logo

アクテル、低消費電力の新FPGA 、 IGLOO「AGL015」とProASIC3 「A3P015」を99セントで発売

~低消費電力と低コスト向けアプリケーションに最適な  15,000ゲートの新デバイス~

アクテル(米国カリフォルニア州マウンテンビュー、日本法人:
アクテルジャパン株式会社、東京都渋谷区)は本日、同社の
IGLOOおよびProASIC3フィールド・プログラマブル・ゲート・アレイ
(FPGA)の新製品をわずか99セントからの価格で発表しました。

この製品は、消費電力とコストを抑えた設計要求を満たす
プログラマブル・ソリューションで、15,000ゲートのデバイスは、
128マクロセルのコンプレックス・プログラマブル・ロジック・
デバイス(CPLD)と同等の集積度を持ちながら、最小5マイクロワット
(5μW)の消費電力で、高価なCPLDに比べ、スタティック電力消費が
10分の1になっています。今回発表されたIGLOO AGL015 および
ProASIC3 A3P015は、他の低集積度のFPGAやCPLDに代えて、
携帯メディア・プレイヤー、スマートフォン、メモリーカード・
インターフェイス、システム・コントローラ、携帯医療デバイス、
ワイヤレス・センサーなどの消費財・医療・通信・産業用
アプリケーションに使用できる安価で低消費電力のFPGAです。


●アクテルの上級副社長、Fares Mubarakのコメント
「コントロール機能とブリッジ機能を果たす低集積度で低消費電力
の携帯機器用プログラマブル・ソリューションへの高い需要が
続いています。今回発表した新製品ほど安価で、これほどの
低消費電力を実現する低集積度FPGAやCPLDは、当社のIGLOO
およびProASIC3の他にはありません。これらの低集積度の
新ソリューションは、消費電力と価格を抑えたい
アプリケーションに最適です」

●機能豊富な携帯機器向け低消費電力、低コストのFPGA
アクテルのIGLOO FPGAは、スタティック電力が5μWと携帯機器に
最適で、競合するFPGAと比べスタティック電力消費が200分の1ですみ、
携帯機器に使用されている現在の代表的なPLDと比べ電池寿命を
10倍以上に延長します。IGLOO AGL015デバイスは、スタティック
電力消費が5μWで、ダイナミック電力消費は、アクテルの3万ゲート
のAGL030デバイスと比べて50%低減し、1.2ボルト、1.5ボルトの
両電圧で動作します。最高250 MHzのシステム・パフォーマンス、
有効I/O数49個、1キロビット(Kb)の不揮発性フラッシュROMを
備えます。1.5ボルトのProASIC3 A3P015デバイスは、最高350 MHzの
システム・パフォーマンス、有効I/O数49個、1キロビット(Kb)の
不揮発性フラッシュROMを備えます。

IGLOOとProASIC3の新製品は、2つの電圧レベル間のブリッジ機能と
1Kbのオンチップ・メモリを備え、個別素子が不要なため、
システム・コスト、電力、スペースを更に削減できます。ProASIC3 と
IGLOOのアーキテクチャに採用されている独自のVersatile<TM>コアセル
は、アクテルのLibero統合設計環境(IDE)によって自動的に
組込みロジックもしくは、シーケンシャル・ロジックとして使用され、
固定アーキテクチャのCPLDと比べて、より効率的な配置、柔軟性の
増大によりデバイスを有効活用できます。

●価格と出荷時期
IGLOO AGL015、ProASIC3 A3P015共に3月からサンプルを出荷します。
量産品は2008年第2四半期に出荷開始です。いずれも8x8ミリで1列の
QFNパッケージに収納して出荷され、PCBコストを最小にします。
両デバイスとも、アクテルのLibero IDE v8.2 SP1がサポートします。
いずれも価格は大量注文で0.99ドルからとなります。詳細については
アクテルの正規代理店にお問い合わせ下さい。

●アクテルについて
アクテルの革新的なFPGAおよびプログラマブル・システム・チップ
(PSC)の両ソリューションは、チップ・レベルでもシステム・レベル
でも電力消費を削減し、電力効率に優れる設計を実現します。アクテル
(ACTL)はNasdaq National Marketに上場しています。詳しい情報は
ウェブサイトリンクをご覧下さい。

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

※ Actelの名称とロゴはActel Corporationの登録商標です。その他の
  全ての商標とサービスマークは、それぞれの企業・団体に所有権が
 帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。