドラインの作成
・会計処理基準に関するワークグループ
 ⇒会計処理基準に関するガイドラインの作成
・ポイント交換基準に関するワーキンググループ
 ⇒ポイント交換基準に関するガイドラインの作成
・企業の役割(ポジショニング)ワーキンググループ
 ⇒ポイント・サービス提供企業の役割についての報告
・インターネットポイント市場規模ワーキンググループ
 ⇒インターネットポイント市場規模についての報告


■入会するには■
3ヶ月に1回開催する理事会参加者全員の承認が必要です。
以下、日本インターネットポイント協議会のウェブサイトから
お問い合わせください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<プレスリリースに関するお問合せ>
株式会社ECナビ 経営本部 広報担当: 江頭(エトウ)
TEL:03-5459-3934 FAX:03-5459-4223 E-mail:pr-info@ecnavi.co.jp

<協議会へのお問い合わせ>
日本インターネットポイント協議会
E-mail : info@jipc.jp
Web site: リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事