logo

NGNの拡大を妨げるキャリアの成功

米国の調査会社インスタット社は出版レポート「世界市場におけるNGNの成長要因と阻害要因 - NGN Drivers and Inhibitors in the Global Market」のプレスリリースにおいて、2012年までには、世界のCAPEXは僅かながら1820億USドルまで伸びるとの予測結果を発表した。

無線の次世代ネットワーク(NGN)の状況は、キャリアの成功と密接にかかわっていると米国調査会社インスタット社は報告する。現状に満足しているこれらのキャリアは、あえてNGNへの投資しようとはしていない。迅速なNGN移行を公約したほとんどのオペレータは、市場環境の悪さのためにそうせざるを得なかったのである。

「2007年に発表されたIMS設備の納入契約はわずかだった。大部分は初めての導入、またはVoIPやIPセントレックスをサポートするポイントソリューションだった」とインスタット社のアナリストKeith Nissen氏は語る。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ 3G収入が比較的力強く成長し、2007年は世界のほとんどのサービスプロバイダはとって非常に良い年だった
■ 2007年の世界の無線のCAPEXは1730億USドルで横ばいだった
■ 2012年までには、世界のCAPEXは1820億USドルまでわずかに伸びるだろう

インスタット社の調査レポート「世界市場におけるNGNの成長要因と阻害要因 - NGN Drivers and Inhibitors in the Global Market」は、無線次世代ネットワーク(NGN)の世界市場を調査した。NGNの導入状況と、オペレータがリスクのない投資を行っている理由を探ろうとしている。NGNを構築するオペレータのその理由と、ネットワークアーキテクチャや構成に対する姿勢の変化、キャリア市場の現状が世界の機器サプライヤに与える影響、サービスプロバイダ市場に多大な影響力を持つ要因と阻害する要因を記載している。2008-2012年の世界のCAPEXを製品カテゴリ、ネットワークレイヤ、地理的な区分に分けて記載している。

[調査レポート]
世界市場におけるNGNの成長要因と阻害要因
NGN Drivers and Inhibitors in the Global Market
リンク

インスタット (In-Stat)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事