logo

ホームネットワーキングは2030年に世界のブロードバンド世帯の80%に普及し、10億に達する

米国調査会社The Diffusion Groupは世界のホームネットワーキングのトレンド、地域毎の普及の特性、デバイスについての調査レポートを出版した。

米国の調査会社The Diffusion Groupは出版レポート「世界のホームネットワーク市場調査:技術動向、エコシステム、長期市場予測―The Future of Home Networks - A Global Perspective」のプレスリリースにおいて、世界のホームネットワークの普及世帯数は、2010年に1億4900万から2030年には7倍増加して、10億以上まで成長するという予測結果を発表した。

この調査レポートは、次世代家電の普及に関して調査しており、ホームネットワークシステムは緩やかにではあるが、技術愛好家や趣味人の多かった初期市場を脱して、必ずやユーザーの利用経験が先行するより成熟した市場の段階へと移行していくだろう。The Diffusion Group は、ホームネットワークやブロードバンド接続などの住宅向けデジタル情報システムは、2030年までには、今日の電気や電話のように一般的なものになると予測している。ブロードバンドは12億世帯に達し、その内の10億がホームネットワークを所有するようになるだろう。

「少なくとも2015年までは、米国、日本、韓国、いくつかの西欧諸国などの先進市場が、ホームネットワーク普及の主要地域だろう。しかし2015年以降は、市場の注目は急速に経済が発展し、都市化が進んでいる途上国に移り、特に中国やインドなどのアジア太平洋地域の国々では、数百万世帯が貧困層を脱し、そのためホームネットワーク市場は大きく成長するだろう」と、調査レポートの著者でThe Diffusion GroupのシニアアナリストであるDr. Predrag Filipovic氏は指摘する。

The Diffusion Groupのアナリストは、世界の貧困ライン以上の世帯数は2030年に20億を上回り、電気や電話や住宅向けデータサービスなどの重要な市場になるだろう。また、ホームネットワークの普及世帯数は、2010年に1億4900万から2030年には7倍増加して、10億以上まで成長すると予測している。

The Diffusion Groupの調査レポート「世界のホームネットワーク市場調査:技術動向、エコシステム、長期市場予測―The Future of Home Networks - A Global Perspective」は、2030年までの住宅向けブロードバンド接続とホームネットワークの、世界と地域毎の予測を行っている。この調査レポートは、ユニークなreverse-time分析法によって、世界と地域毎のメタトレンドを予測し、さらにさかのぼって家電製品の普及を考察している。通常のホームネットワークの分析に比べて非常に長期にわたる予測を行っている。調査レポートの著者のDr. Predrag Filipovic氏は、住宅向けIPネットワークの世界の第一人者として広く知られており、The Diffusion Groupのシニアアナリストとして4年間の経験がある。


[調査レポート]
世界のホームネットワーク市場調査:技術動向、エコシステム、長期市場予測
The Future of Home Networks - A Global Perspective
リンク

The Diffusion Groupについて
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

世界のホームネットワーク普及率予測 2005-2030年 

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事